• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

Bleeding Heart Bakery

Category : World shops
3270264132_3b905ce963.jpg

http://www.thebleedingheartbakery.com



滅多に見ない『世界まる見え』の予告編が面白そうだったから、Queer Eyeみたいな英国のオネェのダサ女改造番組が見たいがために珍しくTVのチャンネルを回して見ていたんだけど(いつも家族の他がつけてる番組を見てるだけで、ディナー以前は自室でごちゃごちゃやってるからTV見ないんだけど。)
そのオネエ番組の部分を見て、さぁ、自室に戻ろうかなと思っていたらアメリカの甘すぎるスイーツっていうの紹介が始まり、最初のダイジェストでイタリアンスイーツのトローネとかまた美味しそうな物紹介してたんだけど、シュガークラフトケーキが出て来て大興奮!!してそのまま見ることに。
シュガークラフトケーキの店を紹介するんだと思っていて、それは間違いなかったんだけど、なんと、そのベーカリーが予想外のドストライクに趣味なベーカリーでビックリ。

なんと、
パンカーのやってるパンクなベーカリーなのよ。
まさか、日本のTVでそんな店が出て来るなんて思わないじゃない。アメリカ探せば沢山のそういうケーキショップあるわけだから。
ゾンビケーキっていう、緑なゾンビミスコンクイーンなケーキをやってて(まるでMurderdollsの歌詞そのまま)ハート鷲掴みどころかこの店の店名同様Bleedingなくらいツボだった。
店内もスタッフもロカビリーテイストパンカーで、かわいいったらない。
ピンクな電動ミキサーだったり、スタッフのTシャツが『Shut up and Bake(黙って焼け。)』とか、かわいすぎる。

そのコーナー見終わったとたんに自室に走って店検索したのは言うまでもなく、ついでにTwitterまでフォローしたわ。

ケーキしか出て来なかったけど、他のベーカリーもかわいいのなんの。
こんなベーカリー近所にあったらどんだけいいか!!
カフェまでやってるってんだから、通うどころの話じゃないわ。入り浸りだわ絶対に。

最近、変なクッキングブログやってるほど、そういうお菓子作りにハマってて、
その中でもシュガークラフトが一番の興味ごとだけに、ドストライクもいいとこなベーカリーに、この番組にものすごい感謝してしまった。世界中の番組を拾って来て紹介する番組だけに、元の番組が一体何なのか、凄い知りたいんだけど。誰か知ってたり、しないかな……。

そして、ますます興味が深くなって大変なことになってます(笑)
ハロウィーンはどんとケーキ作ろうと思ってるのでお楽しみに。
スポンサーサイト
Posted by Mai Aimheart on 06.2011   2 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 11: Vampire Freaks

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
10051584_844144613_232large.jpg


11th volume: Vampire Freaks



ゴスショップ巡り、
最後はVampire Freaks。

ゴス系、エモ系とかのソーシャルネットワーキングサイトVampire Freaks
http://www.vampirefreaks.com/
のショップ。

ゴス、オルタナティブとか系の服を中心に色々置いてるお店。

前回のSt. Marks pl通りを真っ直ぐ行って、突き当たりの公園Tompkins Squaire Parkまで出ると次に左にAvenue Aを北上して、ほどなくすると見えて来ます。

DSC00073.jpg



大きな地図で見る


ごちゃぁ~~っと黒い服がたくさん売ってます(笑)
雑誌・書籍から、サイバーなゴーグルや、ヘアアクセサリー、
流行はスチームパンクなので、スチームパンクなラインだとか、
黒に白ドットのワンピースとかちょっとロカビリー系もできそうなものも売ってたり。
ただ、鏡が奥の試着室出た所に1つしかないっていうのが難点っちゃ難点だったけど。

広さはGothic Renaissanceと互角ってところだけど、ディスプレイにこだわらず、自分で探せコンニャローなくらい、もっさりハンガーかかってるので、品数で言えばここが断然多いかもしれない。

その日着てたのが、Lip Serviceの最新作のスチームパンクラインのパンツだったのもあって、目敏い店員の兄ちゃんがスチームパンク系こんなんもあるよぉ~と絡んで来るのを振り切りつつ(笑)物色して、

Death Rockのマガジン
DSC00847.jpg




Sourpussのちょっとフロッキーシースルー肋骨ロングスリーブ
9889.jpg

をゲット。
夏は下にキャミを、冬は白黒ボーダーの上に着たりするとチョーカワイイんだこれ。
さっそく次の日から着てたけど。



以上が、NYのゴスショップ紹介でしたぁ。
NY行く人で気になる人は立ち寄ってみるよろし。


巡って、もらってきたフライヤーやらステッカーやら。
PICT0177_20110124224538.jpg

Posted by Mai Aimheart on 24.2011   0 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 10: St. Marks Pl.

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
10051584_844144613_232large.jpg

10th Volume: St Marks Pl




いつものよーに、エスカルゴ行進、否、更新でもーしわけない。


ちまちま進む、一部の人にしかとても役に立たないNY記10編目。(笑)

10編目は、
前回9編目で登場したパンクショップがあるストリート、St Marks Pl.。
1週間、ぶらぶらとマンハッタン歩いてみたわけなんだけど、一番ダントツで好きな場所です。
親近感湧くわぁ~っていう通りで、雰囲気がカムデンロックのゴチャゴチャオルタナティブファッションショップとか並んでる所とちょっと似てるんだよね。そのせいかも。
昔はパンクストリートだったらしいんだけど、今はごちゃっとサブカルなものとかのショップが並ぶ通りに。
ロンドンみたいに気合いの入った反重力モヒカンのお兄ちゃんがよく歩いてるってわけじゃないんだけど、それなりにロングコートだったりカラフルな髪だったりするお兄ちゃんがたぁ~まぁ~に歩いてます。
今はそんなパンクストリートじゃないので、他は普通の人たち。

ごちゃごちゃっと店が並んでるんだけど、ずっと進んで行くとこじゃれたカフェなんかが点在するようになって、静かな住宅街になり、そして最後は公園に繋がってるっていう素敵な通り。

これは通りをずんずん進んで行って静かな場所になった辺りの写真。
いっぱい箱持ってるオバチャンの前を歩くのは、もちろん、アタシです(笑)ママン撮影写真。
DSC00070.jpg



飲食店が多い通りでもあって、フライドポテトやチーズマカロニとかの専門店がひっそりと存在している他に、
ミニジャパニーズ街らしく、日本人経営の日本のレストランが軒を連ねる場所らしい。
店の名前で、やたら『大将』って文字が目についた(笑)
ここも大将、あっちも大将(笑)
焼き肉やら寿司やら色々。
でも、大体寿司とかいっても、見た限りラーメンとか他のメニューが多くて寿司ネタ少ないってパターンの店が多いんだけど(笑)
寿司ちゃうやん!ってツッコミいれたくなるような(笑)
05001.jpg





