• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

Hesher

Category : Movie Review: H
Hesher-Poster.jpg

水曜日は、友人Y&Rと映画Dayでした。

観に行ったのは『メタルヘッド』(オリジナルタイトルは『Hesher』)

開始前に現地集合!って集まったわけなんだけど、メタルヘッドだしってこともあるのか、結構ロックな格好の2人。

そしてアタシは暑さに負けてLip Serviceのワンピース。
もう少し、メタリカのTシャツとか着て来るんだったな、ってなったわ。

どちらにせよ、相も変わらず同じような格好してる人ばかりなのに、私たちみたいな格好してる人は全くいないわけなんだけど。




会場は水曜日だからなのかよくわからないけど、とりあえずメタラーがいるんだと思ってたら、無縁そうな人ばかりが観客でビックリしたり。
たぶん、俳優目当ての人ばかりなのかもしれないけど。

ミニシアターだから自由席の整理番号順入場なわけで、なんだかライヴ会場みたいな(笑)
「メタルヘッドのお客様」ってフレーズも、「はい、メタルヘッドです!」ってなりそうになる(笑)


そして、見たよメタルヘッド(Hesher)。

感想は映画ブログの方で。(ネタバレ注意)





その後は、クリスピークリームドーナツで喋りまくって、
途中で1人用事で抜けて、残り2人でスタバに場所を映してさらに喋ってた。
だけど、英国の暴動まっただ中だったのもあって、ショックを隠せない英国フリークスなアタシたちはけっこう終始ブルーでその話ばかりしてたり…。
本当に早い沈静化と復興を願ってます。
本当にショックだった。

スタバで、毎度のようにケーキならチーズケーキ食べてしまうアタシなんだけど、緑色にチョコレートブラウンの配色が可愛い『ライム&チョコレートケーキ』っていうのが目に入ってそれ食べてみた。
チョコレートは濃厚しっとり密なクッキーに近い堅焼きケーキ層で、上にプルッと甘酸っぱいムースとクリームっていうケーキで、このスポンジケーキ的な存在が皆無のケーキはポイント高く、美味しかったわ。(シロップしみ込ませたスポンジケーキやムースにスポンジ挟んでるのとかロールケーキとか好きじゃないアタシ)
10051584_1258038731_6large.jpg

スポンサーサイト
Posted by Mai Aimheart on 13.2011   0 comments   0 trackback

Harry Potter and the Deathly Hollows part ll

Category : Movie Review: H
hpdh_part2.jpg

去る水曜日、早々に観に行って来ました、ハリーポッター最終回。

水曜日だし混むだろうなと見越して、前日にチケットを購入。
だから、席の場所は申し分無かったんだけど、後に周りの席を買った人たちが今までで一番最悪な人たちでもの凄いショックだった。
左側は、5人組くらいの若い兄ちゃんたち。右側は2人組の若い姉ちゃんたち。
この2組は友達とかそういうわけじゃないんだけど、2組の共通点は『携帯電話』。
ちょうどアタシの隣に座ってた兄ちゃん、なんで携帯を脇に置いてるんだって思ってたら、案の定メールの着信知らせのライトがチカチカチカチカものすごい気が散るわけよ。
ポップコーンのカップで視界から遮ってなんとかやり過ごしたら、今度は反対側の姉ちゃんが終盤5分おきに携帯で時計見て気が散りまくるとかいう……。
そして、エンドクレジットが流れ始めたら、外に出ればいいのにめちゃくちゃ喋りだす兄ちゃん組……。

違う意味で泣きそうでした。
事前に『携帯電話の電源は切ります』『私語は慎みます』とか書かせたらいいんじゃないかって思ってしまったわ。だって、10年におよぶ最後がこれって……。
ほら、20日梅田のTOHOシネマズの6時のp列に座ってたあんたらよ、ほら。
アタシが杖持ってたらアバダケダブラ言うてるわ(笑)



さて、映画ですが。
実は原作読めてない組で(笑)、結末知らないで行ったんだよね(だからなおさら楽しみにしてたんだよ!)
そんなものに時間裂けないっていうのもあったのかもしれないけど、バッタバタ死んで行くんだけど、その死を惜しんだり悲しんだりしてる暇が無い。
誰が死ぬのか、だとかそういうことは知ってたし、ことごとくどれも好きなキャラクターばっかなわけで、もうちょっと惜しませてくれってなってしまった。
ドビーはあんなに引っ張ったくせに。

