• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

My immortal ideal guy

Category : Movie News
100816_193516.jpg

アタシの永遠の理想の男、ブランドン・リー演じる(←ここ重要)エリック・ドレイヴン。


今日のお出かけリポの一番最初に書いたように、今日ついに、ずっと行こう行こうと思ってた、気になってた映画ポスター専門店に立ち寄ってみたよ。

心斎橋の東急ハンズの側面、御堂筋沿いに伸びる道を本町側に入ってすぐに見えるカフェのビルの3階。

ギャラリーみたいな板の間にシンプルな何も無さげな部屋に壁沿いにポスターが立てかけられてるっていうかんじ。
よくヴィレッジヴァンガードで見るような、金属フレームに入っててパラパラとめくるものでも、筒状になってるでもなく、
奇麗に台紙と共に折れないようにされて厚手のファスナーバッグ的なビニール袋に納められていて、映画館用のポスターなのでよく見るポスターの2倍は大きさがあって、自分でペリペリ一枚ずつ大掛かりに見て行くっていう。

部屋の中央にはクラアファイルに入れられたスチール写真が。
これも、1ページずつパラパラ見るっていう。
写真にはリストがあって、ファイルにはページ数が振ってあるから、見たいページの番号を探せば出て来るんだけど。

うっかり、無いだろうと決めつけてたTANK GIRLとVelvet Goldmineのポスターを発見してしまって唸ってしまったわ。
時計仕掛けのオレンジもあったよ。
他にもジョニーデップは結構あったし、入手困難でシザーハンズのは10000円以上してた。

Tank GirlもVelvet Goldmineも凄く捨てがたかったんだけど、部屋の壁はモノトーンを目指そうと思ってる最中だから、なんかイメージが違うなぁなんて思ってみたり。
Rocky Horror Picture Showとか絵になるのがあれば!って思ってたんだけど見つからず。

コレがあれば買うかかなり悩む!っていう物がThe Addams Familyのポスターだったんだけど、The Addams Familyのポスターは無いって言われてしまい、結局ポスターでコレ!っていうのは発見ならず。
面白かったけど。
これは貼ったらイイかんじかもしれん!って思ったのは、V For Vendettaのポスター2種類、かなぁ。これはかなりグッときた。
だけど、そこまでV For Vendetta好き!っていうわけじゃないわけで。

部屋の中央に置かれたスチール写真のファイルたちは、カラーだったりモノクロだったり。
時計仕掛けのオレンジのアレックスが目玉無理矢理開かされてるシーンの写真を発見したからパラパラ見てたんだけど、ふっと視線を外した先に思わぬものを発見。
開かれたファイルにある写真は………(ブランドン・リーの)エリック!!!!
The Crowの主人公ブランドン・リー演じるエリック・ドレイヴンじゃないか!!!!

うるせーってなるくらい何度も言ってるけど、ブランドン・リー演じるエリック・ドレイヴンがアタシの理想の男。永遠の理想。
そうそうたるハリウッドスターの写真が開かれて置かれてる中、これが見えるように開いて置かれてるなんて、アタシを待ってたに違いない!
って、運命を感じてしまった(笑)
というのも、このThe Crowが彼のほぼ唯一の代表作で遺作。
今でもカルト的人気を誇ってる映画だけど、それでもやっぱり一部の人に人気な映画であって、彼がブルース・リーの息子だからってそこまで持ち上げられる存在でもなく。(ブルース・リーの息子なの。お母さん寄りなんだろうね、一体どこにアジアの血が流れてるんだっていう容姿をしております。そして、今はお父さん、ブルースリーのお墓の隣で眠っています。)
たまたま開いていて、アタシを待ってたに違いなさすぎる。
別に何か買うつもりじゃなかったのに、なにしろ彼はアタシの理想の男(ブランドン・リーが、ではなく、エリック・ドレイヴン、でもなく、ブランドン・リー演じるエリック・ドレイヴンが理想。っていうのも、続編も存在するんだけど、この作品と彼の演技が圧倒的すぎて、彼以外のエリックは好きになれないし作品もイマイチ。)。
抗えなかった。

初めて映画のスチール写真とか買ったよ。
モノクロなのがまた雰囲気良し。↑
見るたびにニヤニヤしてしまう(笑)

やっぱり、文字通り、彼は永遠のアタシの理想の男です。

みんなも是非見てみて、『The Crow』(邦題は、『クロウ ~飛翔伝説~』)。
エリックに惚れてまうやろ~!ってなること間違いないから。
実際に惚れた人がここに1人。

ニコニコ動画で字幕付きで見れるから、ニコニコ動画見れる人は是非見て!今すぐ見て!
興ざめっていうかげんなりするからテロップ切にして見てね。最後号泣するから。(←もう50回は軽く見てるのに、毎回号泣する人/笑)


関連記事
Posted by Mai Aimheart on 17.2010   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://blackwidow.blog17.fc2.com/tb.php/1398-03faab9f

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。