• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

Movie Day

Category : Movie Review: K
去る水曜日、
『Movie Day』と題して映画2本ハシゴしてきました。


まず見たのは『The King's Speech(英国王のスピーチ)』
10051584_1023318110_82large.jpg


賞が、とかいうのではなく、ヘレナ(ボナムカーター)が好きで、彼女目当てで観に行った映画。
ヘレナだったら行くのかっていうとそういうわけでもないんだけど、予告の時の服がナイスだったのとイギリスものの歴史ものっていうから。
英国の歴史ものの映画の衣装とか見るの好きなの。

が、しかし、受賞しまくりで話題になってたのと水曜日っていうのもあったのか、この映画『だけ』大人気で、開始までまだ余裕ある時間だっていうのに、前から2列目しか開いてなかったっていう。
キックアス思い出したし(これも、そんな大人気と知らず、開始時間余裕あったのに前から2列目だったっていう)。
最前列、端から端まで座ってるのを見たら満席の回だったかも。
凄いです。いつまでこの調子なのかわからないけど、混雑状況とかチェックして観に行った方がいいと思います。

でmイギリスの時代物の衣装なんか好きなのもあって、楽しみにして行ったけれど、やっぱり衣装が素敵な映画でした。
話も、素敵な友情物語。夫人の愛も感じられる。
歴史的背景や英国王室のことを少しでも知っていてみた方が面白いだろうな、という作品でした。(離婚が許されてない時代に人妻と恋に落ちた王子兄貴は、王の座を退位してまで駆け落ちして、吃音症の王子弟が即位、っていうとんでもなドラマがあったり)
思った以上にコミカル。
どもりな吃音症。あまり馴染み無いものだけど、映画を見ていたらそう珍しいようでもなく。
そういえば、どもる英国人で一番良く知ってる人物がいたのをこの映画を見ていて思い出した。
オジーオズボーン。
なるほど(笑)



で、次に見たのが『The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader (ナルニア国物語第三章:アスラン王と魔法の島)』
10051584_1023318113_213large.jpg


ファンタジーもの大好物なので、1作目から見てるシリーズ。
今回初の3Dだったけど、個人的にはどっちでもというか2Dで見たかったかな。3Dめんどうくさいっていうか、レンズのせいで画面暗くなるのが不満っていうか。

今回は長女スーザン長男ピーターが出て来なくなり、替わりに従兄のユースチスが登場するんだけど、すんげぇエエキャラしてますユースチス。
そして、声も男の子で全然18歳に見えなさ過ぎてビックリした(笑)
いや、ほんまに。18歳って知って観に行って。
絶対にビックリするから。(笑)

このシリーズの中で次男のエドマンドがお気に入りなんだけど、今回もなかなかイイキャラしてて、やっぱり一番お気に入り。
しかし、こんなに王子と仲良かったっけエドマンド?ってなったんだけど(笑)
一緒に寝てるから、仲良くなったってやつかな?(笑)

でも、なによりもネズミが最強にかわええ映画です。


1作目が好きだったんだけど、2作目はそこまで好きではなくて、この3作目、それほど期待してないで観に行ったんだけど、おもしろかったです。
1作目よりもと言うのは難しくて、同じ所に並んじゃうけど、アタシと同じく1作目好きで、2作目あまりぱっとしない感想を持った人はこの3作目見てみる価値はあると思います。
もちろん、2作目も好きだった人はなおさらだけど。

うっかりラストシーン泣いてしまったアタシ。

そして、アスランが段々ロリコン、ショタコンに見えて来てしまうのはアタシの目が腐ってるせいかしら、なんて思ったり(笑)

ナルニアはけっこう余裕で見れたから、席の心配はいらないと思う。
けど、4席向こうくらいのカップルが上映中もヒソヒソ話し声が五月蝿くて、でも距離的に注意するには遠過ぎて苦悩しとりました(苦笑)
イチャイチャも何でもしてもいいけど、お願いだから話すのだけはやめてくれ…。


