• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

続・Dog Sees God: Confession of a Teenage Blockhead

Category : other topic
DogSeesGodPOSTER-REP2011-696x10241.jpg

前回、オフブロードウェイ作品の『Dog Sees God: Confession of a Teenage Blockhead』っていうピーナッツのパロディーアレンジ作品のことを書いたけど、
彼らは高校生になっていて、スヌーピーが狂犬病でウッドストックかみ殺して死んで、ペパーミントパティとマーシーがチアリーダーになってたり、っていう。

You Tubeで、実際の劇、じゃなくて大学の演劇同好会によるStaged reading(台本をみんなで通しで読む)の動画を発見。
劇じゃなくても見れるのは、どういう劇なのか気になってたアタシにとったらすごいありがたい。

で、見たんだけど、予想外に切なすぎる話だったわ……。

笑いを交えた高校生が主人公の舞台だから凄い早口だし周りの笑い声とかで何言ってるのかわからない部分がたくさんあって、半分くらいしかわからなくて悔しかったんだけど。

舞台作品で見れないし、ネタバレしてもいいかな(日本で見れる映画とかなら将来見る可能性があるわけでネタバレしないようにした方がいいと思うけど)


設定は、前回書いた通りで、もう少し加えるならこんなかんじ。

ルーシーは放火癖でカウンセリング中。 チャーリーの元カノ。
ライナスはヤク中。 あのブランケットは姉の放火癖のせいで燃えてしまう(笑)
ピッグペンはタフガイスタメンに。 チャーリーの親友。
ペパーミントパティとマーシーはビッチなチアリーダー。
サリーがゴスハマりつつあり。
シュローダーははみ出し者でゲイって言われて変人扱いポジション。そして父親から性的虐待を受けてる。

劇中だと名前違うんだけど、面倒だからそのまんまで。


スヌーピーが狂犬病でウッドストックをかみ殺して、スヌーピーも死んでしまったところから話はスタート。
チャーリーブラウンが、死んだらどこに行くと思う?と友達とかに聞いて回る。
最初はライナスに聞くんだけど、
「さぁ、天国じゃない?」
「天国ってあると思う?」
「さあ、俺、仏教徒だし」
っていうナイスな切り返しがあったり(笑)
ライナスは過去にカボチャ大王を崇拝してたり変な宗教趣味があるからなるほどなセリフ。セリフがキャラクターならではなかんじが凄いあって面白い。じゃなかったら、元ネタにピーナッツ使う意味無いもんね。

そして、音楽室から聞こえて来るピアノに、昔スヌーピーがピアノに合わせて歌ってたのを思い出して、音楽室でシュローダーと話そうとするも、2年も口すらきいてなかったくせに今更なんだよと跳ね返されるんだけど、仲直りするどころかチャーリーはシュローダーにキスしてしまう。

週末のマーシーの家で開かれたパーティーに、シュローダーが現れるが、チャーリーの親友で同性愛差別者でシュローダーを嫌悪してたピッグペンがシュローダーを追い払おうとするのを見て、チャーリーはみんなが見てる中シュローダーにキスして一緒に外に出て行く。
見たピッグペンやマーシーやライナスたちは唖然。
特に同性愛に嫌悪感を抱いてるピッグペンが自分の親友の行動にショックを受け、受け入れられない彼は親友を奪われた気分を抱く。

数日後、チャーリーは音楽室でピアノを弾くシュローダーに会いに行き、自分のボーイフレンドになってくれないかと申し出るも、すぐには答えられないとシュローダーに言われるが、時間が欲しいだけなんだという彼の答えを噛み締めるようにチャーリーは音楽室を去って行く。
チャーリーの申し出に嬉しそうにしてるシュローダーの元に彼に替わってピッグペンが現れる。チャーリーに二度と近づくな、さもなければ、と脅されるが、彼は『NO』と言い、彼の言葉にキレたピッグペンはシュローダーの手を壊してしまう。

そして、シュローダーは自殺してしまう。

ラストは、
彼はいい人だったわ、と言うペパーミントパティ。それに続いて自殺したシュローダーのことをそれほど気にしたようでもなく話すまわりに、怒るチャーリーブラウン。

やっぱりゴスはやめることにしたわ。もっとしっかり自分の声を大にして言いたいこと言えるようにならなきゃ、というフェミニストっぽい傾向になりつつあるサリーに、
僕って結局ゲイだったのかなぁ、と自問するチャーリー。
さあ、そうかもしれない。そうじゃないかもしれない。私に自分を持てって言ったのはお兄ちゃんでしょ?ってたしなめられて
あ、そうだ。忘れる所だった。手紙が届いてたわよ。
と文通友達からの手紙を渡される。

手紙には、大変だけど心を強く持て。最近近所にピアノを弾く少年が越して来た。彼は辛い人生を送って来たけど、今はピアノに合わせて歌う犬と一緒に楽しくしてるみたいだ。と続き、最後に君の文通友達のCSよりで終る。(文通相手は、暗に、実はピーナッツの作者のチャールズシュルツだった設定で、どうやら天国で死んだスヌーピーたちと幸せにしてるってことらしい)
手紙に涙するチャーリーブラウン。
終幕。

ゲイだったのかなぁ、とか言ってるとこが、ブツブツ自問し続けてるチャーリーブラウンらしいって最後思ってしまったけど(笑)


ざっと簡単にあらすじ説明すればこんな作品。

最初キャラ設定に笑ってたけど、
シュローダーが切なくて可哀想すぎる!!!
まさかのそういう展開っていう。
チャーリーもチャーリーで大事な親友同然だった愛犬と恋人(になるはずだった彼)を短期間で失うとか、悲しすぎる……。
ピーナッツののほほんとした雰囲気を吹き飛ばすような作品(笑)
でも、他のキャラクターも色々悩みとか描かれていて、ティーンの苦悩とか、そういう部分とピーナッツのキャラクターが活かされて描かれてる作品にちょっと関心。

ピーナッツ好きな人からしたら眉をひそめるかもしれないけど。
でも、アタシもピーナッツのファンだけど、この作品好きです。
1作品として、しっかりいい作品だからかも。ただの笑わせるパロディー作品だけに終ってないのが素晴らしい。最初は凄い笑わされるんだけど最後はガッツリ泣かせる。

映画化とか、してほしいなぁ……。
関連記事
Posted by Mai Aimheart on 08.2011   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://blackwidow.blog17.fc2.com/tb.php/2150-6bcac8cc

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。