• 1 Red Riding Hood
    She walks alone in the dark. Walk. Walk to her grandmother's house.
  • 2 Books
  • 3 Obituary for my Grand-pa
  • 4 Kyoto
  • 5 A girl
  • 6 A moment
  • 7 Totally cow
    Artwork for a new years card
  • 8 Dita Von Teese
    At the party of Dita Von Teese in Tokyo.
  • 9 A Drawing
    Titled Spinning Girl
  • 10 The cat in UK
    She lives a dark history museum.
  • 11 Jane's Tea Addiction
    In fact, that's my addiction.
  • 12 Rock memories
    My preciouses.
  • 13 A piece of my manga
  • 14 Wicked brownies from NY
    My friend gave me.
  • 15 Funeral Meal
  • 16 Me
    At a temple my grand-pa is sleeping
  • 17 Bird-woman
    For a new years card
  • 18 Life after Death
  • 19 Darkest Lie
  • 20 Tube in UK
  • 21 Theater of Pain

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Mai Aimheart on --.--

最近発売する欲しい本たち。

Category : Japanese Book
読むのが遅いし、まとまった時間があったら他の事してしまうのでみっちり読む時間も無いから全然進まないんだけど欲しい本と買った本だけはずんずん増えて行く今日この頃。
読む予定で買った本でまだ読んでない本を「積んどく」、「積読」って言うらしい。まさに、ソレ。


最近欲しい本。
なおかつ、この中のほとんどは買う予定、つまり積読になる予定の本たち(笑)を紹介。


まずは、7/6に発売する楠本まきさんのロンドンガイド第2弾。
「ロンドン*トレジャーハント&ロンドンからの小さな旅」
第1弾の「ロンドンAtoZ」は一般向け(ボウイの電話boxとか載ってるあたりで、もうすでにそうではなかったけど)だったのに対して、2弾目はさらにマニアック度を高めた応用編だそう。
彼女の出す本なんだから、そうでなくちゃ(笑)
雑誌に掲載されてた広告の一部を抜粋すると
「秘密の博物館や、使われなくなったカビ臭い駅構内に夜毎出現する芝居小屋じみたナイトクラブ、または一期一会のヴィンテージ・マーケットやカーブート・セール。」
とかとか盛りだくさんさそうな。
発売が延期になって7月になったんだけど、もう7月まで待てん(笑)
こういうマニアックでオルタナティブなロンドンガイド本ってなると出せるのは彼女しかいないよね。そして、買わせるだけのネームバリューと内容があるわけで需要もあるっていうのは、本当凄い。
愛してます。
まだ発売もしてないのに、3弾もあるのを願って止まないわ(笑)


欲しいロンドンガイドのもう1つ。
235_11.jpg

ELLEから出るロンドンガイド。
ELLEでブログしてるアーティストの人が出すんだけど、単純にUK好きなので読みたい。
しかも、こうポップでナイスな表紙で中身が雑貨とかナイスプレイスとか満載してそうな雰囲気で持ってこられると手に取らざるをえんってなってくる。
たぶん、ELLEからだしその辺のいわゆる「女子」たちが手にとり買うだろう想定の弾丸トラベラー(最近の)な内容なのかも、とかちょっと思わなくもないけど。(トラベラーも変わったよね…。)
28日に発売予定。

そして、打って変わってでもUKな香りはする本。
515ACsuqKTL.jpg
アタシの好きな著者、マギー・スティーフベイターのballad
51hzFQPtk0L.jpg
の翻訳本。
Lament(ラメント)の続編の本。(もちろんラメントも翻訳が出てる)
内容は、現代の人間界(アメリカ)が舞台で妖精の世界と交差して行くパラノーマルロマンスファンタジー小説。
なぜUKな香りがするかというと、主人公が音楽系の学校の学生でアイルランド民謡とか、そういう雰囲気が前面に出て来るから(ラメントに関しては)
1作目の主人公は女の子でハープ弾き。
この2作目の主人公は1作目の主人公の親友だった男の子の方で、こっちはバグパイプ吹き。
昨今のTwilight sagaが火付け役になったパラノーマルロマンスものの流れで出版された作品の1つではあって、内容もそんな感じなんだけど、この著者はそんなブームが来る遥か前からこういうパラノーマルものに傾倒していてその内容がただのパラノーマルなクリーチャーとの禁断のロマンスじゃなく深みのあるファンタジー作品にまで持って行っていて、そして彼女の詩的で文学的な文章の選び方がアタシが彼女の作品が大好きな理由。
この2冊目は読もうとおもいつつ(原作を)読めずにいたから、翻訳で読もうと思ってるところ。
個人的にShiverの続編LingerとForeverの翻訳、それからその次に出したThe Scorpio Racesの翻訳が出ないかなぁと待ってるんだけど、なぁ。

バラッドは昨日から発売中!


そんな、最近の欲しい本でした。
関連記事
Posted by Mai Aimheart on 23.2012   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://blackwidow.blog17.fc2.com/tb.php/2528-c6aeaff7

Welcome

blohanime.gif

コメント気軽にどうぞ。
★What's new???What's up??
  ....更新履歴カレンダー
★Type of Articles
  ...記事のカテゴリー別リスト
★List...最新更新記事リスト
★Me...アタシについてなど
★My Twitter...Twitterへのリンクと引用
★Vampire Bite
  ...オリジナルTシャツショップページ
★Comments and Reply
  ...コメントとその返信
★Links...
 お気に入りや友人のサイトへのリンク
★monthly list...月別リスト
★search...検索
★You got a visitor No....訪問者数
★RSSフィード...RSS
★Trackback...トラックバック

Type of Articles

News (20)
TV (17)

Me

Mai Aimheart

  • Author:Mai Aimheart
  • Goth,洋楽HR/HMとか,
    Movies(ほぼ99%洋画),
    Artsその他モロモロ
    を愛する私による、日記
    というか自分用メモみたいな。


    反応あると嬉しいので、
    非公開もできるし、コメント気軽にどうぞ。(スパム&迷惑&荒らし以外/笑)
    普通のコメント欄でも、『拍手』のコメント欄でも非公開設定ができます。
    でも、非公開のコメントにも、嬉しいので返事します(笑)
    返事いらない人は非公開設定にして返事の有無を書いてくれたら、と思います。



    私の作品サイト
    Twilight Garden
    bn5.gif
    ヨロシクね。

monthly list

Search

You got a visitor No.

Blog Ranking

クリックしたらランキングに反影されるそうです。
よかったらクリックしてね。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。