そんなMovie Dayでした。
2本とも面白かったけど、ナルニアがこの日一番だったかなぁ。
予想外に、良かった。というか、ツボだったんだと思うわ。
スポンサーサイト
Posted by Mai Aimheart on 06.2011   0 comments   0 trackback

Movie month: Kick-Ass

Category : Movie Review: K
Kick-AsssPoster.jpeg


12月は見たい映画てんこもりで、
年末年始の混雑を避けて、やって今週の水曜日で見たかった映画全部見て、なんだかんだ映画マンスでした。

トップバッターはHarry Potterで、

2番目はコレ↑。

メッチャ楽しみにしてて、公開初日に行こうかと何度か思ったくらいに、楽しみにしてた映画

『Kick Ass(キックアス)』

だいたい毎週シネマ番組でアメリカで公開してる映画の紹介を見てるんだけど、この映画が本国で公開になった時に、「ナニこのダッサ~~~イアメコミギャグみたいなツボな映画は!日本で公開したらずぇったい見にいったる!」って思ってた映画で(笑)
それはもうB級な匂いがするアメコミ映画を楽しみにしてたんだよね。




そうしてる内に、日本の公式サイトができてTwitterもできたみたいで見てたら何やらコスプレして街闊歩して宣伝してたり、タワレコとキャンペーンしてたり、なかなか面白くてよく見るように。
で、本当に『原作アメコミ』が存在する映画っていうのを知ったり(笑)
実は、サントラがタワレコとタイアップするくらいに、思いがけず良いっていうのも知って、さらに興味津々になって楽しみにしまくってたんだよね。

だた、それだけだったから、まさか初日に行こうなんざ思わなくて正解だったとは、思いもよらなかった。

公開した最初の水曜日に行ったんだけど、この日は楽しみにしてたにもかかわらず寝坊して(笑)
観に行くつもりだった時間ギリッギリのスレッスレに着くくらいの時間。
電車が駅に着くなりダッシュしないといけないくらいに(もうギリギリどころの話じゃない/笑)
映画館近くになってくると、前方に走るお姉さんを発見。
どこか待ち合わせでもしてるのかって思ってたら、徐々に行き先が同じことが判明。

息も絶え絶え映画館になだれ込むお姉さんとアタシ。
そうしたら、3:15だと思ってた映画開始時刻、『3:55』だったことが判明。

30分以上余裕がある!!助かった!間に合った!!
ってホッとした瞬間、
だったら、なんで前方のお姉さんは猛ダッシュしてたの!?
っていうのに気付く。

それは、
満席間近だったから。

映画館のTwitterなんかで情報キャッチしたんだろうね、で、走ってたんだろー。
前列2列の数席しか空いてないっていう状況だったんだよね!
Kick Assどんだけぇえええ!!って心の中で絶叫してしまった。
だだって、ガラガラ(コラ)って思ってたんだ(笑)
なんか見るからに全力フルスイングでダサそうだし、何よりそこまで知名度があるなんてまず思わなかったから、なんじゃこりゃぁああ状態(笑)
そもそも、最近シネコンも、単館も、映画館大入りで見るなんて状況ほっとんど無かったから、未知の世界なかんじ。
ずっごい昔にボーリングフォーコロンバイン立ち見したくらいだよ満席なんて。
ひっっさしぶりの大入り映画館、新鮮で楽しかった。
後で知ったけど、初日立ち見売り切れだったり関東は映画館営業時間前に凄い長蛇の列ができてたんだとか。
その後も連日ほぼ満席だったり満席だったり。今も結構そんなかんじらしー。
ホンマ、Kick Assどんだけぇえええ!!!

