• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

Book: Drama!

Category : Foreign Book
今日届いた本の話。
(Everyone's a Critic (Drama!) / Paul Ruditis)

drama.jpg
スポンサーサイト
Posted by Mai Aimheart on 15.2012   0 comments   0 trackback

Book: Kinky Cupcakes

Category : Foreign Book
今日届いた本の話。
Kinky Cupcakesっていうユニークなカップケーキレシピ本。

kinkycupcakes.jpg
Posted by Mai Aimheart on 15.2012   0 comments   0 trackback

Crescendo

Category : Foreign Book
111006_133118.jpg

今、ちびちびと『Hush, Hush』の続編『Crescendo』を読んでるんだけど、チビチビともうすぐ読み終わろうとしてたり。
(『Hush, Hush』『Crescendo』は堕天使ロマンスもののヤングアダルト小説。日本では一冊目の『Hush, Hush』が『黒衣の天使と危険な恋』ってタイトルで発売中。たぶん、続編の『Crescendo』それから最終巻の『Silence』も翻訳出版される……はずなので、気になった人はどうぞ。あまりこの翻訳は中身編集しすぎで個人的にはオススメしないんだけど。)
つい数日前、本屋に行ったら『Crescendo』の続編こと最終巻の『Silence』が売ってるのを目撃。

これは、一気に最後まで読むのがいいんだと思うんだけど、心は他の本に傾いてたり。
というのも、このまま続きが読みたい!!っていうベクトルまで達してなかったり(苦笑)気になるし、悪くはないんだけど、話の展開読めちゃってるんだけどそれでも1冊目の方が好きだなぁっていうのがあって。3部作なんだから1冊目も3冊目もなく3冊で1冊なんだけども。


とかなんとかで、読みたい候補が100冊以上ある中で、
次読む!ってとこまで躍り出てるのは2冊。

The Espressologist
10051584_1177859141_51small.jpg



Gemini Bites
10051584_1362332668_108small.jpg

ん~~~どっちにしよっかなぁ……。
Posted by Mai Aimheart on 11.2011   0 comments   0 trackback

ついうっかり。

Category : Foreign Book
110722_194207.jpg



これなーんだ。(笑)


ついうっかり、本当にうっかり。

買ってしまった(笑)

Hush, Hushの続編、Crescendo。

しかも、ホログラム紙使用のオーロラカバーバージョンざますよ。
写真の色がおかしいのではなくて、元々の本がオーロラ色に光るんだよ。

そして、ベッド脇の本が積み上がっていくという。

写真撮る用に積んだんではなくて、まんまそのまんまの写真ですこれ(笑)

実はユッカ(ピノキオ鼻のこやつ)は、いつもアタシのベッド脇の本の山の上が定ポジションだったりします。

110722_194350.jpg

Posted by Mai Aimheart on 22.2011   0 comments   0 trackback

New York Times Best Seller list

Category : Foreign Book
ランキング、ランキング、って思い出した。

よく本の表紙に(洋書のね。)New York Times Best Sellerって文字が踊ってるけど、
今週のBest Sellerリストどんなかんじなんだろうって見てみた。
大体がヤングアダルトでジャンル的に児童書になるから児童書のリストだけ紹介。(他に色々ジャンル分けされてていっぱいあるのよ)

CHILDREN'S SERIES:
(シリーズものの作品ランキングリスト)

1: 10051584_1220118795_28small.jpg
THE HUNGER GAMES, by Suzanne Collins.
A girl fights for survival on live TV. (Ages 12 and up)

最近人気のシリーズで、映画化決定済みの作品。

2: 10051584_1220118799_168small.jpg
PRETTY LITTLE LIARS, by Sara Shepard.
Four girls less perfect than they seem. (Ages 14 and up)

Gossip Girl的な。

3: 10051584_1220118820_174small.jpg
HARRY POTTER, by J. K. Rowling.
A wizard hones his skills while fighting evil. (Ages 10 and up)

4: 10051584_1220118837_173small.jpg
DORK DIARIES, by Rachel Renée Russell.
Nikki Maxwell navigates the halls of middle school. (Ages 9 to 13)

