• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

The Adjustment Bureau

Category : Movie Review: A
The_Adjustment_Bureau_Poster.jpg


昨日、水曜日は月一度あるか無いか、のMovie Dayでした。

映画2本ハシゴdayってやつです(笑)


最初に見たのは『アジャストメント』。
マッディーモン(マットデイモン)主演のSF映画。

マッディーモン目当てじゃ全くなく、作品の元になったのが『ブレードランナー』や『マイノリティーリポート』なんかの作品の原作者の短編で、原作者のネームバリューで観に行った映画。
なにせ『ブレードランナー』って耳にしたら簡単にホイホイされるヤツなので、アタシ(笑)




 将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッドはある日、美しい女性、エリースと出会い心惹かれる。
しかし、彼女との仲が深まり始めた矢先、彼は突如現われた黒ずくめの男たちに拉致されてしまう。
彼らは“アジャストメント・ビューロー(運命調整局)”という謎の組織に所属し、人間たちがあらかじめ決められた運命から逸脱しないよう、超人的な能力で監視・調整を行う集団だった。
そしてデヴィッドに、本来出会う運命にはなかったエリースとは今後決して再会しないよう強引に従わせようとするのだったが…。
(by.Allcinema)



『The Adjustment Bureau』、日本のタイトルは『アジャストメント』。

私の大好きな映画の1つ、『ブレードランナー』の原作者フィリップ・K・ディックの短編を元にした作品、というから観に行った映画。

舞台は、近未来、ではなく現代のNYマンハッタン。
自分やその周りや世界で起きる様々な出来事は、『見えない何か』に仕組まれていて、だとか『神様の思し召し』だとかで、決して偶然起きたものではないんじゃないかと思うことって、たぶん誰にでも一度や二度あると思う。それが、『アジャストメントビューロー』という組織によって、行われている、っていう設定のもと繰り広げられる話。
そんな、きっと誰もが一度くらい思ったことのあることがあって共感を得やすい発想と、面白いその人の運命を操る組織とその人間ではないキャラクターのルールや条件設定があるのに、いまいち盛り上がれなかったのは、単に私が近未来のSF作品好きだからなのか、そうじゃないのか。
良くも悪くも短編小説というのが、少し透けて見えるような作品ではあって、小説で読めばこれは面白いかもしれない!と思わせる作品なので、映画化する際の練りが足りなかった、のかもしれない。

作品内で、何度もドアからドアにNYの様々な場所にワープするんだけど、
球場がマンハッタンではなくブルックリンにある、だとか、自由の女神がマンハッタンではなくマンハッタン島の下の離島にある、だとか、屋上のシーンはロックフェラーの屋上でマンハッタンの中心あたりにある、だとか、
知ってる人は見ていて、どのくらい一瞬にして移動しているのか大体わかるんだけど、
普通の人が見てもわかるのかな?と少し思ったので、その辺りの地理とか知ってる人の方がより面白いかもしれません。

アタシNY行くことになるまで、自由の女神はNYに行けば簡単に見れるものだと思ってたんだけど、他の多くの日本人は、知ってるのかな?
ロックフェラーの上とかは、行った人にしかわからないにしろ。
球場とかは、ふしぎ発見で知ったし(笑)
関連記事
Posted by Mai Aimheart on 09.2011   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://blackwidow.blog17.fc2.com/tb.php/1909-4c27cf1a

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。