• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

ロンドンの信号機。

Category : Diary&Other stuff
さっき発見したばかりであまり見てないんだけど面白いブログ(?)を発見。

追々暇な時にでもつらつら読んでいこうとは思うんだけど

その中で、ユーモア溢れるロンドンの信号機の記事があって笑ってしまった、

http://woman.excite.co.jp/odekake/sanpo/sid_294116/

お、押したい…!!(笑)
作った人は素晴らしいね!!

しかし、私ロンドンで信号機のボタンなんか押した記憶がない(笑)
あったんだ!みたいな(今更)

左のダラララっと記事、コメント、リンク、カテゴリーとかのリンクの並んでる所に、追加しといたから、興味ある人はチェックしてみて。

この間行った、異人館のシャーロックホームズのも載ってたわ。
スポンサーサイト
Posted by Mai Aimheart on 25.2009   0 comments   0 trackback

Twilight 来日。

Category : Movie News
海外では熱狂的なヒットを飛ばしたTwilight。
キャスト数人が、来日するとか。
来日イベントがどーのとか、ファンミーティングがどーのとか、空港でお出迎えするとか、色々耳(目)に。
やっぱ一番人気はエドワード役のロバートですか。
いぃ~~なぁ~~!!!!

東京じゃなく大阪でイベントしてくれないかな。(笑)

そもそも原作のファンで、映画と俳優のファンじゃないから、空港でお出迎えとかせんでいいねんけど、
なんかちょっとキャ~~!!ってやってみたくもなるかな、Twilightだもん(どーゆー意味。笑)

最初、不満たらたらだったキャスティングも、これだけ焦らされ続けて色んな海外のメディアが大騒ぎやら、アカデミーとかでもやってたらしいし、そしたらなんかとっても許せちゃうかんじで(笑)
合ってないわぁって思ってたテーマソングのParamoreも、素晴らしく合ってるように思って来るし。もう幻覚との狭間が(笑)
もう、見たい!!チョ~!!見たい!!しか思わない(笑)
批判してるわけでもなく、見てなさすぎて、焦れて爆発してるんだよ(笑)
公開激しく遅い日本にグーパンチ。

来日イベント行きたい~~!!!
未だに前に見た、エドワード役のロバートにばったり会ってファンに追っかけられて猛ダッシュするのをぼーっと眺めてた妙な夢覚えてるし。(笑)ロバートのファンでは全く無いんだけど、正夢になってほしかったのにな(笑)
Posted by Mai Aimheart on 23.2009   0 comments   0 trackback

DVD

Category : Diary&Other stuff
そういえば、Burrn!誌の広告で思い出したけど、
ついに私のDVDついに日本でも発売&ついでにたぶんレンタル……!!
通称、えーきゅーほぞん。
う~わ、チョーやだ。(笑)
Global Metal。
いい映画なんだけど、私の部分はカットしてほしい極み……。
本編と予告編とダブル収録かなって思うと、かなりヤダ~!!はずかしわ~~!!!
そして、ノーギャラですか。そーですか。(笑)
Loud Parkの思い出よ、永遠に。(笑)

とかいう独り言。(笑)
Posted by Mai Aimheart on 23.2009   0 comments   0 trackback

R.I.P.

Category : Music
なんと、2/19にSENTENCEDのMiikaが亡くなったそう。

ウソ~~!!!

って思ったけど、嘘じゃなかったみたいです。
34歳だったとか……。

Sentenced解散後、深刻なアルコールの問題を抱えてたらしいんだけど、今現在の死因は発表されてないそうで。
Funeral Albumを最後に解散した彼らだけど、なんだか少し皮肉なかんじで悲しいわ…。

R.I.P.


ニュースはこちらにて。
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=114733
Posted by Mai Aimheart on 21.2009   0 comments   0 trackback

The UK Rep. Part.10 : Tower of London, London Dungeon

Category : UK story
なんだか、墓場編の反響が激しかったから、プレッシャーやわぁ(笑)
なんだかんだ、旅行記。
おもろいこと書けましぇん。(誰もそれほどコメディーは求めてないと思う。笑)


ロンドンで有名って言ったら、バッキンガム宮殿に
、ロンドン橋、ハリーポッターのキングスクロス、それからロンドン塔ってとこ?
ポンド高に行ってボンビー学生、入館料とか高いし、時間無いし、バッキンガムには行ってません。(笑)
今だったらちょっと行ったかもしれないけど、金銭的に(笑)
基本的に一般観光客と趣味趣向がズレてるみたいで(笑)バッキンガムより先に興味があったのはTower of London!(バンドの方じゃなく。)
あの、血なまぐさい歴史のある、例の呪われた塔だよ。
フフフ。(笑)

ロンドンに来たからには行かねば!!ということで、
SpookyでBloodyなスッテキな場所にウキウキ行って来たよ。(笑)

ロンドン塔はロンドン橋とか色々ある場所にあって、一気に観光名巡りしやすい場所にあるんだけど、観光名所巡りなんかしなかったな、私。(笑)
Tower Hill駅で降りたらそこはすぐにTower Of London。
標識に従って歩いて行けば、すぐにチケット売り場につく。
PICT0140_20090219030026.jpg
チケット売り場。
長~い列。かと思えば空いてる瞬間もあってよくわからない。
なぜか、私みたいなお一人様は少なかった。
なぜ?
学生だから、学割きいてちょっとラッキー。
PICT0146.jpg

ロンドン塔は、テムズ川に面していて、
すぐ側のロンドン橋とか、ロンドン・アイ(大型観覧車)だとかテムズ川周辺の名所が見える。
PICT0142.jpg

ロンドン塔は、元々宮殿であり要塞だったから、
堀があって、堀には投石機とか置いてたり。
PICT0207.jpg

そして、こんな的だったら、
んもぉ~~撃つ気満々になるよね!!(笑)
素晴らしい的だと、思います。
なにか、気に障る気がするのは、私だけ…か。
PICT0208.jpg


そして、さっそく中に侵入。

なにやら、世界遺産に登録されてるロンドン塔。
だからか、元々こんなもんなのか、
中は溢れんばかりの人、人、人。
人酔いしやすい人にはチョーオススメしちゃうこと間違い無しな、くらい人が群れてる。