カフェの看板ども。
PICT0164_20110122005539.jpg
PICT0152.jpg




こじゃれたカフェのインパクト大な看板。
看『板』じゃなくって看『壁』ってやつだけど。
ちょっと有名な絵(アタシの中では)で、一度近くで見たかったブツだったんだよね。
05005.jpg05003.jpg


素敵すぎだよねぇ。モノクロで、カッコイイ姉さんなこのイラスト。



とはいえ、カフェには入ってません(笑)


ごちゃごちゃっと店があるっていったけど、
こんなぐあいにごちゃごちゃっと。
これは、この通りの有名な姉さん(マネキン)
正直、ハッキリ言って、メッチャ怖いです(笑)
PICT0134.jpg
015000.jpg


ロンドンでいえばカムデン、大阪で言えばアメ村、な感じの場所なので、タトゥーショップも多し。
DSC00071.jpg



牛。
PICT0166_20110122010014.jpg



Search & Destroy(見つけ出して破壊せよ。とか見つけ次第殺せ。とか。)とかいう強烈な名前の店(またステンシル書体とかぐっときまくる…!!)と、靴下専門店。
PICT0136.jpg


St. Marksのスーパー。
まず看板が最強にカワイイ。
ハロウィーン時期なので、表にカボチャがごろごろしてます。
PICT0167.jpg



この日、この道を公園にブチ当たるまでずんずん歩いて行ってるのには、その先に目当ての店があったから。
道から外れて平行する隣の通りもなかなか素敵なものたくさん。

雑貨、アパレルのショップでナイスな服発見。
05002.jpg

わかるかな。
缶のプルトップと毛糸でできてる網トップス。


素敵リサイクルショップ前にいた絵になるジジィをパチリ。
PICT0154.jpg



あ、気付かれた。
PICT0155.jpg



フリー新聞ベンダー、なのかな。
よく知らないんだけど、町中に点在してて、どれもこれももれなく落書きとステッカーの洗礼を受けてる。
PICT0158.jpg

みんな誰かがわざわざ落書きしーの、ステッカー貼りーのしてるんだなって思うと、妙な気分に。
実はステッカー貼られてる信号機も多くて、わざわざよじ登るか台使うか肩車かしてペタッってやってるのかと思うと…(笑)
たしかに、ステッカーの使い道ってそれほど無いもんだけどさ。

しかし、どこ撮っても絵になる通り。
PICT0168.jpg
05004.jpg


タイムズスクエア付近だとかのように人ゴミってくらい人が溢れてるわけじゃなく、ちょっと人通りのある住宅街といった静かさがあって、落ち着いてる場所。
そのくせ周りの店は、外見五月蝿い外装だったり商品だったりして、パンクショップに、アメコミ専門店、中古CD,ビデオ屋だったり、フライドポテト専門店にチーズマカロニ専門店に、魔術ショップ(があるらしい、探したけど発見できなかった)、ハーブ専門薬局と、気になる店がぐっと付近に密集してる場所でもあって、そんなゴチャゴチャを通り抜けると落ち着いた雰囲気が広がってる通りに一変したり、と一番オススメエリア。
Posted by Mai Aimheart on 22.2011   0 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 9: Trash & Vaudeville

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
abbao.jpg


9th volume: Trash & Vaudeville


ゴス(パンクも含む)ショップ紹介その2。
Halloween AdventureとGothic Renaissance

DSC00064.jpg


を後にして、行くのを楽しみにしてたSt. Marks pl.に。

来た道を戻って、アダモじゃなくてアラモ

DSC00054.jpg


を通り過ぎる。

mapgoth.jpg




まず行った先はTrash & Vaudevilleっていうパンクショップ。

PICT0133-1(ドラッグされました)



Gothic RenaissanceはWave-Gothic Treffen(ドイツで毎年行われてる大規模なゴスフェスティバル)にいそうな感じの服のセレクトをしてるのに対して、
517665186_0d0cb59ad9.jpg

(↑これは一部で、デスロック系の人から本当に色んな人がいるんだけど)
パンクショップって書いた通り、ボーダーのざっくりスケスケ編みのセーターとか売ってる場所で、Lip Serviceとかも置いてるんだけどジャケットとかもライダース風のが大半っていうお店。
1階と2階があって写真で写ってるのは2階部分。
でも、それぞれにレジがあって別々の店って感じ。
入ると万引き防止のためだろうけど、手荷物預けて、替わりに番号が書かれた札をもらうシステム。
上の階はもっぱら服とか小物なんだけど、下の階は服と小物それから靴がおいてあって、ニューロックとかドクター・マーチンのパラダイス(笑)
デモニアとかのブーツや靴はGothic Renaissanceで、ロック系ブーツはこっちってかんじかな。
ただ、アタシと男性は別として(笑)足小さめな人の多い日本人。サイズがあるのかどうかは、そこまでチェックしてないからわからないけど。

外観の見た目とは反して結構店内広くて見やすいのがいいかんじ。
パンクショップっていうのもあって壁の色とかも明るい。(笑)
奥が試着室になってて、デッかい鏡も置いてたりしてなかなか。
行った時ちょうど歳変わらなさそうなお兄ちゃんがレザーライダース色々試着してる時で、鏡の前で服合わせてみてたら出て来た兄ちゃんと鉢合わせして一瞬焦ったり。
っていうのも、半裸にジャケット羽織ってる、なんともパンクな出で立ちで、露な胸と腹筋ガン見しそうになって目のやり場に困ったっていう(笑)『え、ええ体しとんな兄ちゃん……。』と思いながら(笑)
その後も半裸にジャケットとっかえひっかえしながら友達の意見に耳を傾けつつブラブラしてました。

裾にファーの付いたTripp NYCのジャケットが可愛くて迷ってたんだけど、結局シックリこなくてパス。

パンクな服好きな人はここへどうぞ。



大きな地図で見る




::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::

Posted by Mai Aimheart on 19.2010   0 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 8: Gothic Renaissance

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
abbao.jpg


8th Volume: Gothic Renaissance




Halloween Adventure Shopの次は、これまた行くの楽しみにしてた店に。
Gothic Renaissanceっていうゴスショップ。
Halloween Adventure Shopから、ものの10秒で着きます(笑)
っていうのもお隣なんだな(笑)

大きな地図で見る

DSC00064.jpg
DSC00062.jpg


隣のHalloween Adventure Shopはハロウィーン、コスチューム専門店なんだけど、こっちのGothic Renaissanceはゴスショップでゴスなアクセサリーや服を売ってる店。
PICT0129.jpg


突抜で両サイドに出入り口のあるHalloween Adventure Shopとは違って地上階半分くらいしか広さの無い小さめのお店。でも、服屋って考えたら十分な広さのお店なんだけど。
原因はHalloween Adventure Shopが文字通りアドベンチャーできるくらい広かったからその反動なんだろうけど。

アタシの大好きブランドLip Serviceの服なんかからその手のものがゴロゴロしてて、レディース、メンズ、コルセット、アクセサリー、タイツからメイク用品、小物、カバン、靴、それから少しCD類とポストカードなどなど。

