• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

Black Swan

Category : Movie Review: B
220px-Black_Swan_poster.jpg


水曜日はレディースデイ。
ということで、『ブラック・スワン』観に行ってました。

今更!?って思ったでしょ。
ええ、今更です。理由は2つあって、ね。
1つは、客足引くのを待ってたら、もういいやぁってなった。
2つは、トビー(Toby Hemingway)が出てるのを失念していた。
です。

浮かれてたのか何なのか知らないけど、その日足を足下にあったプラスティックのboxに思いっきりぶつけて足を負傷(チーン)
ぬぉおお!!ってもだえたんだけど、なかなか痛みが退かないので、ああ、これはって思ったら案の定すぐに内出血して腫れて、骨にヒビいってるみたいです(苦笑)
こんなことになるの3度か4度目なので、意外に慣れたもので、冷静に冷やして湿布貼って素知らぬ顔してビッコひいてるという。

故に、チュチュもゲットしたことだし、
チュチュにヒールで観に行こうと思っていたのに、ヒールはけずにラバーソール系靴っていう残念なコーディネートに。


ブラックスワンの感想は、最近、映画記録用にブログ作ったブログにアップしてます(やっぱり作ったか、って思ったでしょ。笑)
なんかちょっと『続きはウェブで』状態だな。ゴメン(笑)
Manic Projections:
http://manicprojections.blogspot.com/
まだ最近観た映画のしか載せてないけど、更新知らせるほどでもないような映画なんかの感想はしれっとここだけにアップされてたりします(笑)
ブログ見たらアタシがどんな映画観るのかバレバレだろうけど(笑)
ネタバレ注意です。

ブラックスワンのページ:
http://manicprojections.blogspot.com/2011/08/black-swan.html


目的だったTobyのトム役は、予想通りちょい出だったわ。
相方ジェリー役は、気付かなかったけどセバスチャン・スタンだったと判明。The Covenantで敵役だった彼だよ。まさかのTobyとの友達役として再会(笑)

あ~、トビーの『In Time』日本公開してほしいなぁ~~~~。
スポンサーサイト
Posted by Mai Aimheart on 05.2011   0 comments   0 trackback

Movie month: Burlesque

Category : Movie Review: B
burlesque.jpg


そして、最近、最後、4番目に観に行ったのが

『バーレスク』


どうしようか、迷ってた映画だったんだけど、どういうわけか、これ観に行った友達がダントツに多くて(キックアス観に行ったってのが多かったら多かったでそっちの方がビックリするけど。笑)、
みんな口揃えて良かったってススメてくるから、
そこまでオススメされるなら行こう、ってなって行ったの。

最初バーレスクっていうから、アタシのどぅあい好き(大好き)なバーレスクダンサーのDITAのやってる、本当のバーレスク

の映画なら観に行く気満々だったんだけど、どうやらそうじゃないらしいっていうのがわかって渋ってたのよね。

感想は、
普通にそこそこいい映画だったよ。
でも、これも映画見てるって感じがしない映画だった。
わかりやすいストーリー展開に歌って踊る、ミュージカル映画なんだけど、最初からずっとミュージカル見てる気分で、曲の最後に上手く映画内の観客の拍手入れるように作られてるから、つられてミュージカル会場みたいに拍手しそうになったこと数回(笑)
よくミュージカルが映画化してシカゴとかマンマミーアだとかあるけど、これは逆にミュージカルにすればいいのにってなる映画だった。
映画っていうよりミュージカル。
そういう意味で面白い映画だったかなぁ。
ミュージカル行ったこと無いけど興味ある人へのミュージカル入門にどうぞってかんじだったかな。
わかりやすいストーリー展開とショーにセレブ俳優にラインストーン、っていう感じが、デート目的でしか映画館来ないような女子の女友達と行く映画にもなってたもよう。
そういうアタシもキンキラなエンターテイメントってショー大好きだから楽しめたわけなんだけど、
結局何が『バーレスク』なん、っていう突っ込みが終始つきまとう映画ではあって(苦笑)
アギレラとシェール以外は口バクのダンスショーで、ドラッグクイーンのリップシンクショースタイルでバーレスクでもなんでもなく、セクシーに歌って踊るのがバーレスクだって勘違いされかねんデキではあったから(カンタンに言うとバーレスクはアートなストリップショー)、
諸番でアギレラがバーレスクの本見たり、それらしいシーンが一瞬くらい出て来たけど(鏡使ったり、脱いだり)、知らない人には一体なんで全裸になってるのって思うようなシーンではあって、他は別にバーレスクショーではなく、
バーレスクってタイトルにすべきだった必要性は一体何…ってところがやっぱり気になった…かな。
バーレスクといったら、この人が関係しないはずがないっていうDitaが全然関与してなかったのも、頷けたわ。