入ったとたんに、人だかりができてるから何かと思って背伸びしてみたところ、
ビーフィーターの案内するツアーの最中だったもよう。
川への入り口をバックに話すビーフィーターのおいちゃん、ここから流刑されたとか何とか言ってたようななかったような。
ビーフ、イーターでビーフィーター。ロンドン塔に住まうロイヤリティーな職員で、その昔高価な肉食ってるとかいう噂とかによってそんなあだ名がついたそうな。


さすが観光名所だけあって、そんなビーフィーターのツアーがあったり、毎日日替わり(?)で当時の再現劇みたいなのが模様されてたりして、
私の行った時は中世の決闘シーンの再現(?)みたいなのがやってた。
真ん中に王妃かが座ってて、その前で甲冑を着た2人の兵士が武器片手にバシバシやってた(笑)
ホンマに途中から見たからあまり状況がわからなかった……。
それを見る観客。
なんだけど、なかなか外人テンション高くて、応援する方が負けだとブーイング、勝てば騒いだりしてエンターテイメントしてたよ。
ジャパニーズの私からは、その光景はまさにファンタジー映画やゲームや小説の世界そのまんまで。
中世って、なぜか魅力的だよねぇ~!!
PICT0156.jpg
PICT0184.jpg


さて、ロンドン塔内部。
ちょっと地位のある囚人の幽閉や処刑に使われた、呪われた塔の内部。
霊感ある人は長い間いれらない、なんていう、血みどろの塔の内部。
これは、本気で覚悟して入った方がいいと思う。
なぜかというと、
本当にロンドン塔にとらわれの身になってしまうから。
入ったら最後、いつ出られるかわからない…。
観光客の多さだけじゃなく、1wayなのよね…!!
うっかり土曜日か日曜日に行ってしまったがために、混雑と渋滞の極み。前に進めません!みたいな。
あんまりにもスゴすぎて、全部を見て回ることを断念してしまいました…。
中心に聳えるホワイトタワーはわりと回りやすかったし、一番カッチョイー(カッチョイーって…)
武器庫でもあって、あらゆる武器と甲冑があったりして。
内部。
PICT0160.jpg
PICT0161.jpg
PICT0162.jpg
PICT0163.jpg
そして、待ってました!って心の中で呟いちゃったけど(笑)
拷問器具、処刑に使った斧なんかも!
不謹慎とか、わかってるって。(笑)でも、テンション上がるのは止められない。(笑)
PICT0164.jpg
PICT0165.jpg

それから、この甲冑はある意味スゲー!
守る所を守ってるけど、さぁ!って、股間に目がいった甲冑(笑)
そうしたらば、エリザベス1世の父親にあたる王、ヘンリーの甲冑ですた(笑)
PICT0170.jpg
後継者は男じゃないといけないっていうジンクスを頑なに信じて貫こうとしたんだけど女ばかり生まれて、結局離婚までして娶った王妃アン・ブーリンも女の子を生んでしまって、彼女はいわれの無い罪で幽閉され処刑され、その呪いで死んだ、と言われてる最後の王ヘンリーの甲冑。
アンが幽閉されてる時に男の子を別の女性との間に授かるんだけど、アンが死んでからまもなくその女性と息子と王が死んだという。
だから、彼女の呪いだと。
そして、残った彼女の娘、エリザベスが今の女王国家の始まりの人になった。
という歴史が、簡単な話あった、塔なのでした。
(『ふしぎ発見』で培った知識/笑)

ここにも有名な兵隊が立ってたり。
PICT0173_20090219030804.jpg

ロンドン塔には、職員が住んでいて、そこはプライベートだから立ち入り禁止になってたり。
こんな場所に住めるなんて、いいよなぁ~。
幽霊が渦巻く所でもさ。(笑)
PICT0177.jpg



そして、ロンドン塔に住まうビーフィーターくらい、いや、もっと有名なのは『カラス』
ロンドン塔には半分放し飼いでカラスがいて、風切羽ねを切られてるからか、ノッシノッシ我が物顔で歩く様は本当に傲慢そうな出で立ち(笑)
声がものすごく図太くて、そして、カラスの体自体見たことも無く、デカい。
日本のカラスと全く大きさも声の種類も全部違うし、ハッキリ言って、あんまり可愛くない(笑)
でも、可愛い。(どっちゃねん!笑)
PICT0182.jpg
それは1666年(666!/笑)のロンドンの大火事の時の死体をエサにカラスが大量発生して、ロンドン塔にも住み着いてしまって、王は駆除を考えたんだけど、その時に「ロンドン塔からカラスがいなくなれば、イギリスが滅びる」と予言されてからカラスを飼育するようになったとか。
なんか、ウィキペディアによると(笑)この種類のカラスは気性が荒いらしく、ちょっかいかけると襲って来るって(笑)
そら、のっしのっし我が物顔で歩くわなぁ~(笑)




そんな、血なまぐさい中世の歴史のあるロンドン塔にロンドン。
他にも、素敵な人達が存在する。
まず、永遠のアイドル
『切り裂きジャック』
そして、実在するともしないとも言われる人肉パイと、ジョニーデップで有名
『スウィーニー・トッド』
考えてみればアイドルの国じゃない!って思ったのか思わなかったのか、できたのがロンドン塔とロンドン橋からそれほど遠くない場所にある

『ロンドン・ダンジョン』

中世の血なまぐさい歴史をテーマにしたお化け屋敷的なテーマスポット。
私はロンドンに行ったら常々行ってみたいと思ってた場所!