行った日はHalloween直前の隣のハロウィーンの店目的の人が流れて来てるのが大半で、物珍しそうに店内見て回ってる人がほとんどだったわ。
スタッフは結構オルタナティブ系の人が多くてコイルのエクステとかつけてるお姉ちゃんとかいて可愛かったよ。

ここ最近全体的にスチームパンクブームっていうのもあって置いてるラインが結構Lip Serviceの新作を筆頭にスチームパンク系が多かったわ。
着ないけどちょっと気になってたブランドのShrineとかも置いてて、ホンモノだ!!!ってなってたり(笑)
http://shrinestore.com/
っていうか、なにを隠そうここのモデルやってるPerish見たさに見てたの半分なんだけど(爆)

長い間見て回って悩みに悩んでたんだけど、コレ!!!!っていうのじゃないとなかなか買わない質だから結局買ったのは血糊のお菓子だけっていう(笑)
なんだそれ!!!って自分に突っ込み入れながらこれだけ購入……。
DSC00843.jpg



Halloween Adventure ShopとGothic Renaissanceが隣接するこの場所ほど最強な場所は他に無いだろう!!っていうくらい最強な場所。
NYに行った際は絶対に寄ってみて(アタシと服とかの趣味同じ人は)。
オススメしまくるわ。






::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::



Posted by Mai Aimheart on 15.2010   0 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 7: Halloween Adventure Shop

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
abbao.jpg


7th volume: Halloween Adventure Shop



お腹も満たされて、ナイスジジィのヘルプによりネイルもゲットしたので、ちょっとタイムズスクエア近くに一瞬寄り道してから、
NYで一番行きたかった場所に行くことに。

一番行きたかった場所、そこはイースト・ビレッジ地区のSt. Marks Placeっていう通り周辺。
この辺り昔はパンクストリートだったりで、アタシの好きそうな店が集まってる地域なのです。

今回の旅行のメインイベント、それはHalloween。
Halloweenの日に行われるパレードに参加したかったから、まずコスチュームをゲットしにHalloween Adventure ShopっていうHalloweenグッズ、パーティーコスチューム専門店がここにあります。
文字通りEveryday is Halloweenな店でゴスな人いらっしゃいな店で、
Voltaireっていう人の、Paint It Black: A Guide To Gothic HomemakingっていうゴスなDIY本
41Jbbh8d2S_SL160_.jpg

で紹介されてるの見てからずっと気になってしょうがなかった店。

http://www.halloweenadventure.com/


大きな地図で見る



Union Square駅から下ってもよかったんだけど、St. Marks Pl.にも行きたかったからわかりやすいようにAstor pl.駅を中心に回ることに。

この駅の近くには、
有名なアダモがあります。
adamo.jpg





じゃなくて、アラモがあります(笑)
DSC00054.jpg

変な初め人間みたいなオッサンじゃなくて黒いキューブ『アラモ』。
でも、4度か6度くらい通ったけど(通り過ぎ/笑)たまに座って休憩してる人がいたりするかんじで、写真撮ってる観光客そうな人を見かけなかったわ、なぜか。
通るたびに『アダモ…』って呟いてたアタシ(笑)


そんなアダモじゃなくアラモのある通りの1つParks Ave.を北上すると教会を過ぎた辺りに見えて来ます。
他じゃ滅多に見かけないし、通る人にアタシも物珍しそうな目で見られるんだけど、この辺に来ればアタシの隣を歩くお兄ちゃんはゴス系ブロンドモヒカンのイケメンだったり(パンクスみたいに立てないもんやり長髪の。)とかでアタシも普通。
PICT0116_20101114233623.jpgPICT0124-1(ドラッグされました)

鉄ポールに覆われてる所が、ソコ。ピエロのマークが目印。

ショーウィンドウからして、インパクト大。
PICT0120.jpgPICT0121_20101114233622.jpgPICT0123.jpg


ウキウキで中に入ったら、そこは天国だったよ!!!
ガーゴイルにデカいゾンビが吊ってたり、ホーラエンターテイメント施設か!っていうくらいのオブジェ!オブジェ!オブジェ!!
入り口で感激の渦に飲まれて言葉無くしてたら、入り口のセキュリティーとして立ってたスタッフの黒人のお兄ちゃんにニッコリされて、さらに感激。
普通のスタッフの服きたお兄ちゃんは……(ヴァンパイアの)牙付き!!!
Bite me!(噛んで!)って言いそうになったぜ、チクショー(笑)


Halloween目前の時期で、地下まである結構な広さのお店なんだけど、収集つかんくらいの人、人、人。
長蛇の列があると思えばレジに繋がる列だったり。
スタッフは散って、「何か御用の方はいませんかぁ!?」って叫んでるし、常に無線でやりとり。
店の中はお客で溢れすぎてカオス。
でも、それと同じくらいアドレナリン大放出しすぎてテンションカオスに陥ってるアタシは、そんなこと全然気にならない(笑)
入り口付近にあった、カワイイタランチュラのおもちゃを引っ掴んでご満悦にウロウロ物色(笑)
DSC00826.jpg


コスチュームが大半を占めてるんだけど、その豊富さはさすが。
コスチューム以外の仮面とかもヴェネツィアンなのからたっくさん。
プラットフォーム(厚底)のハイヒールも当然のようにゴロゴロしてるし、他にもHalloweenのお菓子、小道具、インテリアとかも。
まさにパラダイスな場所。
パラダイスすぎて、血みどろの心臓のおもちゃ掴んでニヤニヤしてるヤツがここに1人いたっていう(笑)


幅広い仮装のためにヘルメットから普通の帽子まで帽子も豊富に揃ってる店内。
そうだ、時計仕掛けのオレンジみたいなボールハットが欲しかったんだっていうのを思い出して、帽子はスタッフに頼んで取ってもらわないといけなかったから、スタッフ見つけるのにまず一苦労。
そして物色してる最中隣にカメラとかマイクとかライトとか持ってるオッサンらおるなぁって思ってたらTVの取材を受けてるオーナーがおったり(笑)
もしかしなくても、アタシ脇でチラチラ映ってるよなコレ、みたいな(笑)

別に時計仕掛けのオレンジのコスプレがしたいがためじゃなかったんだけど、つい先日コーディネートしてみたら、なんかそうなっちゃったり(笑) 別に時計仕掛けのオレンジの仮装するためじゃなかったんだけど…(笑)
写真(2010-11-13 20.37) #2clockwork_orange_costume_20101114233518.jpg





あらかた全部見て回って、
この店に来た一番の目的を果たすことに。
仮装のコスチュームを買うこと。
あまりにも多すぎてどこにその目的のものがあるのかわからなくて、「何かヘルプは必要ありませんかぁ~?」って叫んでるスタッフのお兄さんに聞くことに。
「ウェンズデー・アダムスの衣装はどこにありますか?」
そう、Halloweenで大々的に仮装できるとなったら、絶対にしたいと思ってたのがThe Addams FamilyのWednesday Addams。
addams_family_ver2.jpg