なので、バーレスクと思ってこの映画を観に行ってはいけません(笑)

別物のエンターテイメントショーの映画って思って、
そして、衣装とミュージカル映画としては素晴らしいので、
ミュージカル映画観に行くって思って見に行くといいと思います。

つまり、バーレスクってタイトルにしなかったら、全然評価いい映画なのでした(笑)

この映画のお気に入りキャラは、クラブの受付してる化粧濃いゲイっぽいおっちゃん(笑)

本当に、ミュージカル見た気分だった。
あ~終わった、ゆっくりブラッと歩きながらトイレに行ってそれからクロークに行こうかなってなるかんじで(笑)
Posted by Mai Aimheart on 14.2011   0 comments   0 trackback

Burn After Reading

Category : Movie Review: B
昨日は友達とBurn After Readingを見る約束を12時にしてたけど、夜更かししすぎてたのかハッと起きたのがジャスト11:30……(笑)
これは間に合わん!!
と思ってメールして、用意して20分で家を出たという。
飯は抜きにしてでも、フルメイク(笑)20分とか我ながらスゲー(笑)
勢いつきすぎて廊下で滑って自室のドアの前通り過ぎたりしてたけど(爆死/素でコメディー)
過去最高記録は30分だったんだけど、これで記録更新(笑)

で、結局友達も遅れてて、待ち合わせ通り会ったってかんじだったっていう(笑)


祝日で混んでて1回見送ってSUBWAYランチすることに。
やっぱりSUBWAY大好きオ~イェ~!
けっこう前にSUBWAYに行った時に隣に外人のお姉さんがいて、「Freshって言っても、所詮First foodだからねぇ~。」と言いながらガッツリ食ってるのを目撃したことあるんだけど、別にFirstが全部ダメってわけじゃない気が…。

で、Burn After Reading見たんだけど、何事もないかのように話が進んで行き、大したことないように死人が出~の、結局大したこと……あったかな?なかんじなんだけど(笑)
所々にヘラッと笑ってしまう部分があって、私のドツボはエンドクレジットの曲だったな(笑)
でも、いつも思うけど本編終わったらすぐ帰っちゃう人って多いんだよね。
ショーモナーで片付けられることもできるくらいのクォリティーやけど、ナイス選曲っていうか作曲なのに、もったいない。(笑)
old_school_coen_brothers_are_back_with_burn_after_reading-p1.jpg



その後は雑誌でDITA見たりとかしてウロチョロしーの、雑談しーの、で終了。

それにしても、マンソンと復縁してほしいなんか思わないけど、なんだか今後DITAが来日する機会が本当に無い気がして、PJのイベントに当選しなくて行けなかったのが凄く悔しいわ……。
一度会えただけ、ものすごくラッキーだったに違いないけど。
Posted by Mai Aimheart on 30.2009   0 comments   0 trackback

多忙週間間ネタ&出来事ダイジェスト!8 -Bridge to Terabithia-

Category : Movie Review: B
見た映画は『テラビシアにかける橋』。オリジナルタイトルはBridge to Terabithia。テラビシアをちゃんと言いたい人はテラビシアの『シ』の発音に気をつけて(笑)
1年前全米でリリースされてからずっと見たかった作品で、試写会に当たって嬉しかったんだよね、だから泥沼のように睡魔が襲ってたとしても見たかった訳で。
不思議なことに映画館でどんなに眠くても寝たことの無い私で、この日ほど眠い日はなかったろうに、眠気なんか忘れたかのように真剣に見てました(笑)
なんていうかね、切ない話で泣けるよぉ!!
ネタバレになるからあまり言わないけど。
今もなおだけど、私も絵描き少女だったし、共感する部分っていうのが物凄く沢山あって、そのせいもあってか、とっても泣けてしまったわ。
思ってたよりも全然ファンタジーなクリーチャーは少なかったんだけど、その少ない中の個々のデザインっていうのはとても光っていて子供が考えたんじゃなくてクリエイティブな大人が考えたんだろうなぁ、なんて思ったり(笑)
でも、凄いスタイリッシュなクリーチャーとかいてとても好きだったな。ラストあたりで出てくる首から腰まで鳥かごになってる女の人がいるんだけど、凄いツボ。
『ナルニア国物語』を制作してる所だけあるなぁ、っていう『ナルニア』色の強いクリーチャーなり作品でした。
『ナルニア国物語』よりも『Lord of the Rings』が大好きな私なんで、ライラの冒険は凄い楽しみにしてるんだよね、LOTRみたいな話には絶対に勝てないと思ってるけど、とにかく。(笑)
なんかヴィジュアル面よりもとにかく、話が凄くいい話だったね。
そしてアナソフィアちゃん(チャーリーとチョコレート工場のガムず~っと噛んでる女の子)が可愛かったね!!
そんな『テラビシアにかける橋』は23日から公開デス。