たまたま、ロンドン塔の帰りに売店で『ロンドン・ダンジョン』のチケットを売ってるのを発見。
PICT0189.jpg
しかも、Fast lane ticketで、料金変わらないのに長蛇の列に並ぶよりも早く入れるという、粋なブツ。
行く予定が私みたいにガッツリ確定してる人は、オススメ。


明くる日、さらにウキウキでロンドン・ダンジョンに行く。
駅を出たらすでにゾンビメイクとかのお兄ちゃんたちがウロウロして客引きしてるという、ハロウィーン大会な場所で夢のような場所。
チケットブースな場所じゃ、持って帰りたくなるような素敵物体多数置いてあったり。
PICT0217.jpg
PICT0216.jpg
素敵物体に惚けてたら、何度か近付いて来たゾンビのお兄ちゃんが唸って寄って来たから写真撮ってみたり。
PICT0218.jpg
顔がドアップなくらい近寄られて、噛み付くかなんか襲われるかなって期待してたら、数秒見つめ合って固まった末に引き返していった(笑)
対応に困ったみたい、ゴメン(笑)

ロンドン・ダンジョン。
長蛇の列。
私はFast Laneの列に並んで10分くらいで入れたよ。
入ってからも少し並んだけど、中は暗くて墓石だの拷問中の人形とかあって退屈はしない。
PICT0215.jpg
PICT0214.jpg
PICT0213.jpg

中は、歩くお化け屋敷、なかんじ。
20人くらいのグループになって、ウォークラリーのように固まって道を歩いて行く形式で、ある地点に来ると病的なメイクした頭逝って気違いなお姉さん、またはお兄さん(演技だけどさ/笑)が出て来て部屋に私たちを閉じ込めて、中世にあった血なまぐさい出来事やら色々話してくれる。
たまに、椅子に座らされて舌引っこ抜こうか!!とかされたり色々何人か犠牲になったり(笑)
そして、次の閉じ込められる部屋までの道を開けて進ませるというかんじ。
道が暗いからたまに何も見えなくて歩くのが大変なのに、皆スタスタ辺りが見えるかのように歩くから置いて行かれないように歩くのに必死だった(笑)
英語堪能でないから、なかなか半分くらいしか楽しめなかったけど、充分楽しかった。
だから、リスニングに自信皆無な人にはオススメしないかも。
ダンジョンツアーの最後は『スウィーニー・トッド』。
あの椅子に座らされて、真っ暗の中首の後ろからフッとかかるかすかな風、カミソリを研ぐ音…!!!
とかいう、ぃやん!なアトラクション、楽しかった!!(笑)
そして、最後の最後は、最近できたらしい瞬間絶叫マシーン。
椅子に座って、垂直落下のマシーンで、ガタガタガタ…と上に。脚ブラブラ宙づりなかんじ。
上がると司教たちの人形があって、何やらの罪やらなんだかほざいてて、私たちは吊首刑に処されるらしい。
そして、言い終わると、刑、執行!
ガタン!と垂直落下する、という一瞬絶叫マシーン。
落ちる瞬間一番騒いでたの私だった(笑)

そして、出るとそこはお土産屋さん(笑)
なんか、ギャップありすぎやん!(笑)
ペスト云々でネズミのゴム人形とか、目玉ゴム人形とか、切り裂きジャックのマグとか、も~なんて素敵なの~!?な空間には変わりないんだけど。

そこで、うっかりレアなブツ発見。
PICT0212.jpg
フェ、フェスターおじさん…!!!
そこにあったもので、一番欲しかったブツなんだけど、売りもんちゃうし…。


とかいう、テムズ川の素敵な悪夢な回でした。
Posted by Mai Aimheart on 19.2009   0 comments   0 trackback

Vampires

Category : Foreign Book
New Moonも読み終わって、
Eclispse(New Moonの続編)を読む前に
途中で放置プレイしてた本、
Vampire Kissesシリーズの……4冊目だったかな。
『Dance with a Vampire』を、
昨日、登校途中から読み始めたところ。
話を思い出すまで数分を要したけど、
難なくそのまま読書を再会。
Twilight Sagaより文章が簡単だからか読み進めやすいことが発覚。(今更/笑)

そして、昨日は帰りに梅田をグルグル徘徊して、
気まぐれにマンガを読もうってことになって(自分の中で)、
海外でも人気なのかどうなのか、
なぜなら海外のYAとかのが遥かに前からヴァンパイア学園ものっていうのが存在してるから、
そんなVampire Knightの数冊買って帰って、
さっきまで読んでた。
なかなかヴァンパイアものだし、ベタな話なんだけど、
こういうの好きだから、なかなかハマってみたり。(笑)
なかなか読みたいマンガなるものを発見できないし、せっかくだから、今出てる分全部読んでやろうかと思ったり、思わなかったり。

とかなんとか、ふっとよく考えてみたら、

ヴァンパイア学園ものしか読んでないじゃん!!!

っていう。(笑)
早く気づけよ、ってくらいに全部ヴァンパイア学園モノ。
Twilight saga(途中から曖昧だけど)に
Vampire Kissesシリーズに(こっちはモロ)に
このVampire Knight(これはもうバリバリ。だって日本の少女漫画だもん。)
そして、読んでない手元にある待機してるペーパーバックは、EclipseにVampire Academy!?(笑)

なんだか、ヴァンパイア学園モノのエキスパートになれそうな、そんな今日この頃の読書事情(笑)
でも、ハッキリ言って、
ヴァンパイア学園モノ大好きだから、
いいいねん。別に。(笑)
こんなに沢山ヴァンパイア学園モノを世界中で出版してくれてありがとう、ってかんじ。

しかし、身近に誰も語る人がいないのが悲しいわ…。
誰もVampire Kissesシリーズとかはともかく、Twilight読んでる人もいない!
別にいいねんけどさ~。

今聞いてるのはBuckCherryのTime Bomb。
久しぶり~。いいアルバムだよねぇ~。
そういえば、大阪には単独公演で来なかったよねぇ~。
この頃から比べると、変なパンツはけるくらいビッグになったよねぇ。
なんて思い出してみたり。(笑)
Posted by Mai Aimheart on 18.2009   0 comments   0 trackback

Gloom Cookie 3: Broken Curses

Category : Book Notices:Author: S
SL160.jpg

Gloom Cookie 3: Broken Curses
by. Serena Valentino


ちょっとした紹介的なかんじで、載せてるから、ネタバレを少なくするためにあまり多くは語りません(笑)
ポップなゴスーなかんじのマンガなり小説探してる人はチェックしてみてねぇ、程度な。ノリ。だから。(笑)