アダムスファミリーでも1、2位を争う人気のキャラクターだけあって(たぶん1、2位争いの相手はThing(ハンド)だと思う)、他の衣装は無いんだけどウェンズデーのだけは市販のコスチュームが存在してるんだよね。
ずっっっっっとHalloweenにウェンズデイの仮装したいって思ってたんだ。

そして、
「それなら地下の階にあるよ」
って言うので嬉々として地下に。
地下でも広いから地下のスタッフに
「ウェンズデー・アダムスの衣装はどこにありますか?」
って聞いてみると
「ウェンズデー・アダムス?それなら地上階よ。」
「ぇ~?さっき地下って聞いたから来たんだけど」
「みんなわからなかったら地下にあるって言うのよね。地上で聞いてみて。」
なんだそれ!!
Any helpとか叫んでるわりに、全然Helpにならないスタッフたち(笑)
地上に戻って、再度トライしてみるも
「そっち側だと思うけど」
とか、あ、アバウト(笑)
ウェンズデーは、どこ!!!!????
そうだ、と思って靴売り場担当の一番ゴスなお姉さんに聞いてみることに。
すると、
「ウェンズデーアダムス?それならここを真っ直ぐ行った魔女のコーナーの手前にあるわ」
さすがゴスな姉ちゃん!!
そして、やっと発見!!(笑)

DSC00840.jpg


長~いレジへの列に並んでやっと会計したら、レジのお兄ちゃんが「ウェンズデー!?いいねぇ!!!」って大絶賛してくれました(笑)


っていう、ゴス好きホラー好きの人は一日中キャッキャできそうなパラダイスなオススメの店です。
是非立ち寄ってみて!!
でも、Halloween前は混んでるから、避けた方が無難かな。


::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::

Posted by Mai Aimheart on 14.2010   2 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 6: The old man said...

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
abbao.jpg


6th Volume: The old man said....


ny6.jpg
ny622.jpg




ということが、ありました(笑)
UKに続き、出た!!ナイスジジィ!!(笑)
ナイスジジィ生息地のUKに比べたらナイスジジィ率少ないNYだったけど、こういう時にナイスタイミングでヘルプしてくれるのは決まってジジィなんだよね(笑)ありがとぉ~。
実際にはここまで暴れてなかったけど、明らかに迷惑なくらいは騒いでたっていう(笑)


ということで、店でも2階とか上の階の店だとドアにこんなトリックがあるようです。
開かないと思ったらインターホン的なボタン探してみて下さい。
普通の住宅なら何も思わないんだけど、店だったらドアが開いてるっていうイメージが勝手にあったから、「ボタン…あったの……」ってなってて、考えなくても治安良く無いNY、そんなもんよね…。
騒いでたからか、アタシの格好が黒かったからか、店に上がって来た時スタッフとお客の視線に大注目されたっていう…何かわからないけどお騒がせしました(笑)

でも、それ以後ブラブラしてたけど2階にある店とかでも普通にドア開いてたんだけど。
サロンだったからかも。



::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::

Posted by Mai Aimheart on 14.2010   0 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 5: Alice's Tea Cup

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
abbao.jpg


5th Volume: Alice's Tea Cup


2日目の朝7時起床。
NY滞在中毎日7時に起きてたんだけど、大体のお店が早くて10時くらいから、アタシの行きたい所は大抵昼に開くから、結局ウダウダTVつけながら用意ってかんじ。
NYは一日24時間365日騒音が凄くて、夜とかもサイレンひっきりなしに五月蝿くて、アタシは爆睡してたけどママンは眠れなかったよう(笑)
全然気にならなくて毎日快眠だったんだけど、こっちに帰って来て寝て起きた時にあまりの『無音』さにはたと気付いて衝撃受けたくらいに、あり得ないくらい五月蝿い(笑)
タクシーはちょっとしたことでクラクション鳴らしまくるし、パトカーとかもブンブン飛んでるんだけど、何より五月蝿いのは消防車で、もう1日中しょっちゅう出動しまくってる救急の車No.1ってかんじ、そしてどれよりも五月蝿い(笑)
ロンドンも大通りの近くだったから夜中でもサイレンとバスが五月蝿かったんだけど、それ以上(笑)

消火栓はそこらじゅうで目撃するし、日本の乾燥注意報とか警報なんて乾燥してるの内に入らんくらいに、乾燥してるだけあって火事になりやすいのも頷けるんだけど、
ほら、日本じゃお目にかからないほど高層ビルの密集してる街なわけで、物によったらハシゴなんかじゃ到底届かない高さのビルもよくあるわけで。
どうやって消火活動してるのかちょっと気になってみたり。



さて、朝になって、ママンに「どこかオススメの朝食食べる所ある?」って聞かれ、
ウロウロモードになったらお茶しようとか思わないし、小腹が空いたらその辺でお菓子買って食べ歩いてたりするくらい(行儀悪くてごめんあそばせ)『食』モードがオフになってしまうから、今回ほっとんどレストラン系の場所は調べて来てなかったっていう。

朝食ねぇ~…と寝ぼけた頭でサーチしたら1件だけヒット。
『Alice's Tea Cup』っていう、ガイドブックの隅に小さく書かれてて行ってみたいとチェックしてたカフェ。


カフェといえど、名前の通りティールームで、約135種類のお茶を扱ってるとかなんとか。
マンハッタン内アッパーイーストとウェストサイドに3軒店舗を構えてて、名前の通り『不思議の国のアリス』がコンセプトのお店。
PICT0071.jpg

店舗ごとに『Chapter1』『Chapter2』『Chapter3』って名前がついて区別してあって、2だったか3だったかはアルコールを出してたハズ。
言ったのはアッパーウェストサイドにある『Chapter1』。
小さい可愛いお店で、
人口密度飽和状態くらい人が多い繁華街のミッドタウン地域と違って高級住宅街になるアッパーウェストとイーストサイドになるとぐっと人口密度が薄れてのんびり人がまばらに歩いていて、ゆったりした雰囲気の町並みで落ち着いて、住宅街ってかんじ。
アッパーウェストサイドとイーストサイドの間にはセントラルパークが挟まってるだけあってか、たまにデカいプードル3匹に引きずられてる散歩バイトのお兄ちゃんとか目撃できます(笑)

Alice's Tea Cup
http://www.alicesteacup.com


大きな地図で見る



Alice's Tea Cup: Chapter 1。
まず入った所はショップとベーカリーになっていてケーキとかカップケーキとか買えるようになってます。
DSC00045.jpg

Halloween時期だからそんな装飾をしてるんだけど、カップケーキはいつものメニュー通りみたい。

そして奥がカフェになっていて、アンティークのテーブルが並ぶ空間。
一個一個テーブルの使用が違って古いミシン台がテーブルになってるテーブルもあって可愛かった。
アタシたちが案内されたテーブルは、アンティークなアリスコレクションが中に入れられてるテーブル。
DSC00036.jpg