でも、2部に分けてもコレだったんだから1作にまとめられなくて良かったんだなって納得したわ。
最初、またなんか2部にするとか出たよ、って思ってたんだけど。
Lord of the Ringsみたいにスペシャル版上映とか後に無いかなぁ、って思ってしまったり(未収録シーン追加した、トイレ休憩挟む3時間くらいの上映があった。)

最後なので、今までの謎も一気に明らかになるんだけど、泣いたわ…。
そして、マルフォイは最後までマルフォイなので、笑ってもうたわ(笑)

結末を知らないで、色々想像してたアタシだっただけに、こんな結末想像してなかった(笑)
ストレートに考えてそれ(本当の結末)が普通なんだろうけど、あまりにも想像しすぎたのかな、違う結末を期待してしまってた(笑)
どんな結末を想像してたかって?それは……あんまりハッピーエンドじゃないエンディング、とだけ言っておくわ。見てない人たくさんいると思うから。
どんなエンディング想像してたか気になる人はメッセージにて(笑)

この映画を楽しむには、最低でもこの世界をわかってる人でいることが条件だけど(ホグワーツってどこでデスイーターって何とか言う人は見てもわからないと思うから。そういう意味でも、それから、あんまりにもシリアスで暗い回なのでデートムービーにはオススメしない。)
1作目からおさらいしなくても、前作のPart lを見てる方が絶対にいいと思うわ。

今回が最後だったHarry Potter。
最初の賢者の石の頃を思い出してみたら、あの世界観がここまで発展してハリーたちもここまで成長したのは凄いと思わされたわ。
最初、あの魔法の世界が不思議な話の世界を覗いてる気分にさせられていたけど、段々ハリーポッターの専門用語が増えてわかるようになってくると、その世界が1つの地球上にある確立した国みたいになってくるんだよね。
そして、実際に地球上で有名なハリーポッターがホグワーツに入学してからずっと見続けてるだけに、ちょっとした知り合いみたいな気分も少しあって、こうしてこの世界が終ってしまったのは、少し寂しいです、今でも。
映画を見た後、本当に終ってしまったんだって感じさせられるから、余計に。
そして、最近の子供は本を読まないとか言われてる中でこんなにもロングランなヒット映画は未だかつて存在していなかったのを思えば、どれだけ凄いのか実感するだけじゃなく、それを生み出したJKローリングのひらめきと才能がどれほどのものだったのかと感じるわ。
支持するファンがいなければ3部作って決まっててもライラの冒険のようにいつまでも続編が出て来ないなんてことは普通に起こりえるんだから。
それに現代において世界中で誰もが知ってる本の登場人物が出て来たっていうのは本当に珍しくて凄いことだよね。

最後、欲を言えば、さっきも書いたように死を惜しませてくれと思ったことと、
戦闘シーンが多いんだけど、もう少し激しさが欲しかったかな。武装した軍たちじゃなく、杖と魔法の世界で教師と生徒達とかだから仕方ないんだろうけど。

そのくらいで、他は満足だったよ。

そして、映画の中で楽しみにしてたのはヘレナ演じるベラトリックスなんだけど、今回もキュートだったよ。
ヘレナのベラトリックス大好きなんだよ。
衣装はゴージャスで、狂気じみたサイコパスなところがたまんない(笑)
そんなヘレナを見るのも今回が最後だったんだけどね。

ロンドンのワールドプレミアがあった時、アタシはリアルタイムで起きて生中継を見てたんだけど、ヘレナの鞄があまりにもカワイイから気に入ってしまって探して見たんだけど、結構古いルルギネスのバッグだというのが判明。
harry-potter-deathly-hallows-london-premiere-070711-07_20110725174414.jpg
ルルギネス、いつもお店のショーウィンドウで立ち止まって堪能しては通り過ぎてたんだけどもっと中に入って見てみるべきだって確信したわ。
今でてるI love Londonのバッグも殺人級にカワイイし!
値段はするし、ぇえい!自分で作ったろう(ソレかやっぱ。笑)っていうか最近考えてたバッグに似てるんだ(笑)

ロンドンプレミアは、エマワトソンのフラッフィーでエアリーなドレスがカワイイ!ってなったんだけど、
JKローリングの壁紙かテーブルクロスみたいなドレスもカワイイ!ってなって、
なかなかにプレミア見てるのは楽しかったわ。
20110708-00000311-oric-000-0-view.jpg