あまり詳しくはないんだけど(笑)
グラフィック・ノヴェル(マンガ)Gloom Cookieシリーズの……単行本になった分の3冊目…かな。

続きもので、途中から始まるんだけど、
ロンドンで発見した際、これしか売ってなかったから、前作読んでません…。
でも、話の内容は大体わかるようにはなってる。
今後このシリーズの前後は読む予定。

画風は海外のポップなゴスなマンガ。
実際に作者がバリバリのゴス・ファッションの人。

話は日本のマンガとか大好きなせいか、日本のマンガとかの匂いがするような展開。
呪いがあって、その呪いを解くのが今作のメイン。
Posted by Mai Aimheart on 18.2009   0 comments   0 trackback

New Moon

Category : Foreign Book
410Tyb4tc0L.jpg


New Moon
by. Stephenie Meyer



ヴァンパイア・ロマンスTwilight Sagaの2冊目。


1冊目でハッピーエンドを迎えたかのように見えたベラとエドワード。
しかし、彼女の誕生日の事件によって大きく変わってしまう。

前作よりもダークな雰囲気が終始つきまとうような今作。
居留区に住むジェイコブたちとヴァンパイアのカレン一家が対立してた理由、ヴァンパイア貴族、など新たに色々秘密が明らかに。

3部作映画の2作目にあたる一冊。
映画は、今年末に公開予定、らしい。

本作の本は4冊。
Posted by Mai Aimheart on 18.2009   0 comments   0 trackback

Twilight

Category : Foreign Book
40STk160.jpg


Twilight
by. Stephenie Meyer

Twilight Sagaの1冊目。

主人公は高校生のベラ。
転校した学校でベラが出会ったのは、ヴァンパイアの一家だった。
そして、ベラはその一家の1人、エドワードと恋に落ちる。


これだけ書くと、話がベタなかんじだけど、期待は裏切らないベタさ。
でも、それだけじゃ語れない魅力というのがあって、それが世界中を夢中にさせる理由。
圧倒的に女性向けだけど。
女性の方はオススメ。
女性じゃなくても、オススメ。

全米ではすでに公開されて大反響をおこしたけど、
本作がベースの映画3部作の1作目は、4月に日本公開予定。
Posted by Mai Aimheart on 18.2009   0 comments   0 trackback

The UK Rep. Part.9 : Highgate Cemetery

Category : UK story
十字架やケルティック・クロス、
酸性雨で涙を流す不気味な天使や聖母の石の塊がゴロゴロし、
漂う死臭に、
夜には怪しい光が見えるとか見えないだとか。
墓地。
そこは胸が躍る場所。


海外、特にヨーロッパに行くなら、絶対に外せない場所といったら、ここしかない。

墓地。

言うまでもなく、日本の墓地に萌えない私。
棺桶で埋められるなんて日本では有り得ないし、ヴァンパイアがいるかも!なんていうロマンは皆無に等しく、しかもいたとしても平安時代のイケメンとされた一重、下膨れ男とかゼッタイいらん!し(笑)
海外の墓地に憧れて憧れて

ということで、念願の墓地に足を運んできたよ。

ロンドンのカムデンよりも郊外、ハイゲイトにある墓地。
大きく、映画の撮影にも使われたりもするらしい、ロンドンで有名な墓地。

ここは、都市伝説のある場所で、吸血鬼伝説とか超常現象だとかの噂がある場所。


まず始めに行く人は、開いてる時間帯をチェックしてから行くのが、オススメ。
というのも、ハイゲイトはフラットなロンドン市内と違って、ビックリするくらいの急斜面の地域だから道を登る(歩くじゃなく、登る)のも容易じゃないし、
墓地は広いから入り口までの道のりは、駅から外に出て、意外にも遠い。
予想以上に時間を要すること間違い無し。
途中アダムスファミリーの家にそっくりなくらい素敵な建物とかゴロゴロしてて、楽しいんだけど、
とにかく登るのがしんどい……。

閉館(?)時間を知らず、すごく微妙な時間に行った私は、
「ごめんなさいね。もう閉めちゃったのよ。明日10時から開いてるから、また来てくれないかしら?」
と、ギリギリ間に合わなくて入れなかったし…。
や、やっとのことで山登り切った感溢れんばかりに到着したっていうのに…。みたいな。
途中、ゴス・ファッションに身を包んだカップルとすれ違ったんだけど、墓地でデートしてたんだろうなぁと思って素敵すぎてテンション上がってたのに!!(笑)

しょんぼり帰路に。
そのおかげで急傾斜を登りまくってから折り返して降りて来るよりも途中の隣接する公園突っ切るのが、墓地の入り口へのショートカットだというのを発見したけど。
たぶん10分くらい違う気がする。


ということで、
言われた通り次の日にまた来ることにしたんだけど、
その日というのはロンドンを昼に離れなければならないというスケジュールな日で、まったく時間が無かったという……(涙)

また、地獄坂とか名前つけてあげたくなる急傾斜を登って墓地を目指すことに。
急傾斜。
PICT0224.jpg

道中にあった猫、の彫刻。
PICT0222.jpg

街並は素敵。でも、坂しんどい…。
PICT0226.jpg
PICT0231.jpg

この道には、何があるか、わかりやすいネーミング。
マクドナルド沿いの道の看板。
PICT0254.jpg

ロンドン郊外の、急傾斜だけに、ロンドン市内が一望できる。
けど、曇ってて微妙な写真。(笑)
晴れてたらロンドン・アイ(ロンドン市内にある楕円形の乗り物の観覧車)とか見えるんだけど。
PICT0291.jpg


そうしてる内に、公園の入り口を発見。
その手前には、ゴシック調の教会が。
PICT0228.jpg
PICT0290.jpg


これは公園内。
公園内の写真を撮ってたら、突然、茶目っ気溢れるおじいさんが前に立ちはだかり、『わしを撮りなさい!ホラ!』とか両手を広げてアピールされて困ったり(笑)撮ってないけど(笑)
こんなひょうきんなジジィ日本の公園じゃなかなか見かけない(笑)ケンジントン・ジィやM&Sジィといい、ロンドンは素敵なジジィの生息地らしい(笑)
PICT0289.jpg
PICT0240.jpg