おしゃべりで来てる女の人2人組や読書でやって来た女性からパソコンで何かタイプしてるおじいさん、そして小さい子供連れまで、客層は色々。
でも、どれも近所の人たちってかんじで、のんびりした内輪な雰囲気が素敵だったよ。
1人で読書にお茶しに来たりするには、ぴったりの場所。
すっっごい羨ましい。



最初に出て来た水のグラスがバカデカくてビックリ。
アリスだからかなのか、サイズが変。
PICT0074.jpg

まず飲み物を頼むことにして、
アタシは店の看板ブレンドな『Alice's Tea』を注文。
変わったブレンドで
Our signature blend of Indian black tea and Japanese green tea with vanilla and rose petals.
っていうもの。
他にも本当色んな種類のお茶がメニューにあって、どれも興味そそるものばっかり。
ここが近所にあったら1種類ずつ試しに通うのに~~!!!っていうくらい、すんごい残念…!
アンティークのティーカップソーサーに次いで大きいポットが出て来て、初めて見るポットの蓋固定具に興味津々。
頼んだお茶はちょっと懐かしいようなちょっと変わったような、優しい飲みやすいお茶でストレートでもミルクでも美味しいお茶でした。
ポットは大きめで、めいっぱい、たっぷり入ってていいです。

まだちょっと寝ぼけ気味なアタシ(笑)
DSC00038.jpg


で、朝食。
ママンが頼んだのはパンケーキ
DSC00040.jpg

『Blueberry cornmeal pancakes served with butter and real maple syrup』

アメリカンフードっていったらコッテリしてそうなイメージとかあるんだけど、
パンケーキメッチャ美味しかった!
甘さ控えめでアッサリしてるし、日本のパンケーキってもちっとしてたりするけど、サクッとしてて軽いの。


そしてアタシはポーチドエッグの乗ったスコーンとポテトのプレート。
アタシはスコーンと卵の間をハム&チーズに。
DSC00041.jpg

『Poached eggs atop a savory scone (your choice of either ham & cheese or buttermilk scone) with rosemary hollandaise sauce and a side of potato-chcken hash』


そして、アタシの頼んだ卵スコーン、マジで美味しかった。
『ヤバイ』を10回は言った気がする(笑)
外はカリッと中はふんわりしてるスコーンに蕩けてるチーズとハムっていうかベーコンの上に乗ってるポーチドエッグだけでも美味しいんだけど、その上にかかってるソースがまた美味い。
酸味があるマヨネーズソースってかんじで、あまりローズマリーなかんじはしないんだけど、スコーンと卵との相性が最強過ぎる。
そしてポテトもすっごい美味しかった。
後でわかったけど揚げてなくてオーブンで焼いてるみたいで、脂っこくない。
アタシも食べたいのに、ママンが芋くれ芋くれ言うくらいに、美味しかった(笑)

食べてる最中に子供連れの家族が来てたんだけど、Halloween時期だからか10歳にもなってなさそうなお兄ちゃんと妹2人の兄弟でベビーカー卒業したてくらいの一番小さい女の子が妖精の羽根付けてて、殺人級に可愛くてトテトテ通るたびに目が釘付けになってたり。
どこに行くのかお兄ちゃんと手つないで歩いてた時とか、瞬殺級だったわ(笑)
萌え~!!!みたいな(笑)

そうそう、トイレもまた可愛かったよ。
手書きのアリスのイラストで溢れてる場所で。
PICT0080.jpgPICT0081.jpgPICT0082.jpg


帰りに、
食べたメニューがヒットだったから、偶然にも数日前に出版したばかりのレシピ本買うことに。
この本はAmazonとかでも買えるから、気になった人は洋書買える所でチェックしてみて。
そして、Alice's Teaも。ラスト1個だった。
DSC00828.jpg

これはアリスのミンツ。缶が可愛かったから。
DSC00837.jpg




住んでたら絶対に通ってる店って断言できるくらい内装、雰囲気、メニューが最強な素敵なお店だったよ。
オススメ。
NYに来た際は寄ってみるよろし、ってかんじ。

こんな店、近所にあったらなぁ~~!!
うらやましすぎだった…。



::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::

Posted by Mai Aimheart on 12.2010   0 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 4: Cosmetics and...

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
abbao.jpg

4th Volume: Cosmetics and...




シャンプー、歯ブラシとか、現地調達型のアタシなので、初日にしにゃならんこと、それはその辺のものを調達すること。
今回メイク落としや洗顔まで来る前にちょうど切れてしまってたから、買わなきゃいけなかったんだけど、親切にもいつも使ってるLUSHがホテルの近くに。LUSH探して遠出する手間が省けてラッキー。
LUSHの好きな所は、世界中の主な国に店舗が存在するっていう点もその1つ。

英国もだけど、アメリカも日本とは違ってほとんどの商品は裸で積まれてるディスプレイ。
デリ風ディスプレイがウリなのと包装のゴミを減らそうっていう試みから、そうなってるんだけど、日本は薬事法とか色々な問題で小包装しないといけないからできないみたいでちょっと違うけど。

LUSH、去年出してたハロウィーンラインが気になって、それが欲しかったんだけど、なんたるいじめか今年は出してなかったっぽくて、すでにクリスマス商品がわんさか。
こうなったら、いつも通り普通に買い物しようと思ってスタッフに「どれが新しいヤツ~?」って聞いて色々紹介してもらいながら物色。
ちょっとぽっちゃりめでドットのドレスがカワイイハイテンションおもろいスタッフ、アメリカに帰っちゃった友達の1人に凄く似ててなんか友達のこと思い出したり。
お店のムードメーカー的なスタッフらしく、レジ売ってる最中も店員とかお客笑わせてて、なんかすごく楽しかったよ。
珍しく黒人の男性のスタッフもいて、なんか口調と身のこなし的にゲイっぽいNYだしって思ったのはただの偏見だけど(笑)
結局買ったのは必要だったのと、使いそうなヤツだけ。
DSC00867.jpg

日本でも最近発売になったけど、奥とポットに入ってるのがクリスマス商品で、奥のはサンタのヒゲなんだって。ポットのは洗顔。日本と違ってリサイクル可能な容器に入ってるのにちょっとビックリしたわ。日本はリサイクル回収してくれない透明のプラスティックの容器で売られてるんだけど、かねてからずっと、『黒い容器に変えてくれないのかなぁ、でも透明なのに入ってるのには品質上なにか理由があるのかもしれない』と思ったんだけど、どうやらそういうわけでもなかったらしいのが発覚したから。なんで黒に変わらないの!?
ボトルのは、前から試してみようって思ってたメイク落とし。
持って歩いてたら、別のエイミーワインハウスに似たメイクと髪型と格好のスタッフ(しかもタトゥーまで入っててチョーカワイイ)に、突然真顔で「アタシそれ、ちょ~~~~~好きなの。すっっっっっごくイイから。」って言われて一瞬固まったブツ(笑)
ハートのは、サンタのヒゲ買った時に他の好きなのもう一個買ったら缶おまけで付いて来るっていうから選んだバニラの香りのボディーバター。スーツケースの圧力でちょっと潰れちゃったけど(笑)