そして、今日(日付的に昨日)からスウィーニー・トッド公開☆
ママンは試写会で既に見て来てて、友達も早々に観に行ったらしくて、私も早く足を運ばなくては!ってかんじ。
Posted by Mai Aimheart on 20.2008   0 comments

BROKEBACK MOUNTAIN

Category : Movie Review: B

『ブロークバック・マウンテン』
美しいワイオミング州の山々。ふたりのカウボーイが羊を放牧している。ワイルドで牧歌的な風景に奏でられるのは、彼らの愛の物語。男同士の関係を描きながら、これほどまでに万人を感動させる映画は、過去になかったかもしれない。イニスとジャックは、ブロークバック・マウンテンで燃え上がった愛を、その後、失うことはなかった。ともに妻を迎え、子どもを授かっても…。

劇場で見たいなぁって思ってたけど、いつも通り行けなかった作品(笑)
なんか心に残る一作ってかんじで、今の時代だったらきっともっと幸せになれてたんだろうなぁ、なんて切なく思ってしまうわ。
2人の性格がそれぞれの大きな人の生き様みたいなものも、現わしたりしていたり、深いです。泣けるよ!
な~んていうかなぁ………好きです(笑)
Posted by Mai Aimheart on 09.2007   0 comments   0 trackback

I am Beowulf!!!(笑)

Category : Movie Review: B
その昔、イギリスに北欧神話が伝わった時代に書かれた話。
それがこのBeowulf。

そして、アンジーのほぼヌードCGで話題を呼んでいた映画。
それがこのBeowulf。(笑)


ということで、昨日は夜にBeowulfを観に行って来たよ!
ネタバレなっちゃうかもだから、気をつけてね。

例の300のThis is Spartaaaa!!!にとても似てるI am Beowulf!!のCMでおなじみ(?)の(笑)
3本くらい見たい映画候補があって迷ったんだけど、格差でBeowulfの勝ち。
やっぱり、ファンタジーものには弱いっていうことで。

で、見たよ。
実は、ベオウルフを最初の数ページしか読んだこと無くて話を知らない私なので(笑)オリジナルとどのあたりが共通していて、どのあたりが変わってるのか、もしくは同じなのかっていうことはわからないんだけど、なかなか面白かったかな。
話自体は魅力があるんだけど、時間枠のせいかどうか、なんかメインとなる焦点がどこに向けられてるのか、イマイチ。
ベオウルフの数奇な運命を描いた作品なんだけど、もう少しひっぱるのかと思いきや急に老けたりと展開が早くて話に入り込めない部分がそう思わせたのかもしれない。
しかし噂通り、フルCGの凄いこと凄いこと。
ビックリだね!!
さすがっていうくらい、素晴らしい映像だった。
でも、実はこの映画3D上映もあって、映像は3D前提で作ってあるものだから、遠近感が凄くて映像もわざとらしいくらいの遠近感が凄く出る撮り方だけに3Dで見てない私はちょっとつまらなかったかも。普通の映画というよりはエンターテイメント性を高くした映像ってかんじ。
印象に残ってるのは素っ裸のベオウルフの見せてはいけない部分を色んな障害物でもってひたすら隠すその巧みさに笑いそうになったり(笑)
グレンデルがキモいのなんの!!ってとこかな。なんかね、苦手な人は結構苦手かも。
故に、5つ星評価なら、3つ星かな?な映画だったかな。
CMでLord of the Rings+300とか言ってるけど、LOTRと比べちゃいけないよ!

でも、見るなら3Dで見てみたかったかも。
でも3Dは先端恐怖症の人にはオススメしません、って映像デス。友達が見たらきっと発狂してそうなくらい槍とかの先端が突き出て来ます。
関西ではブルク7が3D上映システムを導入したらしく、2000円かかるけど、見ることが出来ます。レディースデイとかの割引も適応されないので、2000円。
金欠だった私には出せなかったんだけど、見てみたかったな。
次回…ってかんじかな。次回の3Dは何か知らないけど今Star Warsを3D製作してるって聞いてるし、なんといってもティムバートンがアリスを3Dで撮るんだから、絶対コレはココで上映だよね!!
まぁ、興味ある人は、是非見てみて下さい。


Links:
Beowulf
Posted by Mai Aimheart on 08.2007   0 comments
 HOME 

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。