後で、ハリーの特番見てたんだけど、その時アランリックマンがコメントしてたコメントにちょっと笑ってしまった。笑うべきコメントじゃなく、ありがとうって思うべきなんだけど。
「日本のファンのみなさん、今までたくさんのファンレターやプレゼントをどうもありがとう。是非これは言っておくべきだと思うが、日本人は最も美しい字を書くんだ。他の国の人たちは見習うべきだね」
って。
字が奇麗だそうです(笑)外国人の友達や知り合いのメモや手紙の文字見てて常々活字で打って来て欲しいって思うくらい凄い字書くので、ものすごいわかる(笑)
そうやって言ってくれるアランも素敵だよね。

そんなハリーポッター。
終ってしまいました。
凄い寂しい。
Posted by Mai Aimheart on 25.2011   0 comments   0 trackback

Harry Potter and the Deathly Hallows Pt.1

Category : Movie Review: H
harry_potter_and_the_deathly_hallows_movie_poster.jpeg


去る水曜日、Harry Potter and the Deathly Hollows Pt.1を観に行って来ました。

ネタバレになっちゃうからさらっと終わっちゃうけど、なかなかスケールがデカくなって、終始絶望感が常に漂っていてすっごい暗い映画になってたよ。
そして3Dではなかったけど、映像の撮り方がバッッッッチリ3D用に撮影されてたよ。
最近なんでも3Dにしようと3D用の撮り方するのがちょっと不満だったり。

ただ、最後のこの原作読んでないからか、今までの映画全部見て来たし本も読んで来たんだけど、映画の次々進んで行くのに着いて行けなかったアタシ。
なんというか、Deathly hollowsならぬdeathly followsみたいな(笑)
次の展開に移って少ししてからやっと、ああ、こうなったからこの行動になってるのね、ってかんじで映画のテンポから1テンポずれて追いかけてて勢いにノれないまま見終わってしまった。

しかし前編だし、前編後編編成なの前提で作ってるだけあって『次回に続く!』ってアッサリ終わってしまった。
Pirates of the Caribbeanの2と3のように。

しかし、今回もチョー可愛かったよヘレナ(ボナムカーター)。
衣装さんと彼女のスタイルに、拍手!!

そして、一体誰やお前、っていうくらいさらにマルフォイが大変身しとったよ。
昔の可愛かった面影はもはや魔法でもかけられたかのように皆無です(笑)
しかし実は役より年上で年齢近かったのね、彼。知らなかったわ。

今回アランことスネイプがあまり出て来なかったんだけど、その代わり出だしからドーンとビルナイが登場して下さるので、UKのナイス爺大好きな皆さん、安心して(笑)

しかし、この出来上がった魔法使いの世界、凄いなぁって思いながら見れる映画です。
とうとう最終回になってしまったんだけど、ここまで映画化が続いたことと、この映画が指輪物語やナルニア国物語よりもずっと最近できた話でいて世界中の誰もが(話はともかく何かっていうことを)知ってるっていうのが凄いなぁ、って思います。
だって、一番最初の本が出版されたのをこの目で見たくらい新しい本なんだから。

本当に最後の最後の回が上映される来年までに、原作最後まで読み切って観に行きたいと、思ってます。
Posted by Mai Aimheart on 19.2010   0 comments   0 trackback

Friday I'm in Love

Category : Movie Review: H



最近全然ドラマばっかりで映画見てなかったんだけど、昨日と今日と、映画見てたよ。

最初に見たのは、『He's just not that into you(そんな彼なら捨てちゃえば?)』。
images.jpeg

見たかった映画なんだけど、別に昨日見るつもりは無かった映画(笑)
だけど、出だし少し見たら止まらなくなっちゃって結局そのまま見てしまって。

意外って言ったら悪いんだけど、予想を裏切って、
とっても面白かったよ!

なんで彼は電話くれないの?とか、そういうよくある話題を中心に、ラヴ・アクチュアリーみたいに数組のストーリーが多角的に進んで行くタイプの映画で、
邦題だとしっくりこないんだけど、オリジナルタイトルのHe's just not that into you(それは、ただ彼は君に興味が無いだけ)っていうのがバッチリな映画。
この『He's just not that into you』がずっとついて回る話。

本編よかったからっていうのもあるんだけど、この映画のエンドクレジットで流れて来た曲でテンション爆発(笑)
The CureのFriday I'm in Loveっていう曲↑
ホラ、80’sの、『今』じゃない曲なわけで、まさか使われてるなんて思わなくて、でもこの曲映画にピッタリだわ!思って。
この曲好きなんだよねぇ。
なんていうの?『この映画』は別に学園モノでもなんでもないんだけど、青春学園モノしかも『80's』が透けて見えるような曲で。
今のじゃないの80’sのなの。
たぶん、わかる人は首縦に何度も振ってくれると思うけど(笑)