ホテルに戻って使ってて、ちょっとバスルームで爆笑。
LUSHの商品、制作日、使用期限と共に誰が作ったかっていうステッカーが貼ってるんだけど日本よりも大きい。
制作者は日本もだけどニックネームで書いてるんだけど、アタシの選んだ商品の1つの制作者のニックネームが……。
DSC00868.jpg


『この商品は10月7日に『チェインソウ』が作りました。』って(笑)
激しいニックネームに爆笑。素敵すぎる(笑)

そうそう、この日じゃないんだけど、ハロウィーンの日前後にLUSHが新商品発売してて、メキシコのDay of the Dead(死者の日)をモチーフにした商品で、ハロウィーン目前っていうのもあってフェイスペインティングのイベントしてたよ。
主に子供が群がってたけど。
マントにピンクなのにライオンに、仮装してるガキんちょの後ろ姿がカワイイ……。
PICT0271.jpg




LUSHの後すぐ近くにあった100均ショップならぬ99セントショップに。
水とかもろもろ買い出し。でも、よくあるように大きなボトルは99セントじゃなかったり。
トムとジェリーとかのアニメでよくチーズ置いて出て来る『ネズミ取り』が売っててマジで買おうか悩んでたアタシ(笑)
ノートでカワイイの発見したから衝動買い。
DSC00846.jpg


そして、その近くにあったSephoraっていうマンハッタンにたくさん店舗があるコスメ専門店に。
ここにアタシのお気に入りのコスメブランドのUrban Decayが売ってます。
でも、なんだかんだ悩み倒して結局メイク落としだけ買って、
DSC00861.jpg


他の物をゲット。
DSC00838.jpgDSC00839.jpg

聖書っぽく、開いたらハマキ入れっぽいデザインのリップスティックトライアルセット。
このコスメライン、Kat Von Dっていうタトゥーアーティストのお姉さんのプロデュースしてるコスメライン。
Carlos_Rios_Kat_Von_D_PRETTY_IN_INK_003.jpg

モトリーのNikki Sixxのガールフレンドです。(笑)
Urban Decayがダークだけどポップなのに対して、こっちはさらにダーク。初めて実物見たけど、結構大好き。
たぶん日本に入って来んだろうし、デザインがいちいち面白いからこの手のコスメ使わない人でも一見の価値はあり。



と、いう長ったらしい初日買い出しの回、でした。



::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::

Posted by Mai Aimheart on 08.2010   0 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 3: Lips

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
sugar_lips01-258x300.jpg


Apple Bite Black and Orange tour:
3rd volume: Lips



ツアー名にちなんだバナー画像作ろうと思ってるんだけど、なかなかリンゴを買いに行けなくてできずじまいになってたり。
その内作ったら載せると思うわ。イイ出来じゃなかったらそのままスルーされるから(笑)
やっぱりっていうのもなんだけど、アメリカのリンゴも日本のリンゴよりも小振りな片手で握れるサイズでリンゴ!って形してます。種類によったら大きいのもあるんだろうけど、日本のスーパーでよく見かけるのはフジリンゴだけど、アメリカはそれよりも小さいヤツ。
英国じゃストリートパフォーマーがよくリンゴでジャグリングしてたけど、日本のリンゴは普通のが大きいから、なかなかジャグリングしようって思わないし、
アメリカのスターバックスでリンゴ売ってたのを見かけたんだけど、日本でやろうとしたらフジリンゴは片手で食べ歩くには大振りだし、
その辺がリンゴの標準サイズの違いで生まれるカルチャーショックだったかも。
でも、ナスなんかはあのまま6、7倍はデカくした笑っちゃうようなサイズだったけど(笑)
アタシの顔より大きいんだよ(笑/ちなみにアタシの頭のサイズはよくバレーボールって言われる。)


それはさておき、
ホテルに着いたのは6時くらいで、ディナーを考えないといけない時間帯。
着いたのが水曜日で、水曜日に行きたい店があったからそこに行くことに。

『Lips』っていう、Drag Queenのレストラン。
火曜日から日曜日まで日替わりでイベントをしてて、水曜日はビンゴ大会の日。
Drag Queenのショーを見ることもだけど、『Drag Queenのビンゴ』は前々から参加してみたいものの1つだったんだ。

席が空いてたら予約しないでも入れなくはないんだけど、基本予約制のレストランなので、ホテルに着いて速攻電話。
『ヘッロ~、こちらLipsでぇす』みたいな最初からハイテンションカマカマな口調が受話器から(笑)
最初から電話繋がるもんだと思ってたら「予約の人は、『3』を押してネ。それ以外の人は…」といったかんじでワンクッション式。
「今夜だけど、予約できますか?」「ええ、大丈夫よ」
と、すんなり予約して準備して行くことに。

場所はこちら

大きな地図で見る


サイトは
http://lipsnyc.com/


外観はおとなしめ
DSC00013.jpg



なんだけど、中に入ったらキッチュ全開でいかにもな内装。
カワイイ…。
Halloweenだから、少しそんなかんじにデコレーションしてあったり。
2階はトイレになってます。
DSC00014.jpgDSC00015.jpgDSC00022.jpgPICT0062.jpg


思ったより小さめなレストランで、誕生日や他の祝い事で予約してた団体が多かったみたいで端っこの席に。
メニューはそこそこ。味も、そこそこ(笑)
メニューの写真はもしやProject Runwayのパロディー?なんて思ってみたり。
PICT0040_20101107220212.jpgProject Runway_K


食べたり喋ったりしばらくしてたら、ショーが始まって、
おなじみな口パクとダンスのショー。
そして、その合間の司会のクイーンのマシンガントーク。
ほとんど曲知らないからLady Gagaの曲しかわからなかったけど面白かったよ。
DSC00016.jpg
PICT0049-1(ドラッグされました)PICT0053-1(ドラッグされました)
PICT0055-1(ドラッグされました)PICT0056-1(ドラッグされました)


祝いの団体が多いって書いたけど、
なんと17歳の女の子の誕生日のお祝いの団体だったり、18の誕生日の彼氏のお祝いの団体だったり、そして離婚のお祝いの団体だったり、様々。
こんなアダルティーな場所で誕生日会とかアメリカならではなんじゃ、とか思ってみたり。
彼氏の誕生日会で来てた団体の当の本人が全然楽しそうじゃないのを見て「彼女が計画したの?こんな最悪な誕生日会やらかしたビッチはどこにいるのかしら?」とか、離婚祝いの席には「離婚祝いですって?きっと、旦那のアレが小さかったのね…」とか弄る司会(笑)
あげくコッチまで来てステージに引っ張り上げられるアタシ(笑)
DSC00019.jpg