5: 10051584_1220118842_1small.jpg
DIARY OF A WIMPY KID, written and illustrated by Jeff Kinney.
The travails of adolescence, in cartoons. (Ages 9 to 12)

たしか、映画化されて日本でもDVD最近出てたハズ。児童書で子供向け映画。

6: 10051584_1220118851_111small.jpg
WARRIORS, by Erin Hunter.
Four clans of cat warriors aspire to meet up with the StarClan. (Ages 10 to 14)

7: 10051584_1219884111_144small_20110718001925.jpg
FALLEN, by Lauren Kate.
Fallen angels and forbidden love through the centuries. (Ages 12 and up)

今読んでる。

8: 10051584_1220118859_216small.jpg
PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS, by Rick Riordan.
Children of the gods battle monsters. (Ages 9 to 12)

映画になった作品でたしか続編製作企画進行中だったはず。

9: 10051584_1220118866_150small.jpg
JUDY MOODY, by Megan McDonald. Illustrated by Peter H. Reynolds.
A girl with an abundance of individuality and attitude. (Ages 6 to 9)

今映画が全米公開中なんだったかな、たしか。

10: 10051584_1220118874_214small.jpg
THE MORTAL INSTRUMENTS, by Cassandra Clare.
A world of demons and warriors. (Ages 14 and up)

これ気になってるんだよねぇ。ヴァンパイアやら狼男やら色々出て来る話。
日本は『シャドウハンター』ってタイトルで出版されてて、映画化決定してキャストも決定。


CHILDREN'S PAPERBACK BOOKSWEEKS
今度はシリーズではなく単体。

1: 10051584_1220118884_21small.jpg
THIRTEEN REASONS WHY, by Jay Asher.
Before she commits suicide, a girl sends recordings to 13 people. (Ages 12 and up)


2: 10051584_1220118890_66small.jpg
THE BOOK THIEF, by Markus Zusak.
A girl saves books from Nazi burning. (Ages 14 and up)


3: 10051584_1220118904_203small.jpg
MR. POPPER'S PENGUINS, by Richard Atwater and Florence Atwater.
The adventures of a house painter and his high-stepping penguins; first published in 1938. (Ages 8 to 12)

今公開中のジムキャリーの主演映画の原作。

4: 10051584_1220118914_195small.jpg
THEODORE BOONE: KID LAWYER, by John Grisham.
He’s only 13, but he knows how to handle a murder case. (Ages 8 to 12)


5: 10051584_1220118953_24small.jpg
THE NINE LIVES OF CHLOE KING, by Liz Braswell.
A girl with special catlike powers is hunted by assassins. (Ages 14 and up)

abc channelでドラマやってるらしい。


6: 10051584_1220118963_219small.jpg
THE ABSOLUTELY TRUE DIARY OF A PART-TIME INDIAN, by Sherman Alexie. Illustrated by Ellen Forney.
A boy leaves his reservation for an all-white school. (Ages 12 and up)

7: 10051584_1220118970_118small.jpg
THE GIRL WHO COULD FLY, by Victoria Forester.
A girl soars into a nightmare of villains who tinker with DNA. (Ages 9 to 12)


8: 10051584_1220118991_40small.jpg
BEASTLY, by Alex Flinn.
Kyle had money and perfect looks, until a witch cast a spell. (Ages 13 and up)

現代学園版美女と野獣。映画化されて話題になってたけど日本で公開しなかった映画の原作。

9: 10051584_1220118995_244small.jpg
ALONG FOR THE RIDE, by Sarah Dessen.
Teenage night owls bond during a summer at a charming beach town. (Ages 12 and up)


10: 10051584_1220119001_40small.jpg
THE MAZE RUNNER, by James Dashner.
A stone wall imprisons teenagers who live by their wits. (Ages 12 and up)



というリスト。
へぇ。
って思ったけど、やっぱりほんの少し参考にする程度でベストセラーだからって買う気にならないなアタシは。

参考までに。
ちなみにこれは17日発表になったリスト。毎週日曜日に更新されるようです。
面白いのはアップダウンが激しいっていうこと。数十位のがいきなりトップに躍り出てたりして。
Posted by Mai Aimheart on 18.2011   0 comments   0 trackback