入り口に面してる坂道も尋常じゃない急傾斜。
PICT0234.jpg



そして、やっと念願の墓地に!!
朝っぱらから、テンション上がりまくり!
朝早いからか人がいなくて、静か………
でもなかった。
自然をそのまま放置してて、一見不気味すぎるくらい緑の多い墓地で、
人はいなくても、生き物は存在してて、
鳥はたくさんいるし、何よりも子リスがそこらじゅうを追っかけっこして猛スピードで走り回ってるから、ガサガサ騒がしくてしょうがない(笑)
「ちょっと、あんたらチョロチョロ『ヴァンパイアがいるかも♪』っていうロマンの雰囲気ぶち壊すなや!」ってくらいにガサガサ(笑)
なんで私の周りには、よくコメディーがつきまとうのか…(笑)

そんな周りをリスがウロチョロウロチョロしまくる中、写真を撮りまくり歩いてたよ。
自然そのままだから、大きな道は確かにあるものの、ほとんどが獣道のようなかんじ。
たしかに、超常現象とか有り得そう!
名前さえない墓石とか、倒れてる墓石とか、コケで緑っぽいものとか、
そして、イギリスだけにケルティック・クロスの墓石も多くて素敵スギ。
セメタリー、共同墓地だけに、クリスチャンの十字架だけじゃなく、ケルティック・クロス(ケルトの宗教)や日本の墓もあったりしたよ。
新しいのは、そんな雰囲気がなく奇麗だから、見分けやすいくらい違う。

でも、あれ?
よく聞く『墓場の匂い』『死臭』を体験するんだと意気込んでたのに……無い……。無臭。
ちょっとガッカリしたり。

イギリスでは、墓地も普通の公園と同じような感覚。
だから、普通の公園の脇に墓石がっていうパターンもあったり。
散歩しに行こうって感覚で訪れる人が多いからか、無臭だったりするのかな?とかも、思ったりしたけど、知りません。

時間がかなり無かったのもあるけど、ツアーオンリーでヴィクトリアンとかエジプト調やらの荘厳でドデカい立派な墓のツアーとかも別区画でやってたりするそう。
見たかった……。

墓石写真集~。

PICT0235.jpg
PICT0260.jpg
PICT0261.jpg
PICT0263.jpg
PICT0270.jpg
PICT0275.jpg
PICT0279.jpg
PICT0283.jpg
PICT0284.jpg
PICT0286.jpg


またOxfordの時にも墓石出て来るけど、お楽しみに~(笑)
Posted by Mai Aimheart on 16.2009   0 comments   0 trackback

The UK Rep. Pt.8 : Chelsea

Category : UK story
チェルシー (Chelsea)
ロンドンの南西に位置する地区。

日本のキャンディーの名前はここの地名が由来。

なぜなら、その昔、でもそれほど昔じゃない昔、チェルシー地区のキングス・ロードは若者ファッションの中心で、スウィンギン・ロンドン・ファッションの生まれた地域だから。
というと、説明になってないかな(笑)
キャンディーのチェルシーのパッケージデザインはこのスウィンギン・ロンドン時代のボス格的存在だったブランド、BIBAのアールヌーヴォーでサイケなデザインとかの雰囲気を模したデザイン。
その昔、チェルシーのCMはそんな雰囲気とノスタルジック、ブラス・ロリータを思わせるような少女の妖艶でいてあどけない可愛いイリナ・イオネスコ
(Irina Ionesco、写真家)の作品
54792_174.jpg
のようなCMだったらしい。当時少女趣味とかで話題になったらしいけど。凄く見たいんだけど、You Tubeで発見ならず……。
そんなBIBAがあったのもこのキングスロードだったとか。
BIBAの影響は多大で、BIBAのコピーのようなデザインなのはANNA SUI。
後に、この通りをしょっちゅう闊歩してた少女ヴィヴィアン・ウェストウッドは、ご存知の通りの存在に。
そして、この通りには有名なヴィヴィアン・ウェストウッドのワ-ルズ・エンド店がある。

とか書いてると、服飾史かカルチャー史みたいになっちゃうからこのへんにして。



私がチェルシーに来たかった理由は2,3あるんだけど、そのメインはほとんど
『オスカー・ワイルド』。
彼、オスカー・ワイルドが住んでた家があったりする場所だから、その昔彼が歩いただろう道を歩いてみたかったのと家が見て見たかったっていうだけ。
それから、さっきも言ってたファッションの歴史があった道を歩いてみたかったから。

オスカー・ワイルドはアイルランド出身の作家、劇作家。ヴィクトリア朝時代のイギリス文学作家。世紀末の有名なゲイ。(笑)
代表作は『サロメ』『ドリアングレイの肖像』などなど。
彼の半生を描いた映画には若かりしオーランド・ブルームが2秒出てます(笑)


さて、私がチェルシーに行ったのは、V&A美術館の帰り(?)。
地図をざっと見て、縮尺をあまり気にもしないで、途中にも寄りたい場所はあったし、キングスロードまで歩いて行けるだろうって思って徒歩決行。

しかし、かなり歩いた……。
もう、キングスロードについた時にはお願いだから誰か私をおぶって帰ってくれって思うほど(笑)

道中。
20666005_317235120s.jpg
20666005_450647374s.jpg
20666005_2705918235s.jpg
白い高級感ある建物から段々落ち着いたレンガ作りの高級そうな建物に段々変わって行くし、絶対に高そうなピカピカのスポーツカーがスピード出して通り過ぎて行くような地域。

徒歩を選んで寄りたかった場所というのは、
オスカー・ワイルドが通ってたというギャラリーだったというホテルの一室の喫茶店。
The Cadoganっていうホテルの中にある。
張り切って歩いて来て、やっと目的地を見つけてご満悦で外にあったメニューを見てフリーズ。
待て、ここで優雅にお茶したら帰りの電車賃すら無い。
さすがホテルの喫茶店。
値段が…その辺のカフェで、スタバで、ってノリの何倍もするわけで…。
よし、外観撮るだけは『タダ』だもんね!
と写真だけ(笑)
歩いた意味無し。
20666005_1267713994.jpg
20666005_2599891009.jpg
20666005_3205793506.jpg
横の写真は首をひねって、ご覧下さい(笑)