チケットゲットして待ってる間にぞろぞろやっぱり人がやってきて席は瞬く間に埋まって行ってた。

そして、この日の服がタータンチェックのプリーツスカートだったりツインテールだったりして、微妙に映画の登場キャラクターのヒットガールのコスプレチックになってるのに気付いて、やっちまった感、少し(笑)

結局、前から2列目の一番端っこ(が残ってた中で一番いい席だった)で見ました。

ビシッとバシッと言っちゃうけど、アタシはニコラスケイジが好きじゃありません(笑)
ただでさえ、好きじゃないのに、ビシッとバシッと言っちゃう理由は、どういうわけか、ニコラスケイジとアタシの趣味が若干冠ってるらしいのね。
好きじゃない俳優ならその映画を見なければいいってなるんだけど、見たい!って思った映画に出てる確率が高い俳優で、「またお前か!!」ってなるっていう(笑)
このKick Assもそのパターンで、ニコラスが出てるんだよ。
「またお前か!」ってなったのは言うまでもなく(笑)

でも、そんなことさえ気にならないくらいKick Assおもしろすぎで楽し過ぎた。
最初から最後まで退屈しなくて、面白過ぎ。
R-15だからどんなもんだろうって思ってたら、R-15だった(笑)
人ばんばん死にすぎ(笑)
まず始めに、ヴァイオレンスモノや血がダメな人はオススメしません。
それが大丈夫な人は、見た後にスカッとする映画。だと思う。
何にも考えなくていいんだけど、色々心に残る映画でもあって。
ヒットガールがチョ~カワイイの!!
レッドミスト、ダサ男なのに、なんでかちょっと格好のせいかカッコよく見える不思議とか(笑)
そして、こんな設定のアメコミ原作の映画だから、突っ込みどころ満載すぎるんだけど(笑)その辺はアメコミだからスルーできるっていう秘密兵器が存在してるから変に複雑な映画よりも穴が気にならない(笑)
設定がクモに噛まれたとか、放射線浴びたとか、すんごいリッチで身体能力も抜群だとか、そんな非現実設定じゃないところが逆に親近感湧くと同時にリアルな感じがしてチョー非現実。
誰もスーパーパワー持ち合わせてないコスプレ集団の話なのに(笑)他のどのアメコミ原作の映画よりも一番アメコミらしい映画だった。
これにはビックリ。
グラフィックノベル(アメコミ)映画好きでよく見てるけど、これほどアメコミ!って思った映画は無かった。
あとは、選曲いい!!って思えたサントラの映画も久しぶり。
音楽との相乗効果っていうのがわかる映画で、サントラ重要!って実感した映画だった。
音担当の人たちに拍手!
文字通り、感想は「Kick Ass!!(最高!!)」。

こんな爆発的ヒット飛ばす映画になってビックリしてるけど、
それも十分に頷けるほど、
久しぶりに楽しい面白い、いい映画だった。
見てない人は、公開期間もうすぐ終了なので、急ぎで観に行くことオススメするわ。

本国でも人気で、日本でもヒットしたっていうのもあって、
続編制作がすでに決定済みだとか!!
続編も早く見れるといいんだけど!!
観に行くよ!観に行くよ!!

Kick Assの人気に便乗して、日本公開してくれないかなぁって思ってる映画が1つあるんだけど…
Scot Pilgrim vs. The Worldっていう映画で、前~~に一回紹介したことあるんだけど、
これも冴えない弱そうなオタク少年が主人公で好きになった彼女と付き合うためには、超人的パワー持ってる元カレ7人と戦わなければならないっていうムチャクチャな映画(笑)
同じことを思ってる人がいたようで、字幕付きで予告編アップしてる人がいたわ。


公開、しないかなぁ~~。
してほしいなぁ~~。

アタシの映画の趣味、よくわかるな今回(笑)
そ、こういうのが好きなの(笑)


やっぱ、ヒットガールのこのシーンとこの時の曲(元はジョーンジェットの曲)のシーンが好きだわ。
Posted by Mai Aimheart on 14.2011   0 comments   0 trackback

An American Girl

Category : Movie Review: K
あの、変態写真のまま日記更新してなかったので、常々早く更新しないと!って思ってたんだけど、なかなか時間が無くて書けず(笑)
とかいいながら今まで録画してた『ふしぎ発見』見たりしてたんだけど(笑)

で、気づいたら今もう朝の4時ですよ。

もう、どうしてくれようって時間。
この後映画見るのは、無理だ…。

明日、というか今日は1日フリーなので、朝スコーン焼いて朝食にしたろーと思ってるんだけど、なんだか昼に起きそうな予感…。
男性にはわからん、女性の日が近付くと恐ろしい睡魔(サンドマン)がやって来て夢も見ないような眠りに至らしめてくれるので、昼起き…かな…。
やらなきゃなこと山積みなんだけど…。

さてさて、昨日?
じゃないな、一昨日かな?