Ranking:3: Book

Category : Foreign Book
いろいろランキング、本編。

『今読んでる本』
順行して読んでるというかつまみ食いしまくってるというか、読んでる本が何冊もあるから読み進められてる率でランキング。
Top1: 妖精の女王 (Wicked Lovely)
10051584_1219884095_5small.jpg

Top2: Linger
10051584_1219884102_143small.jpg

Top3: Fallen
10051584_1219884111_144small.jpg

Top4: Eighth Grade Bites (The Chronicle of Vladimir Tod)
10051584_1219884122_1small.jpg


Wicked Lovelyは原作じゃなく翻訳読んでます。話全然知らなかったから予期してなかったんだけど、主人公の彼氏が黒髪で顔にピアスしてて(顔だけじゃないけど)黒のマニキュアしててオルタナティブファッションの超ハンサムって設定でしかも性格や口調もツボで屈してしまった(笑)
ほら、大抵の本ってハンサムとかいっても『正統派』で、アタシなんかみたいな趣味の人からしたらあんなんがいいわけ?ってなる人物像だったりすることもしばしばなわけで。
しかも、文学作品なんかに注釈として説明が入ってる素晴らしき翻訳だったし(Godsmackとかリンプビズキットとかには説明入ってなかったけどさ/笑)
妖精っていったら、英国のイメージで米国は全く無いから、舞台が米国なのが変な感じの小説だけど。
一時期妖精に関する本読みあさってた時期があって、見覚えのある著者の名前が引用で章の始めに使われてたり、そのほとんどが英国人によるもので、コーヒーじゃなくて紅茶がよく登場するし、英国と錯覚してしまう。
そして、そういうの読んでたせいで知識ついてるからか、とても面白いです。

Posted by Mai Aimheart on 17.2011   0 comments   0 trackback

1000 Steampunk Creations

Category : Foreign Book
SteampunkCreations_Cover.jpg


スチームパンク好きな人!!
挙手!!
アーイ( I )!!!!!!!!!

今日たまたまヴィレッジヴァンガードに行って、たまたま発見して、思わず衝動買いしそうになったブツ。

最近スチームパンクがマイブームでね、この本発見した時変な声発してしまって近くにいたお姉さんに変な目で見られたけど、そんなことまったく気にしてる場合じゃなかったのよ(笑)

発見したのは翻訳されたバージョンで『スチームパンク造形作品1000』っていうタイトル。

脳内アドレナリンもドーパミンも出るだけ全部出てるって状態で、うっかりそのままレジに直行しそうになったんだけど、
『待て待てお主、紀伊国屋で買ったらポイント貯まるだろおバカ。3600円くらいするんだから。』
と内なる声がして、思いとどまる(笑)

家に帰って調べたら洋書の方が半額くらい安いのが発覚。
内容同じなら原作のがいいじゃん、
って思ってしまったしだいであります(笑/せっかく国内出版こぎつけてくれた人ゴメン。)

調べてみると、最近翻訳で出版されたばかりの本みたいです。

別にヴィレッジヴァンガードに寄るつもりなんかなかったんだけど、なんとなく行かないといけない気がしたんだよね。
まーさーにー、コレが呼んでたわけだったのね。

いいもの発見したぁ~。

たしかアマゾンとかで中見れるようになってたから、気になった人は覗いてみて。
たぁまんねぇんだよ(オッサンか。笑)

そうなんです、
最近スチームパンクがマイブームなのです。
無駄に歯車欲しいです(笑)
Posted by Mai Aimheart on 09.2011   0 comments   0 trackback

Done, Hush Hush!!

Category : Foreign Book
本当、最近本の話題ばかりですが。

そうです。As you know, 本ばっか読んでます。映画見てません。本読んでます。
秋の夜長の読書習慣、ではなく真夏の猛暑の読書習慣。
あれかな、あまりにも暑いのでちょっとでも違う世界に逃避行ならぬ逃避暑とでも思ってるのかアタシ(笑)

最近読んでた『Hush, Hush』読み終えました。
なかなかに面白かったです。

こっちのこの本の紹介記事に感想とか追記しました。
ジャンプしてちょんまげ。
感想追記できるし、ブックリスト便利~(自画自賛。笑)


以下に本のあらすじ紹介だけ載せておくわ。

images_20110628041720.jpeg



   Hush, Hush
          Becca Fitzpatrick





For Nora Grey, romance was not part of the plan. She's never been particularly attracted to the boys at her school, no matter how much her best friend, Vee, pushes them at her. Not until Patch came along.
With his easy smile and eyes that seem to see inside her, Nora is drawn to him against her better judgment.