この曲のせいで、最後にこの映画の評価がガツーーーーン!と上がったわ(笑)


そういうのもあって、次見た映画は
録画しっぱなしにしてたジョン・ヒューズの映画特集の1本。
pretty-in-pink.jpg

ジョン・ヒューズは、映画監督で学園モノ映画の基盤を築いたボス的な存在だった人で、
よくあるロッカー並ぶ廊下で色んなことが起こり、自分が一番偉いと思ってそうなチアリーダーなグループがいたり、見下されてるオタクなヤツらがいたり、っていう(笑)ああいう典型的なヤツの基盤の人。
後半はホームムーヴィーを撮り始めたんだけど、『ホームアローン』とか『ベートーベン』とか監督したり脚本したりしてて、一度は彼の作品を見たことある人が多いと思うけど、
なんていうの、なんか少し楽しい気分にさせてくれる映画が得意な、監督かな?ってアタシは勝手に思ってるんだけど。
文章が過去形なのは、去年亡くなってしまったから。

とはいえ、彼の作品そこまでたくさん見てるっていうわけでもないんだな。
知らず『ホーム・アローン』とか見てたけど、ちゃんと意識したのは『ブレックファーストクラブ』っていうこれも80’sの学園モノ映画なんだけど、これを見たとき。
『ゴスin学園ものホイホイ』にかかって見た映画なんだけどね(笑)
ちょっと変わった学園もの映画におけるゴスキャラの先駆けになったっていう女の子が出てるっていうから、それで見たんだけど、ひと味違った映画に初心なんか忘れて見てたっていう。

で、今日見たのは『Pretty in Pink』っていう映画。
『失業中の父と暮らす高校生のアンディは、裕福とはかけ離れた暮らしだけれど、オシャレで成績抜群の女の子。そんな彼女にハンサムなお金持ちのお坊ちゃまブレーンがデートを申し込んできたのだが・・・。』
っていうストーリーで、今となったら、なんてこたねぇ話の映画なんだけど(笑)
『いちいち』映像がカワイイ。
とっても80’sな格好なんだけど、今でも通用するようなお洒落さがあって、映像がオシャレってかんじ。
そして、キャラ大げさなキャラが何人もいて、どこかマンガ見てる気分になる楽しい映画。

何よりも、始め辺りから見た瞬間に主人公なんかどーでもよくなってたキャラが登場(笑)
Ionaっていう、主人公がバイトしてるレコード店を経営してる素敵お姉さん。
iona.jpg

格好がね、なんか、パンク、かと思えばそーでもなかったりなんだけど、誰よりもオシャレ。
『いちいち』カワイイの。
しかも、彼女の部屋はさらに『いちいち』カワイイ!
そして、とっってもイイ人。
protectedimag.jpeg

アタシにもこんな素敵なお姉さん欲しいわぁ~~~~~。

こんなパンクなお姉さん出て来るし他にも変な格好なん出て来るし、雰囲気とかといい、なんか楠本まきの『KISSXXXX』を思い出した。
結局、80’sなんかほとんど記憶に無いくらいで経験したこともないのに、なぜか懐かしく思うし、好きな世界がそこに向かってるんだろーなぁ、みたいな。
きっと『憧れ』なのかもしれないけど。

そんなわけで、主人公は最後にピンクのドレスを着て…、だから『Pretty in Pink』なんだと思うけど、
アタシはIonaばっかり見てしまってて、気分は『Pretty in Punk』だったわ(笑)
Ionaのせいで10割増しにこの映画、大好きよ!(笑)

しかし、アタシ、この映画見始めて数分経ったくらいに、『ものすごーく記憶も薄れるくらい昔に見たことある、と思う。っていうか、絶対に。』っていうのに気付いたっていう(笑)
Ionaの部屋見て、核心が。
幼少期にこんな人見たから、今こんな格好してるわけじゃないけどね(笑)

でも、これ見て、
やっぱりこの監督の作品、凄く好きだなぁって実感したわ。

調子こいて、他の映画も見よ~っと。
Posted by Mai Aimheart on 21.2010   0 comments   0 trackback

THE HEARTBREAK KID

Category : Movie Review: H
考えてみれば、

週3本映画見てたら普通に100本見れるのに今更気づいたり(笑)
しかし、去年の85本が物語ってる通り、なかなか週3本っていうのは難しかったり。
っていうのも、昨日今日と見たような軽いラヴコメなのなら、気軽に見れるんだけど、
貯まってきてるのは、コメディーじゃないんだよね。