「あ~ら、日本から来たの!?」
「それはハロウィーンだからの格好なのかしら?」
「地下に住んでるのかしら!」
とか質問攻め(笑)
「まぁ、日本からだなんて。ああ、カリフォルニアロールをお伝えありがとう!!」
いや、それ日本の寿司ちゃうから!(笑)

ショーも終わってしばらくしてるとステージにビンゴの用意がされて、席にはビンゴカードが配られて、ビンゴ開始。
PICT0058.jpgPICT0059.jpg

ステージの席に座ってマシンガントークしながらビンゴマシーンをガラガラする司会のクイーン。
ジョークを披露してくんだけど、客席からも「面白いジョーク知ってるわよ!」って次々にジョーク言いまくってるんだけど、英語達者じゃないアタシにはよくわからないばっかり…(脱力)
それよりビックリしたのは、みんなiPhoneみたいな携帯持ってる確率高いんだけど、中にジョークのメモが存在してること(笑)
いわゆるネタ帳をみんな持ってるんだよね(笑)ネットから拾って来てるのか、自分で考えたりしたのをメモしてるのを見てるのかは、わからなかったけど、カルチャーショック。

2回戦まであったけど、ビンゴの結果は、
さっぱり。(笑)

でも、楽しかったよ!!



::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::


Posted by Mai Aimheart on 07.2010   0 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 2

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
the_shining1.jpg

Apple Bite Black and Orange Tour:
2nd volume : Hotel




そんなこんなで、JFK(ジョン・F・ケネディ)空港に着いて、
「JFKったら、暗殺されたJFKよね…マリちん(マンソン)がビデオでマネっこしてたJFKの…へへっ……」
って無意味にほくそ笑みながら(コラ!)なんかたいした説明も何も無くいきなりタクシーとか乗り場だったりして、とりあえずバスでマンハッタンまで行きたかったんだけどガイドもクソもなく、なんてカオス!って感想持ってたら
「バスならこっちだよ、嬢ちゃん」
って、かなり男前な黒人のお姉ちゃん(男じゃなく女性)が。
その人がバスのチケット売りの人だったんだけど、そのお姉ちゃん
「ついて来な、嬢ちゃんたち」(アタシはともかくママン含めてgirlsっていうお姉ちゃん/笑)って最後バス乗るまで全部フォローしてくれたっていう、男前~(笑)

これがマリちんのそのビデオ。
なつかしぃ~~。皆ちょぅ若い(笑)


NYって高層ビル立ち並ぶ所なんだと思ってたら、そういうわけじゃなく、
中心のマンハッタン島が異様に縦にイガイガ剣山みたいになってるだけで、それを囲む陸地は結構横に平たい、どこの国も一緒なのねぇってかんじの町並みが広がってるんだけど、一度マンハッタンに突入すると一気に景色が一変イガイガの町並みに。
その突然の変わり様は、今まで常夏だったのに急に雪国の景色に変わったくらいの衝撃が(マジで)
え!?ってなるくらい、なんだかマンハッタンだけ浮いてる変な地域。



そうしてビックリしてる間に到着してホテルまで行くことに。
まず、一番最初に思うのは
「人、多ッッッ!!!」
っていうことと、
「汚ッッ!!」
っていうこと(笑)
なんか歩道幅足りなくない?っていうくらい、右も左も人ごみ!ってかんじで、そして道路にゴミ落ち放題!上からハトの羽降って来るし!みたいな。とにかく、ごみごみしてる場所。
なんかハトとスズメが多くてカラス見かけなかったのが意外だったけど。
そして、なにか得体の知れない色んなスメルが混ざって、行く先々違うスメルがするけどどこも街が全体的にそんな良いスメルじゃないわよ?ってかんじ。(笑)

なんか悪いことばっか書いてるじゃんって思ったかもしれないけど、
そう、なんか第一印象は「ぇええ………(テンション萎)」ってかんじで、全然良くなかったんだな…(苦笑)
しかも、最悪なことに前日に口内炎がハローしてて喋るのが億劫だけど右も左もわからない上に英語できないママンなので日本語と英語で倍話さないといけなかったりアタシが全部するしかなくて、そしてアタシも初NYなわけで、いつもの5割増しの早さで疲労っていう…。
第一印象が良く無かったのは、そのせいもあったかも。

ホテルは、大きな駅ペン・ステーション(ペンシルバニア駅)およびその真上に立ってるマディソンスクエアガーデンの真ん前に位置する、ホテル・ペンシルバニアっていうホテル。
DSC00113.jpg


これはペンステーションからの写真。
DSC00112.jpg


結構古い、高級とはほど遠いフッツーのホテル。
ロビーは結構当たらしめで奇麗に普通にホテルなんだけど、上の止まる部屋の階にエレベーターで上がって、アラビックリ。
古いだけあるその佇まい。
伸びるカーペット敷きの長い薄暗い廊下。
なんか、ここって……
って、瞬時にイメージが頭によぎって、思わず口に出してしまった



『シャイニング!!』



(笑)
いや、本当にシャイニングに出て来そうなホテルそのものなのよ。
エレベーター並ぶ所に立ってたらなんか血が滲みでて洪水になりそうだし、
暗いカーペットの長い廊下歩いてたら
shining-4.jpg

なんか二人の女の子が突き当たりに立ってそうなんだもん!!(笑)
PICT0037-1(ドラッグされました)PICT0173-1(ドラッグされました)



部屋へのドアはなんか、冷蔵庫の蓋みたいでちょっと衝撃的だったし。
PICT0176-1(ドラッグされました)


部屋は結構普通なんだけど(到着時の写真じゃないから散らかっててスミマセン。笑)
PICT0248.jpg


TVの本体のボタン部分がごっそり中に陥没してるのには、さすがに無言に。
指で頑張って引っ張り出して電源ボタン押してみたけど、うんともすんとも言わない古いTV。
壊れとるやんけ、コラ!!
ってなってリモコンの電源ボタン押したら付いたっていう…。
リモコン操作でまだ使えるから、そのままのもよう……。

でも、やっぱりバスとトイレに繋がる白い木製の扉と中見たら
PICT0251.jpg


シャイニング!!ってなってたり(笑)
shining.jpg


なんか、ここまできたら斧買って来てシャイニングごっこせなあかんのかっていう強迫観念すら芽生えて来るくらいシャイニング(笑)
(シャイニングはスティーヴンキング原作の有名な映画。気になる人はチェックしてみてねぇ。)


そんな、シャシニングなホテルにステイしておりました(笑)
オススメはしないけど、シャイニングごっこしたい人にはオススメするわ(おいおい。笑)


窓から見た眺め。
最上階に近い部屋だったから、下を歩く人がミジンコのよう。
DSC00028.jpg


::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::

Posted by Mai Aimheart on 06.2010   0 comments   0 trackback

Apple Bite Black and Orange Tour: 1

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
PICT0030.jpg

Apple Bite Black and Orange Tour:
1st Volume : Airport




日本にいなかった間にドラマの録画予約がぁ!NCISがぁ!って騒いでるところは2年前のUK旅行と何も変わってないMaiです(笑)
2年前も今も『NCIS』(アメリカの海軍犯罪捜査チームのCSI的なドラマ)(笑)