But after a series of terrifying encounters, Nora's not sure who to trust. Patch seems to be everywhere she is, and to know more about her than her closest friends. She can't decide whether she should fall into his arms or run and hide. And when she tries to seek some answers, she finds herself near a truth that is way more unsettling than anything Patch makes her feel.

For Nora is right in the middle of an ancient battle between the immortal and those that have fallen - and, when it comes to choosing sides, the wrong choice will cost her life.

"ノラ、16歳。本は好きだけど、男の子は苦手。
でも、謎めいた雰囲気をもつ転校生のパッチが、会った日から何かとノラをかまう。
いつの間にか、彼のことばかり考えている自分に、ノラはとまどう。
同じ頃、何者かに命を狙われていることに気付いたノラは、調査に乗りだすが──。




さて、次は何読もうかな。
続編読みたいんだけど、他も読みたい本あるんだよね。
Posted by Mai Aimheart on 06.2011   0 comments   0 trackback

Book lists

Category : Foreign Book
1QY6bYnJJ0acj4o.jpg
さてさて、メモするからには、メモしとかなきゃ!

と、ブックリストを作ってるせいで、本のページの記事『しか』無い状態になってますが(笑)

うっかり気になった本があったら、嬉しいです。

そして、こんなんもオススメだよーとかコメントしてくれたら、また嬉しいです。

なんだか、リストを作ってみたはいいものの、読んでみたい本が山のようなのを実感しただけだったりして(笑)
とりあえず、当初の目的の、シリーズものの順番をバッチリ整理できたので、私的に便利ツールになってよかった。







この本のメモ記事のカオス状態を簡単に整理すると、

これがメインのリストです。
メインリスト


そして、こっちが、ジャンル別(ヴァンパイアものだとか堕天使ものだとか普通の学園ものだとか料理本だとかそういうの)に分けて整理したリスト。
こっちの方がパッと見てわかりやすいかな。
ジャンル別リスト


です。
調べたかぎりの翻訳されてる本は、日本タイトルも載せてあります。
よかったらご利用くださいませー。

面倒になってきたから、シリーズものはまとめて1ページに紹介してたりします。
読んだら、後で小分けにページ作ろうかなぁといったかんじで。


調べてて、これはこれのスピンオフなのね?とか、同じ著者の本でこんなのもあるんじゃん、とか芋づる式にこうゴロゴロと増えて行ってこんなことになってるわけなんだけど、
元々興味あった本の延長線上にあるものだし、
よりどりみどり選び放題状態になってて、これはこれで嬉しいです(笑)

調べてたら結構翻訳されてる本も多くて、さてどっちで読もうってなってたり。

上に使ってる写真は、最近出版されたThe Infernal Devicesシリーズの1冊目Clockwork Angel。
表紙が好きだから載せてみただけで、別に深い意味も何もないです。

ただ、
このシリーズの前作にあたるThe Mortal Instrumentsシリーズというのがあって(日本ではシャドウハンターってタイトルで翻訳出てるんだけど)、
それが2012年に映画化するとかなんとかで、ちょっと楽しみにしてたり。
キャストにジェイミーキャンベルバウワーが出るとか、監督がレギオン、プリーストの監督だとかで、ダーククリーチャーファンタジー系だし、気になる要素がたくさんあるわけで。

うん、
調べてなかったらここまで詳しくなれなかったよ(笑)
収穫はいっぱいあったな。

でも、
読まなきゃだよね!映画が公開するまでには(笑)
Posted by Mai Aimheart on 03.2011   0 comments   0 trackback

パンクロックゴス編み物。

Category : Foreign Book
本の話題ばかり、しかも日本で翻訳されてないのばかりで申し訳ない。
そしてリスト作ってるから、今トップ50くらいには本の紹介の記事しか無いって状況だし(笑)
更新のつど見に来てくれる素敵な常連さんもいるけど、検索でやって来る人が圧倒的多数だから、どんなに最新の記事が本の紹介で溢れてようが必要な記事にやって来るから、べつにいいかなぁ、なんて思ったりなんかして(笑)