そして、ヘロヘロしながら、やっとキングスロードに到着。
まだ道を歩いてもないのに、疲労困憊、歩きたくないってかんじ(笑)
でも、ここまで来たんだから、と、脚を叱咤しながら、行きたかった店目指して歩き始めたんだけど、
遠い……。
思ったより遠い……。
ゆっくりウィンドウショッピングを決め込むつもりが、歩きすぎて余裕がない(笑)
20666005_1985832225.jpg
20666005_2675216695.jpg
お洒落な街並と店と、通りがかりのメチャお洒落でメチャ可愛い金髪お兄ちゃんのスマイルに癒されて(笑)、やっと目的の店発見。
Ad Hoc
20666005_1824565966.jpg
20666005_4134260325.jpg
この店は楠本まきの『耽美生活百科』の方に載ってたお店。
まだ健在で嬉しい。
見ての通り、なんというか、パンキッシュでドラッグクイーンなファビュラスファッションのお店。
店内は狭いんだけど、弾けててテンション上がったわぁ(笑)
この通りを通ったときは、寄り道してみては?っていうお店。

そんなこんなで、さらに何キロも先を歩かないと行けないし時間も圧して来てるから、服買えるような余裕なかったし、ヴィヴィアン本人が好きで服は二の次だから、ヴィヴィアンの店は断念。

そのまま、地図とにらめっこして、オスカーワイルドの家に行くべく、人の通らないような道へ。
脚が棒のような状態だったから、また駅まで歩くのか…なんて考えながら前進(笑)
それにしても、住宅街だからかキングスロードに比べて、人通りが極めて少ない。
20666005_1246106000.jpg

そして、発見。
オスカー・ワイルドの家。
20666005_61613029.jpg
20666005_1580070300.jpg
20666005_2824273855.jpg
20666005_3142095378.jpg
20666005_4079115122.jpg

有名人、著名人の住んでた家はこういった青いブルー・プラークっていう印があって、知ることができる。
このオスカーの家は、今は一般人の人が住んでる普通の家で、ある意味勝手に家人ん家撮影してるようなもんで、微妙な心境…(笑)
でも、ここにオスカーが住んでたのか、と思って5分くらいボーっと人ん家の前に佇んで眺めてたのでした。

さっき、調べて初めて知ったんだけど、
チェルシー地区には他にも、是非行きたかったブルー・プラークのある家があった…!!
結局脚がもう限界だったから無理だっただろうけど、
他にも
ジョニー・デップ
フレディ・マーキュリー(クイーン)
ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)
の住んでた家が見られたのに…!!
知らなかった……。


時間的にもう閉まってたけど、ここは有名なナショナル・アーミー・ミュージアムがある場所らしく、
私はミュージアムとは知らずに、カッケ~!!大砲とか置いてるよ!!
写真写真!!とか思ってただけっていう(オイオイ/笑)
20666005_64842631.jpg
20666005_835156869.jpg

他にもロイヤル・ホスピタル・ロードっていう大通りがある所に、名前通り、ロイヤリティー溢れる豪勢な外観の病院(?)があったり。
小さい墓場があったり。
うっかり、門が開いてたから入って写真撮っちゃったり(笑)
20666005_2726631277.jpg
20666005_2937974393.jpg
20666005_3109586724.jpg
20666005_1708356540.jpg
20666005_1936305707.jpg
墓場に胸キュン(笑)
実を言うと、私の写真の3分の1は墓の写真(笑)



ということで、次は私の墓場写真の日記にしようと、思います(笑)
Posted by Mai Aimheart on 13.2009   0 comments   0 trackback

Movies

Category : Movie Review: L
今日は家に帰って『ダイ・ハード4.0』を観てたんだけど、
まあ~生身の普通の人間なのに、HEORESのキャラ並みにホンマDie Hard(チョー死なない)。
実を言うと、今までダイ・ハード見たことなかったんだけど、監督がレン・ワイズマンだから見たっていう。
なんか、とっても突っ込み満載なんだけど、そもそもDie Hardだからその辺は気にしちゃナンセンスなんだよね、きっと。
その辺の刑事がそんなガンガン人殺して窃盗して脅迫していいのかとか、4階からそんな落ち方して起き上がれるかいなとか、そんな俊敏なアクション……とか色々(笑)
アクション映画だもん!突っ込んじゃいけないのだ。わかってる。これだって素晴らしくファンタジー映画だってことくらい。(笑)
ファンタジー映画で空飛んでも弾丸ブリッヂで避けても、サングラスのスーツのおっさんが大量発生しても不思議に思わないで突っ込まないんだから、これも同じさ(笑)
ハッカーのナヨいのがやたらかわゆくて、ブルースのハゲ頭はまったく気にならなかったわ(笑)
ど~しようもないくらいのダメっぷりがあるんだけど、頭脳明晰で顔はなかなかいいっていうのとキャラクターが、かわゆくさせてるんだろうね。Hellboyの半魚人と同じで。
しかし、やっぱりレン・ワイズマン好き。

でも、最近見た映画で一番面白かったのは『チャックとラリーのおかしな偽装結婚』っていうコメディー映画。
アメリカ公開してから、見たかった映画。
かな~~り、おもろい。
ワケあって、親友同士の消防士がゲイのカップルを装うっていう話なんだけど、最初から最後まで笑いまくり。
でも、下品で笑うっていうんじゃなく、でも、そうなんだけど(笑)
最終絶叫計画のノリのようなバカ笑いの種類ではないし、いいコメディー映画で意外にいい話。
笑いたい人オススメ。見て楽しく面白く満足。

あとは、くせ者頑固ジジイ萌えには『ウェイトレス』をオススメ(笑)
ジジイ萌え~(笑)
Posted by Mai Aimheart on 11.2009   0 comments   0 trackback

WOW!