今回はNY、ニューヨークに行って来ました。

ことの発端はニュージャージーに留学した弟に会いに行こうっていうことになり、アメリカに行くんだったらHalloween時期がいいじゃないか!って言い出したのが約1月前、っていう急遽決定。

行こうかどうしようかってママンが言ってたんだけど、不確かな響きに「ふ~ん」
って聞き流してたアタシ。
「行くなら、Halloween時期がいいよねぇ。本場のHalloween。」って呟いたら
「見積もって来て」
って、「え?……ぇえ!?ホンマに行くの!?!?」
みたいな(笑)
しかも、アタシに丸投げですよ奥さん(笑)
確かにHalloween時期がいいって言い出したのはアタシだけど、丸投げ!?ってなりながら調べたり旅行代理店に行ったりとかもうそれはドタバタ…。


ということで、今回はHalloween旅行へ、初の…ではないんだけど気分的には初のアメリカに行って来ました。(過去にLAとハワイはあるんだけど、LAの時はベビーカー時代だったから記憶に無いんだ/笑)
毎回旅行の旅にバンドのツアー名みたいに旅行名を付けてるんだけど、今回は『Apple Bite Black and Orange』Tourに。
Halloweenなので。
Everyday is halloweenなゴスガールのHalloween時期の旅行だけに、そんなもん『しか』出て来ないので、普通の旅行の参考にはならないこと請け合い(笑)
そのかわりに、ガイドブックには載ってない店とか巡ってたりしてたんで、アタシと趣味同じ人は寄ってらっしゃいなレポです(笑)
ので、よろしくー。






しょっぱなは、空港編。

朝っぱらから、伊丹から成田に移動。
毎回恒例(?)手荷物検査と金属探知ゲートの所で厚底ブーツを脱いで身長低くなってゲート通過するアタシ。
日本間移動とか脱がなくていい場合もあるんだけど、金属部品いっぱいな厚底ブーツはいてるアタシだけはどこでもいつでも脱がされる(笑)
ちゃんとわかってるので、間違えてもこういう時にはうっかり親指に穴の空いた靴下はいてたりすることは、無いです(笑)

成田にあった変なカラフルなイカみたいなオブジェ。
10051584_823660228_216large.jpg


成田から乗る便の時間がお昼過ぎっていうこともあって3時間くらい余裕があったから、ご飯食べたりウロウロ。

空港の無印良品に圧縮Tシャツとか売ってて、普通の店にも売ってるのかどうか知らないけど、初めて見て思わず写真撮ってみたり。
写り込んでるのは、言わずもがななマクドナルドのロゴ(笑)後ろにあったんだよ。
このターミナル内に2個そして搭乗後の所に1個そして他のターミナル内にもあって、どんだけマクドナルド!!ってなってた成田(笑)
PICT0014-1(ドラッグされました)



折り紙博物館みたいなブースがあって折り紙作品が展示してあるんだけど、一部売られてもいて、ただのメタリックな紙を折って作られてるハズの指輪の値段に目を疑ってみたり。
値段的に石でもハマってるのかと探してみたんだけど、見つけられなくて、どうしてこんなビックリな値段なのか不明。
PICT0023_20101105233704.jpg



成田で見つけた哺乳瓶。(笑)
PICT0008-1(ドラッグされました)



なぜか、梅のお菓子が大量に売ってるから、うっかり梅のお菓子ばっか買ってしまったアタシ。
でも梅のシートになってる左のは……美味しく無かった……。梅っていうか都昆布の味しかしなくて…。
PICT0017_20101105233615.jpg



関空の見送りとかできる展望ビルは空港から結構離れててなかなか見難いんだけど、ここはすぐそばに設置されてて、見応えあったよ。
PICT0011.jpg


乗らないけどVirginエアラインの飛行機ばっか写真撮ってたり(笑)
好きなんだよね、なんていうか可愛くて。
ついこの間DITAが先頭に描かれてる女の人がDITAに変わって、同じ格好してVirginのイベントで活躍してたの思い出しながら眺めてたり。
PICT0010.jpg
848913760_248.jpg851941790_254.jpg



そして、乗り込んで機内食食べたり寝たり本読んだり。
PICT0032.jpg


ここのメインで食べた機内食のチキンが凄く美味しくて感激。
ベスト3に入るわ。
1位はロンドンからパリ行きの飛行機で食べたBLTサンドウィッチ。

日本の飛行機じゃなかったから搭乗員のほとんどがアメリカンなんだけど、どうしてだか、搭乗員のお姉さんたちみんなヘアスタイルがチョー80'sで、フルハウスくらいの時代にタイムトラベルしたような錯覚に何度も陥ってたくらい80's。
たしか……2010年だよね今年?あれ、1985年だった?みたいな(笑)


そんなこんなしてる間にNYに。



::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::

Posted by Mai Aimheart on 05.2010   0 comments   0 trackback

Coming Home!!

Category : Apple Bite Black & Orange Tour 2010(NY)
1-50.jpg

数時間前に、
ニューヨークから帰ってきたよぉ~~!!!

なかなかに、色んな意味でいっぱいいっぱいな旅でした。
楽しかったけど同じくらい色んな意味で疲れた。

ニューヨークのマンハッタン、ロンドンより狭いはずなのに全然行きたい所の半分くらいしか行けなくて、『何故!?』ってなってたわ…。
とにかく人が多い五月蝿い街でした。

レポはちまちまアップしていくつもりでっす。
でも、ロンドンより濃くはならないと思うけど、Halloweenだぁ!ってアホになってるゴスガールのアタシの旅だけに、そんな内容『しか』無いので普通の観光の参考にはならないからあしからず(笑)
誰もアタシの読みに来る人は、そんなもの求めて無いと思うけど。

明日は一日(洗濯大会以外は)ゆっくりする日の予定なので、ちまちま最初の出発の空港から追々書いてこうと思うわ。
UKの時みたいに書き終わるまで時間かかることないと思うし(笑)たいした内容じゃないけど読んでくれたらと思いますー。

上の写真は飛行機の中で読んでた本。
実はまだ読み終わってなかったんだな。
買ったんだけど、全然読んでなくて放置してて(苦笑)
Vampire Kissesっていうヴァンパイアロマンスのヤングアダルト小説シリーズの5冊目だったかな?の『The Coffin Club』。
心構え的には行きに一冊帰りに一冊で2冊読めたら素敵だったんだけど、結構そうはいかなかったのでした。
飛行機のいい所は読書できること。
バスだと酔って読めない質で、新幹線とかも苦手なんだよね。
空マッハで飛びながら座った姿勢で読書とか、飛行機シースルーにして想像してみたら、シュールでカッチョイーよね(え?/笑)



::Apple Bite Black and Orange Tour::Index::
Posted by Mai Aimheart on 04.2010   0 comments   0 trackback
 HOME 

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。