常連さんのそこのアナタも楽しんでくれてるといいんだけど。



ブックリスト作りながら、
これから本格的に酷暑な真夏に近づいてるわけなんだけど、
編み物って時間かかるからクソ暑い夏から始めたらちゃんと間に合うんだろうなぁ、いいなぁ、何か作りたいなぁ、
と思ってたブツたちの紹介。

パンク、ゴス、ロック系のデザインの編み物を紹介した本たち。 (タイトルのリンクは、ブックリストの本紹介の記事にリンクしてあります。ああ、ブックリストって便利~。笑)

knitting7.jpg
 ・pretty in Punk

51Ps8Y3XEkL.jpg
 ・Vampire Knits: Projects to Keep You Knitting from Twilight to Dawn

domiknitrix-whip-your-knitting-into-shape-jennifer-stafford-paperback-cover-art.jpg
 ・DomiKNITrix: Whip Your Knitting Into Shape

PunkKnits.jpg
 ・Punk Knits: 26 Hot New Designs for Anarchistic Souls and Independent Spirits



中でも特に良さそうって思ったのは、
『Punk Knits: 26 Hot New Designs for Anarchistic Souls and Independent Spirits』と
『DomiKNITrix: Whip Your Knitting Into Shape』。

紹介写真を見るかぎりじゃ、この2冊が一番はっちゃけてキッチュでパンクロックしてるかんじだったから。

ヴァンパイアのは、Twilightのヴァンパイアなかんじで上品でカジュアルシックなかんじがあって。まぁ、これはこれで面白そうだけど、自分が着るとなったらパンクキッチュな方がしっくりくるわけで。


そして、買ったはいいものの、
結局作らない、
ってパターンな気がしてならないから、なかなか手が出ない本たち(笑)

写真だけでもカワイイんだけどねぇ。
Posted by Mai Aimheart on 01.2011   0 comments   0 trackback

Dark Onesシリーズ。

Category : Foreign Book
In The Company Of Vampires
前回の記事で、昔に読んでたヴァンパイアロマンスシリーズが再録プラスαされて再出版されてたって書いたけど、
さらなる事実が発覚!

『さらなる』続編が存在してた!!(笑)

[その本たちの詳しいことはこっちの記事で。]

彼女が他にヴァンパイアもののDark Onesっていう、シリーズを出してるのに気付いて、チェックしてみた本の主人公は別の名前だったから、また違う話なのね、って思っていたんだけど、
もう1つチェックしたら、同じシリーズなのに、また主人公の名前が違うのに気付いて、
そういえば、その昔読んでたシリーズでも『Dark One』っていう呼び方をしてたのを思い出して、もしやと全部チェックしてみたら、

あったのよね。
その昔読んでたシリーズの主人公が主人公の1冊が。

つまり、そのシリーズの続編なわけで。

前回書いた通り、続編を考えて執筆してたのにレーベルが突然無くなってしまって中断状態で続編が登場しないと思っていたから、
こういう形だけど、続編が登場したのは、本当に嬉しいサプライズだったわ。

当初のペンネームではないペンネームでの出版と、シリーズの1部っていう見つかり難い形ではあって辿り着くまで時間がかかったけど。(両方とも去年の11月に出版。)

発見できたアタシえらい!(笑)

今読んでる本と、待機してる本が3冊くらいあるけど、これは読もうと思います。
ブックリスト作ろう、って思って調べたかいあったってかんじ。

また、タイトルがアタシの好きな映画『Company of Wolves』を文字ったようなタイトルなのがちょっと心ひかれる(笑)

ただ、アタシの中のベンのイメージ、こんなんじゃ全然ないんだけどなぁ(笑)
Posted by Mai Aimheart on 30.2011   0 comments   0 trackback