Category : Music
今見たら、mixiの注目キーワードが
『MR.BIG』
ついに発表になったもんねぇ~。
それでキーワードになるくらい、彼らが有名だったか記憶になかったから、ビックリだ。
日本での人気度っていうと、海外とは比べ物にならないからね、このバンドに関して言うと。

Nikki Sixx曰く、『なんでヤツらがこんなに人気なのかわからない。きっとアメリカのみんなはビックリするだろう。』的なことを言ってたし(笑)

この分だったら、動員数に困ることはなさそうだよね。
そうなったら、再結成、どれくらい続けるんだろう??

とりあえず、期間限定とか言ってたCarcassも、大絶賛で、まだ今年もツアーだイェア~!ってかんじだし(笑)
マイケル&ダニエル、頑張って~!ってかんじ(笑)

でも、MR.BIG好きとうよりかは、かなり好き、の部類に分類されるバンドではあるんだけど、
行くか行かないか、……微妙なところかな。
リッチーがギターだったら、もっと真剣に悩むだろうけど、ポールだし(笑)でも、ポールでこそMr.Bigだし。
そして、エリックの声は、聴きたいなぁ…とも思うし。
ウチのママンは張り切って行くのは目に見えてるんだけど(笑)
私はBlack Tideの方が気になる(笑)

そうして、私もこうして『注目キーワード』の片棒かついてるんだろうね、MR.BIGについて書いたから(笑)
Posted by Mai Aimheart on 11.2009   0 comments   0 trackback

爆笑

Category : TV
You Tubeでマシ・オカのめちゃイケがアップされてるのを発見して、
無事、見ることができたんだけど、
なんだか……微妙だったかも。

で、他にも色々マシの出てた日本の番組とか見たりしてたんだけど、
見て思わず爆笑してしまったものが……コレ(爆死)



しばらく笑ってしまったわ(笑)
そんなHeroesいややん!!(笑)
進歩(笑)
Posted by Mai Aimheart on 11.2009   0 comments   0 trackback

ィヤッタァ~~!!

Category : Movie News
とはいえ、見逃したマシオカのが見れたってわけじゃござーません。(笑)

なんだか、私の部屋、ものすんごい脳髄まで麻痺しそうなくらい甘い香りが充満してるんだけど…なんなんだろう、この匂い……(笑)
最近買ったインセンスのせいかボディークリームのせいかその他もろもろの匂いが混じってることは確かだろうけど、それにしてもすごい。(笑)

何が『ぃやったぁ~~!!!』なのかというと、
私が心底見たい!!って絶叫してた映画『Repo! The Genetic Opera』の日本公開が決定!!!
Repo レポっていうタイトルになるそうなんだけど、レポじゃなくリポなような…、まあ、そんなん言い出すと発音カタカナ表記きりがないんだけど。
東京で春公開、で順次公開予定みたいだけど、
春っていつだ!!(笑)

でも、DVDでリリースされただけでもラッキーだって思ってたから、公開はかなり嬉しい!!
これはDVDリリースにもなりそうだし、
これは絶対に買うっきゃないだろうし、
公開するなら行かなきゃ!だし。

日本の公式サイトがすでにできてるんだけど、
まだ何も内容は無い。
www.repo-movie.jp/pc/

詳しくはアメリカのオフィシャルサイトにて!ってかんじかな。
そのリンクは前に書いた記事を参照してね。

春は見たい映画がてんこ盛り!
しかも、どれもこれもヴァンパイアだったりSFだったりとかダークでゴスなものば~~~~~~っかり。(笑)


今から枯らした黒薔薇の代わりを買いに行くか否か、迷い中。
なにせ、頭痛が……。
枯れた黒薔薇、スゴイ。本当に真っ黒になった(笑)
『ブラック・バカラ』という名前の薔薇だそう。
名前からして素敵スギやん!
っていう。

さっきまでHeroes見てたんだけど、いや~~メインキャラの皆さんなかなかに能力色々やのにどれも不死身スギやね(笑)
あんた生きとったん!?みたいな(笑)
でも、やっぱりどうしてもアイザックは生き返ってくれないみたいで、とっても悲しい……お気に入りキャラだったのに…変な絵と彼の名前だけシーズン2に出てきやがって……。(笑)
Posted by Mai Aimheart on 09.2009   0 comments   0 trackback

見逃した。

Category : DITA VON TEESE
今日(時間的には昨日)のめちゃイケに、マシ・オカが出てたらしいんだけど、知るのがちょっと遅かった……(涙)
ちょっと見たかったなぁ。
そういう今日はHeroesシーズン2一挙放送を録画。
まだ見てないけど、追々見るつもり。


最近知って『知らんかった!』っていうのが、ちょろちょろ。
まず、マシ・オカのTV情報がソレ。
あとは、Trivium、Black Tideと来日決定!
それから、Lordiも来日決定!
あとは、ガンズの内容豪華な書籍が発売。
クロウのコミック、日本版が出版されてた!

クロウは『クロウ 飛翔伝説』って映画と同じタイトルで、映画化にともなって翻訳発売されたらしい。
でも、それってかなり昔の話で今は入手困難らしい。
昨日オリジナル版をAmazonで検索してて発見したんだけど、オリジナル版ももう出版はされてないのか、中古しかなかったし…。
見たかったんだけどなぁ……。
そう思ってクロウのドラマ版DVDの1枚目真面目に見てなかったから改めて見てたんだけど、やっぱ俳優がブランドンじゃないとヤダ!!派だから、映像も微妙だし、イマイチ好きになれなかった……。
でも、クロウは身悶えするほど好きなんだよねぇ。
話とエリックのルックスの設定とかが素敵すぎる。


知らんかった!っていうので、昨日萌え萌えしてたのは、
DITAのワンダーブラのCM。
DITAのワンダーブラが発売になったのも、そのプロモーションで写真とかあるのも知ってたんだけど、CMは知らんかった。
ちょ~~~~~~可愛いんだよね!!
ブラが研究者DITAにシュバ~ッ!って張り付いてバレースクDITA Von Teaseに変身!
私も欲しい~~!!DITAになる~~!!って一発でなるCM(笑)
むしろDITAが欲しい(笑)