映画1本見ました★
今年始めに目標
「映画100本見る!」
っていうのを立てたので、今年に入ってから映画カウントしてるんだけど、この映画で……84本目。
そして年末まで…あと3週間ほど。

目標達成が目的じゃなく、映画を多く見て楽しんで何かを得ようっていう目的だから、作品をそこまで必死に見ないけど、進んでは見るようにしてって思ってたから………他にも海外ドラマとかTV番組とかも見てるわけで…………年内100本は……遠いな……。
なんて思ってた、今日この頃。

さておき。
見た映画は「キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー」っていう映画。
512gXxMUbcSL13.jpg

「アメリカン・ガール」シリーズっていうのが、存在してるらしくて、それの中の1つ…なのかな?
アメリカン・ガール・シリーズは日本では劇場未公開でDVDすらなってないのがほとんどみたいで、アタシも詳しくはないんだけど、WOWOWで放送してて見て知っていて、
今回見たのはそれとは少し異なる雰囲気だったんだけど、アメリカン・ガール・シリーズのもよう。
このシリーズは一昔前のアメリカが舞台のクラッシックデノスタルジックな雰囲気のある女の子が主人公でその女の子の視点から見たその時代を描いてる、映画シリーズ。

と、思ったら、どうやらアメリカで大人気のバービー人形のようなAmerican Girlっていう人形の、映画化シリーズのもよう。
アメリカの歴史を学ぼう、とかそういうのにのっとって、発売されてる人形らしく、色んな服はもちろん、おそろの服になれる人間用の服から、一緒にお茶できるカフェやレストラン、ミニシアターに美容院まであるとか…!!
そして毎月雑誌まで刊行されてるとか。
なんだそれ!!(笑)
人形好きには、たまらない場所なんだろうなぁ。
面白いね。
www.americangirl.com
っていうか、いっぱいイベントやってたり、施設(?)があったりするけど、どれも楽しそうなんだけど…!!(笑)
いいなぁ~~!!(笑)


さて、今回見たのは、

新聞記者を夢見るキットの家にも、世界大恐慌時代の波が押し寄せていた。そして父親が職を求めて家を出ている間、母親と住む家に下宿人を置き、家賃で生計を賄うことに。しかし、集まってきた下宿人たちはかなり個性的で、一筋縄ではいかない面々だった。アビゲイル・ブレスリンを主演に迎え、ジュリア・ロバーツ製作総指揮で贈るハートフル・ヒューマンドラマ。

っていう内容。
実を言うとアメリカンガールシリーズの映画が好きで(笑)
何がいいって、ノスタルジックでクラッシックなんだけど、ファッションが可愛いったらないの!
女の子が可愛いからってのもベースにあるんだけど、それだけじゃなく服も可愛くて似合ってる上に、雰囲気が良くて、そしてストーリーもいいっていう。
クラッシックでも中世までいかない時代好きは、是非、なシリーズ。
今回も可愛かったよ。
しかも、変な下宿人達で面白いし、アタシこういうの大好き。
子供向けっぽく見えるけど、アタシはオススメの1本。



他のアメリカンガールの映画トレイラー







Posted by Mai Aimheart on 15.2009   0 comments   0 trackback

VIVA Movie!! VIVA Queen!!