Confessions of a Vampire's Girlfriend

Category : Foreign Book
confessions2-1.jpg


ここ数日、自分のために本のリストを作っております。
シリーズものだけどちゃんと数字降ってなかったりして、どれが何冊目かわからないケースがままあったり、
最初はハードカバーで発売するからそれをアマゾンのページとかでチェックしてたら、いつの間にかペーパーバック(文庫版みたいなもの)で出版されて最初のハードカバーバージョンは絶版になってチェックしてたページ見れなくて何の本をチェックしてたんだったかな、ってなるし(笑)

ということで、主にアタシのためだけど、
どうせなら似た趣味の人で同じこと思ってる人や、翻訳出てる続きが読みたいけどどれがその続編かわからない人とかのヘルプにもなるし、
それでさらに興味持って読み手が増えたら嬉しいな、とも思ってブログにてリストを作ることに。(サイトよりブログの方が瞬時にグーグル検索に引っかかるようになってるらしくアクセス数が多いから)

::ブックリスト一覧ページ::

そんなこんなで、ちょっと検索とかしていたら、シリーズ途中で終わってしまってた作品が、ちょっと形を変えて再販されてるのを発見したり。
調べるのが大変だってリスト作ってるけど、調べたらそんな新発見パターンもあるものなのね。

それがConfessions of a Vampire's Girlfriendっていう本で、
6、7年前に読んでたTwilightが流行る前に出版されてたヴァンパイアロマンスのヤングアダルトジャンルのシリーズで
『Got Fangs?』と『Circus of the Darnes』の2冊出たところでレーベルが無くなっちゃって、そのまんまになってて、
実は著者のKatieに続きは出ないのか、ってメールしたことがあって(笑)思い入れがあってまだまだ書きたいシリーズだけどレーベルの都合で出せないっていう返事をもらった思い出のあるシリーズだったり(笑)

そして、どうなったかというと、
『Confessions of a Vampire's Girlfriend』というタイトルで、既に出版されてた2冊に書き下ろしの話を付け加えて1冊の本で出版してた、
というのを数日前に発見しました(笑)


すでに収録されてる2冊分を持ってて読んでるだけに、ちょっと複雑な心境ではあるけど(もう持ってるしー、っていう。)、書き下ろしが気になるし、
個人的に思い出の残る作品なので、
これはマストゲットブックだわぁ、ってなってます。すでに未読の本いっぱい転がってる状況にもかかわらず(笑)

ちなみに翻訳出版は、されてませーん。

リストのConfessions of a Vampire's Girlfriend紹介ページ

また、この再販されたバージョン読んだらこの↑この本の紹介ページを更新しようと思ってます。今読んでる本と待機中の本からするに結構先になりそうだけど(笑)

Posted by Mai Aimheart on 30.2011   0 comments   0 trackback

The Graveyard Book

Category : Foreign Book
graveyard-book1.jpg


読みたい本は山のようにあるけど、全く読めないMaiです(笑)

今Hush, Hush読んでるけど、最初はそれほどじゃなかったものの、3章目くらいまでいくと読むのが止まらなくなって、今グイグイ読んでる最中です。

今日、気になる洋書の1つ『The Graveyard Book』が翻訳されてたのを、知りました(笑)
去年の9月頃出版されたみたいだけど。

『墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活』で出版されておりました。

1102939681.jpg


児童書なのに、予想外にいい表紙でビックリ。
こんなできるなら、なぜHush HushやTwilightやらをマンガなイラストの表紙にするのか……(涙)

これはオリジナルが前は↑だったけど最近イラスト表紙も出て来たんだけどさ。

images_20110626011012.jpeg

このイラストは好き(笑)
執事っぽいおっちゃんがツボなのかも(笑)


ストーリーは、

この子をノーボディと名づけよう―。ある夜、一家が殺害された。たったひとり、生き残ったよちよち歩きの赤ん坊が迷い込んだのは、真夜中の墓地。この日から、墓地の幽霊たちの愛情溢れる、世にも奇妙な子育てが始まった…。幽霊に育てられた少年の冒険と成長を描き、カーネギー賞とニューベリー賞をダブル受賞した、ゲイマンの最高傑作。


気になるんだけどねぇ。
なかなか読むまで順番が回って来ない本。



翻訳で読むか、原作で読むか。
それが問題だ。
Posted by Mai Aimheart on 26.2011   0 comments   0 trackback
 HOME 

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。