そんな今日で3本目達成。

見たのは昨日
『ライラにお手あげ』

51nXUCN1gdSL160_.jpg「メリーに首ったけ」のファレリー兄弟×ベン・スティラーで贈るラブ・コメディ。
40歳になってもなかなか結婚に踏み込めないエディはある日、街で出会った女性ライラに一目惚れ、幸運なことに交際へと発展し結婚を決意。
しかし、新婚旅行に向かう車内では延々と歌いまくり、初夜の床で格闘技のような激しいエッチを繰り広げるライラ。
純粋無垢な雰囲気からは想像もつかない彼女の本性に、エディはお手上げ状態になり…。




『ライラにお手あげ』は、たまたまWOWOWでやってたから録画した映画なんだけど、
もう、なんていうか最後までアホ一直線で脱力(笑)
最後にオチがあるんだけど、もうそれで最後もダメっぷりに脱力(笑)
どーしょーもないアホな男の話デス(笑)
ノリが『メリーに首ったけ』って思ってたら、関係があったとは、知らなかった。
まさに…なかんじ(笑)



Posted by Mai Aimheart on 08.2010   0 comments   0 trackback

Hellboy2

Category : Movie Review: H
宣言通り、雨の中観に行って来たよHellboy2!!

あまり言うとネタバレになりそうだから書かないけど、
前日に1作目見てよかったなっていうくらいに1作目からの続きってかんじの内容。
1作目見てない人でも観れるんだけど、
見た方が絶対によろしい、と思う。

私の感想は、1作目より面白かった!
たぶんエルフの双子がチョーかわいかったからかも。
とくに兄貴!!
可愛い!!
衣装といい、美術面といい、とても素晴らしかったデス。さすが。
あのオババ的な人物が出て来るんだけど、
素敵すぎてもう少し長いシーンを!って思ったほどのツボ。

ただ、Hellboyの可愛さが今回少なかったのと、
前回の奮闘してた新米くんがどこに行ったんだ?
というのがアレ?ってかんじだったかな。
今回Hellboyに変わって可愛さを発揮してたのは半魚人の方だった(笑)

予告編でやってたよ。
Rise of the Lycans!!
アンダーワールド:ビギンズ…ってナレーションだったけど、このタイトルで呼んでやんないもんね!(笑)
楽しみ。
Rise of thr Lycans


行く前に、アグリーベティーを見てたら、
なんとニーナ・ガルシア(ELLE USAのファッションディレクター)と
Project Runwayの今見てるシーズン(4)に出て来る某私のお気に入り人物が…!
しまった、今シーズンの優勝者わかってしまったかも…!?
という、ビックリネタバレが。
本国のが放送早いもんねぇ。
でもいいも~ん、楽しみには変わりないから。
こないだは、ジーン・シモンズがゲスト出演しててビックリしたし、
アグリー・ベティーなかなかゲストにビックリするわ。


というか、本当にネットがブツブツ切れるし、遅くて遅くて……。
サイト色々に色々アップしようと思ってたのに…。
更新待ってる人達ごめんなさい…。




実は今年の目標の中に、こういうのが
『映画100本観る』。

今のところ6本目達成。
先はまだまだ遠い。
100本斬り達成なるか??




そういえば、映画の帰りに紀伊国屋に寄ったら
Twilight sagaの特設コーナーがドドンと作ってあってビックリした。
映画公開&映画の全米大ヒットにともなうものなんだろうけど、
気合い入りまくりな陳列の仕方。
しかし、日本での人気度を考えると、
日本でも人気とはいえ、
全米や海外のような盛り上がりはやっぱり期待できなさそうな気がするなぁと思ったり。
海外並みに盛り上がってるけど私は(笑)
Posted by Mai Aimheart on 22.2009   0 comments   0 trackback

Holiday

Category : Movie Review: H
『ホリデイ』を見てたよ。
やっと。
ずっと録画して放置してた1本(笑)
でも、昨日見てよかったよ。
なんでかっていうと、今見ないでいつ見る!っていうくらいバッチリな時期の映画だったから。
クリスマス前から大晦日までの時期の話だから。
なかなか面白い映画だった。
特にキャメロン・ディアス(でも、名前が全く覚えられなかった/笑/見てる間はわかってるんだけど、後で名前が出て来ない。全部ジュード・ロウ、キャメロン、ジャック・ブラックって思って見てたに違いない/笑)の映画予告ナレーションのシーンとかお気に入り。
今見るべし。な映画。
Posted by Mai Aimheart on 10.2008   0 comments
 HOME 

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。