昨日に梅田に行ったらば、輸入映画雑誌まる一冊Twilightをメインにヴァンパイア特集しててちょっとテンション上がったわ。
海外での人気って、本当に凄いよねぇ。
今日も海外ドラマ紹介番組でデイヴスペクターが「ヴァンパイアがキてます。」ってTwilightから、ヴァンパイアの海外ドラマを紹介してたよ。
本当に色んな意味で4月の日本公開が楽しみ。
日本での反応は、本当にどうなんだろう??って。
The Dark Knightも全米ではあんなに話題になってたのに、日本では微妙だったし。
しかし、紀伊国屋で、まだEclipse読んでないのに、うっかり翻訳版の帯が目に入ってネタバレしてしまって、翻訳版恨んでしまった……。
Posted by Mai Aimheart on 08.2009   0 comments   0 trackback

Coraline

Category : Movie News
面白そうな映画を、
って最近似たセリフ言い過ぎな気がするけど、
気になる映画は、結構つきないもので。
しかも、日本公開しなかったりするオチも……。

これも、日本公開未定だと思われるんだけど、

CGアニメーションなのかストップモーションなのか、
とはいえ、最近はストップモーションもデジタルの成す技みたいにはなってきてるけど、
アニメーション映画。

『ティム・バートン』
『ストップ・モーション』
『Nightmare Before Christmas』
『Corpse Blide』
っていうキーワードが気になる人。
絶対興味あると思う。

これは見たいかも!って思ってたら、
実際にNightmare Before ChristmasのDirectorが関係してるそうだし。
脚本というか原作は、StarDustのニール・ゲイマン。

面白そう~。
アメリカでは明日6日から公開。
いいなぁ~~。

Coralineっていう名前の少女の話で、ふしぎの国のというより鏡の国のアリス的なストーリー、と思われる。

Trailer(予告編)↓
Posted by Mai Aimheart on 06.2009   0 comments   0 trackback

REPO! The Genetic Opera

Category : Movie News
最近気になって、
チョ~~見たい映画の1つ。

Repo: The Genetic Opera


いつも見てるシネマ情報番組でチラっとパリスヒルトンのことで3、4秒映ってただけなんだけど、
それだけで、充分気になりまくりで、
ソレからというもの、見たいなぁって思ってる映画。

ロックミュージカル映画かそんなんらしいけど。

ファッションが驚くほど近未来なゴスでロックなかんじで、ワオ!って思ってたら、
今日やっと届いたGothic Beautyの最新号に特集されてた。

そして、ちゃんとYou Tubeとか探したら、
も~~最強に心躍るTrailerとかあるじゃない!!

元々は舞台ミュージカルだったみたいだけど、
近未来グラフィック・ノベル風な作品に最強に弱い上にゴスちっくとか、
ヤバい!!
ヤバすぎる!!!

しかも曲が結構インダストリアルロックかメタル寄り。

日本上陸しなかったら発狂する!!(笑)


最強に見たい!!


そんなRepo: The Genetic OperaのTrailer





パリス・ヒルトンだけじゃなく、
サラ・ブライトマンとかも出演してるみたい。
サラは、見たい。
彼女の歌声はなかなかに好きだから。

サウンドトラックにはショーン(SlipKnot)とかも参加してるみたいだし。

だけど、ミュージカルというか、オペラみたいだから(つまりセリフすら歌う)吹き替えはまず不可能として、というか絶対にいらない。
日本公開は……………
してくれなきゃ泣く!!

詳しいこと、たくさんの動画とかサイトで見れるから気になる人は、
ぜったい見た方がいい。
http://www.myspace.com/dlbmovies
http://repo-opera.com/




ロックミュージカルでSFといえば、
トランス・セクシュアル星から来た♪の
The Rocky Horror Picture Show
も、大好き♪

Posted by Mai Aimheart on 04.2009   2 comments   0 trackback

Ahh, you are SO amazing

Category : Movie Review: A
ネット全然繋がってくれなくてキレそうになってて、机から下ろして床に置いたところ……繋がった……。
なんなのよ!
私に床に寝そべれってことか…!?

とりあえず、繋がって、血管も切れないですんでよかったなぁ、みたいな(笑)


最近見た映画で、面白かったのがあった。

ってそんなにアホみたいに見てるわけじゃなくてやっぱり海外ドラマばっか見てるんだけど。

『バロン』
っていう、結構古いファンタジー映画。
とはいえ、カラーだけど。

この作品の監督はテリー・ギリアムなんだけど、最後のクレジット見るまで知らなかった。
でも、知った瞬間、なるほど~~とは思ったり。
テリー・ギリアムは『モンティー・パイソン』の監督で、最近で有名なのは『ブラザーズ・グリム』かな。

普通にファンタジー映画だし、
かなり古い映画だけに、特撮技術っていうのはそこまで進歩してないし、
ちょっと、いや、かなり意図的にも作りが功名にちゃちくて、
それが最高に雰囲気に合ってるんだよね。

そして、コメディーで、おもろい。
色んな意味で。
主人公のバロンっていうオッサンというかジジイの冒険の話なんだけど、このオッサンの部下に音速くらいで走れるくらいに足が早い男がいるんだけど、早すぎるから普段は足かせをつけてるっていうんだけど、重りがチョーコメディー(笑)
マンガな表現のどデカイ鉄球で、それ絶対に発泡スチロールかなんかでできてるやろ!っていうくらい見てて重量感が無いっていうちゃちさが(笑)
他にも色々。
とはいえ、当時76億円もかかってたらしいけど。だから、鉄球はわざとなんだよね。(笑)

キャラは素晴らしいし、
最近なかなかお目にかからないファンタジー映画の世界がここに、ってかんじ。
映画の空間とかも凄く好きだし。
私が小学校の頃に読んだ海賊のファンタジー小説のノリはこんなんだった。
っていうくらいに、なんか懐かしいし(たしかに古い作品だけど)、好みだった、

かなり、オススメ。
今でも十分楽しいし。
あとは、そうだな、私最初のほうしか読んでないから今全然話わからないくらいに、わからないけど、マンガのワンピースとか好きなら好きかも。
なんか、どこかが似てるような気がする。




今日は早くに家を出ないと行けないから、このまま徹夜する予定。
本読もうかなぁ、
映画見ようかな、
と考え中。
Posted by Mai Aimheart on 04.2009   0 comments   0 trackback
 HOME 

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。