Category : Movie Review: K
事実上は切羽詰まってるとはいえ、締め切り前のクライシスな状況を打破した直後だから、少しばかり心に余裕を取り戻したから、昨日、というか時間帯では今日、映画見てたわ。
録画しっぱなしの映画は本当に凄い数があるんだけど(笑)、なかなか見ないのよねぇ。
なんでかしら……。

前回の日記の旅行レポで呟いてたテレビ番組、調べてみたところ、番組名が判明。
『週末シンデレラ 世界!弾丸トラベラー』っていう番組だそう。
土曜日の夜の11時30分から放送してる、っていうじゃない?
そう、ちょ~ど昨日が土曜日だったわけよ。偶然にも!!
これは私に見なさい!っていう神のお告げのように感じたわ!(笑)
今回の旅はハワイ島で、山頂から眺める神秘的な日の出を見るっていうのが目的のもので、それはもぉおおおビックリなほど神秘的で美しい日の出だったわ!!
富士山より標高高い山でね、眺める景色は一面の銀世界かと思うほどの『雲』の地平線。
そこから太陽が昇ってくるわけで、もう神秘的スギ。
ハワイっていったら、自然があってその土地独自の信仰があって、世界観っていうのが確立されてるじゃない。あの日の出はまさに『ハワイ』のものなんだなって感じたね。
神様が、クライストのような神様じゃない神様が存在するのを感じさせてくれたわ。
向かう前に映ってた満天の星空も、有り得ないくらいだったけどね。
日本もあれだけ暗くて自然もあって空気が奇麗で気温も低かったら、物凄い奇麗な星空を拝めるんだろうねぇ。
実際は北極星見つけられるほどしか見えないっていう悲しい現実なんだけどね。
夏の大三角形のか……見えないわよ!!
って実際行ったように書いてるけど、『行ってみたい』だからね(笑)
一緒に旅してるような気分になって見てたから。
楽しいよ。
実際行けないだけに(笑)
もし、私が億万長者だったら、見た次の日にプラン立てて行くわ(笑)そして、ブログに動画とかでリポート載せてあげちゃう(笑)
誰か支援してくれるなら、いいけどね。(笑)夢だね、それって(笑)
次回はニューヨークだそう。NY最新ファッションを!なんて言ってたし、楽しみ★
こんなことなら、もっと早く番組チェックしとくんだった…。
この番組を知ってる人は、ああ、あの番組ね、って思うでしょう。
え、そんな番組あるんだ、っていう人は是非チェックしてみて。
過去の旅行と今回のハワイのは番組のホームページで見ることが出来るようになってるから、興味ある人は是非チェックしてみるといいわ。
近い内に海外旅行考えてる人は、ちょっと考慮に入れてもいいかもって思うものがあるかもしんない。
久しぶりに民放でお気に入り番組を見つけたわ。
今までは『ふしぎ発見』だけだったからね(笑)
あ、最近もう1つ増えたけど、それは最後の方に書くわ。


って、いつもよりもとってもおネエ言葉なのには、実はワケがあったりして。


その、今日の深夜に見ていた映画が『キンキー・ブーツ』だったから。
21TRpu7qNcL.jpg

この映画は公開前からずっと見たかったんだけど、見逃してしまって。
レンタル開始するも、なっっかなか準新作になってくれなくて、そんな中やっとwowowで放送してくれることになって狂気爛漫し今に至るわけなんだけど。
ついに見たわ。な映画(笑)

話は、倒れる寸前の老舗紳士靴工場を急逝した父から継ぐことになった男が主人公。なんとか立て直そうと思うものの紳士靴の売れ行きは明るくなく在庫は山のようにあり、途方に暮れる中ロンドンで男に絡まれてるのを助けた(?)女性に出会ったが、実は彼女は男でDrag Queenだった。彼(彼女)の悩みは無理矢理はいている女性用のブーツのヒールが体重に負けてすぐにダメになってしまうこと。
なんとか工場を持ち直したい彼が考えついたのは、『特殊な』紳士靴を作ること。つまり、Drag Queen用のセクシーでファビュラスなブーツを作り、そしてミラノ市でコレクションを発表すること。
思い立った彼はすぐさま彼女(彼)の元に行き、協力をあおぐ。
そして2人のキンキーブーツ作りが始まる。

いわゆるサクセスストーリーのちょっと変わったヴァージョンかって思うけど、実はこれは実話。
本当にイギリスの老舗紳士靴の工場が起死回生にDrag Queen用のブーツを作ったんだそう。
Drag Queenの聖地ロンドンのあるイギリスだからこそ有り得た話なのかもね。
まぁ、『聖地』なのかどうかは、知らないんだけど(笑)
ゲイ・バーとかDragショーのあるクラブやバーのリストやサイトがイギリスの観光局のパンフレットに載ってるくらいに、知名度があるのは確か。
知ってる限りでは栄えてるのはNYとロンドン。
どっちが『聖地』なのかしら?知ってたら誰か教えて。
ちなみに、最近じゃ有名になってきてるから知らない人も少なくなってきてるかもしれないけど、Drag Queenとはド派手な女装をして歌ったり踊ったりショーをする人達のこと。
大体はゲイだったり心は女性の人だったりするんだけど、中には女装が趣味だったりDragショーに魅力を感じてやっている人も。
まぁ、これ読んでる人はきっと皆知ってるとは思うけどね。

で、映画の感想はっていうと、 楽しかったわ。
工場がメイン舞台で、靴職人の映画って空気が少しする映画だったかも。もっとDrag Queenたちがバンバン出てその毒舌とユーモアでブーツの批評でもしてるのかとか想像してたもんだから、少し期待しすぎて残念。
彼女(彼)の経営してるクラブで『紳士、淑女、そしてどっちにするか迷ってる皆様!』(レディ~スェンジェントルメンってやつね)っていうセリフには思わずニヤリ(笑)
一番の見所は、最後のランウェイでのDragショー!!
ブーツはもちろんなんだけど、服装からメイクまで見てるのが楽しいDragダンサーたち★
おネエをなめんじゃなぃわよ!!って言わんばかりの映画(笑)
でも、男の彼とどっちつかずの素敵な彼女が主人公っていうより、靴が主人公ってイメージの映画だったかな?


最近、発見したお気に入り番組があるの。
前にネットの広告に載っていて名前は知ってたんだけど、実際にどんな番組か見たことなかったのよね。
興味はあったんだけど、いつ何チャンネルで放送してるかも知らなかったし、関西方面で放送してるのかも知らなかったから見ようがなかったんだけど、神様は私を導いた(笑)
た~またま家にいてTVをつけていたら、ドンピシャリ。
ホラ、あなた目かっぽじってご覧なさい!
『おネエMANS』(笑)
ああ、私の芸(ゲイ)術の神様が導いたのね!!ゲイ(アー)メン!(笑)
それで、ビックリ。
こんな面白い番組だったの!?
まるでファッション雑誌を見てるような気分にさせられる番組。これ、言い過ぎじゃないから。
IKKOさんを筆頭に各分野のプロフェッショナルなおネエ(ニューハーフ)様が勢揃い。
美容、ファッション、料理から色んなものを紹介。
この間はクリスマスのコフレなんかを特集してたり、毎回トレンドファッションや着こなし術のアドヴァイスなんかもあったり(私の場合GOTH girlだから大きくは関係ないんだけど、着やせの基本とかは一緒だからね。)。
しかも、この番組。1時間番組っていうのが嬉しいところ!!
男性は見なくてもいいけど、女性とどっちにしようか迷ってる方々(笑)は是非一度は見てみることをオススメするわ!
きっと、楽しいに違いないから。
私はあれから毎週キッチリ見てるわよ★って言ってもまだ2回しか見てないんだけどね(笑)
関西では火曜日の7時から放送してるわ。関東方面や地方も一緒かもしれないけど、時間帯が異なるかもしれないから確認してね。

ということで、なぜ今回こんなおネエ言葉なのか、わかっていただけたかしら??(笑)


Links:

週末シンデレラ 世界!弾丸トラベラー

おネエ★MANS
Posted by Mai Aimheart on 02.2007   0 comments
 HOME 

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。